メイン

セグンダでもお願いします

2008年05月02日

数字の上ではまだ、プリメーラ残留の可能性があるもののセグンダ降格が濃厚なムルシアは、クレメンテの続投を決定し、契約延長のオファーを提示したとの事。クレメンテもチーム、街を気に入っており、セグンダ降格も大きな問題とは考えておらず、来週水曜日には合意に達すると言われている。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

問題ない

2008年04月24日

ムルシアの100年の歴史の中で最高額の違約金450万ユーロをセルタに払い獲得したブラジル人FWバイアーノは、例えチームが2部がセグンダに降格してもプレーをすることになんの問題はないことをコメントしている。

ブラジル人FWは、クラブと2年以上の契約が残っていること、街を気に入っていることから、ムルシアが自分の放出を考えない限り、チームを離れる理由はないとコメントしており、今はともかく、試合に出場してゴールを決め、チームの力になることだけを考えていると頭の中に去就については何もないと話している。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

最悪なスタジアムだ

2008年04月10日

ムルシア監督クレメンテは、数人の馬鹿げた行為をする者のせいで全てを判断してはいけないものだが、サンティアゴ・ベルナベウは自分にとって最悪のスタジアムであると批判している。

クレメンテは、レアル・マドリーが、ビルバオ、セビージャでプレーする時に手荒い歓迎を受けた時に批判をするのと同じように、自分がマドリーを批判した場合、右に左の大騒ぎになるし、親友であるフアニートの記念試合に自分が出席した時には、ベルナベウで、自分に向けてナイフをむけた観客もいて走って逃げるしかなかったとコメント。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

希望がある限り

2008年03月21日

ここ10試合でわずか勝点1の6連敗と泥沼にはまり、プリメーラ残留レースから置いていかれているムルシア。とはいえDFメヒアは、「可能性がある限り希望はあるし、これからの10試合に自分達の全てをかけて残留を勝ち取ってみせる」と気持ちが折れていないところを見せている。

メヒアは、過去にも残留が確実といわれていたチームがシーズン終盤に調子を落とし勝点を稼ぐことが出来ず、駄目だといわれていたチームが調子を上げて残留を果たしたことがあるから、自分達のやるべき事は勝利を勝ち得るために全力でプレーすることだけで、来季セグンダとかそういったネガティブなことは考える必要もないとコメント。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

精神科にいけ

2008年03月11日

ムルシアの新監督に就任したクレメンテ。デビュー戦となるヘタフェ戦は0対3と完敗し、結果を出すことが出来なかった。翌日、クレメンテは、「チームは病に陥っている状態。だが、命がある限り希望はあるし、神様を信じるのと同じで信じないものには希望はない」とムルシアのチーム状況を説明し、「自分たちがこのまま終わると思うことは許されないことだし、チームには活気がなければいけないし、選手たちが具合悪いのであれば、精神科に行けばいい」とクレメンテ節で選手たちに発破をかけている。

クレメンテはさらに、「選手たちには能力があるが、それをいつ、どのように活かすかをわかっていない。だからこそその力をしっかりと覚えることが先決だ」と最初に手をつけなければいけない修正点をコメントし、「選手は月末は給料ももらえるし、仕事は午前中だけで、人生を謳歌している。もし精神的に落ち込んでいるのであれば、工事現場や精神科に行ってみればいい。ともかく選手たちは、ピッチの上でやる気のあるプレー、良いプレーを見せていかなければいけない」とコメントしている。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

お願いします

2008年02月26日

残留争いから一歩後退中のムルシアはサポーターから試合中に監督ルーカスに対する出て行けコールがでており、チームは監督の進退問題について会長のヘスス・サンペルの決定に全てをゆだねることに。

クラブフロントにはこのままルーカス・アルカラスで続行すべきと言う意見と、レクレアティーボ・ウエルバのように監督を代え、チームに変化をもたらすべきと言う意見と2つに分かれているとのこと。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

付き合わないと

2008年01月25日

バルセロナ、サラゴサに敗れ、今シーズン初の降格圏内に入ってしまったムルシア。監督のルーカス・アルカラスはチームに不安や心配といったプレッシャーがあるが、それが現実で、チーム、サポーター、メディアが1つのユニホームの元にまとまりそのプレッシャーに負けないところを見せなければいけないとムルシアが一枚岩になることを望んでいる。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

点を取ってなんぼ

2007年12月19日

昇格組のムルシアは得点力に悩まされており、冬の移籍市場でFWの補強を考えているとのこと。FWだけでなくチャンスを作り出すために中盤の攻撃的な選手の補強も検討しており、現在ブラジル人ロシネイの名が挙がっている。

また、ムルシアの登録メンバーは全て埋まっているため、選手加入は現メンバーの中から登録を外される、もしくは他チームへ移籍する選手が出てくることを意味している。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

代名詞です

2007年12月12日

怪我で戦列を離れていたムルシアのウルグアイ人MFパブロ・ガルシアは次節ラシン・サンタンデール戦での復帰が濃厚で、試合出場に意欲を燃やしており、チームは戦場に出るつもりで戦いに挑まなければいけないといつもと同じように熱いハートを見せている。

現在セグンダ降格圏内である18位手前の17位と厳しい情況にチームは置かれており、ウルグアイ人MFはもっとアグレッシブにムルシアは行かないといけないと感じている。また、ここ数試合主審の判定に泣かされていることは、主審がビッグクラブ有利の判定をしているといった考えは忘れて自分達は自分達のサッカーをしなければいけないとコメント。とはいえ、パブロ・ガルシアは審判にビデオを見て、同じ過ちを繰り返さないようにしなければいけないと助言をしている。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

イムノ プリメーラ・ディビシオン No11

2007年10月30日

ムルシアのイムノ(チームソング)

イー エス セル デ レアル ムルーシーア
            セル ソシオ デ ウン クルブ セニョール!!

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

呪いから抜け出せ

2007年08月22日

real madrid mejia.jpg


フェルナンド・イエロ退団以降、CBが結果を残すことが出来ずにいるマドリーからムルシアへ移籍したメヒア

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

再びアンダルシアへ

2007年08月16日

celta baiano y atletico madrid pablo.jpg

リーガの中堅クラスを獲得し台風の目となる可能性を秘めているムルシアの攻撃陣を引っ張る存在のバイアーノ

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

知らなかった

2007年07月25日

クラブの始動日から一週間遅れてチームに合流したバジャドリーのフィゲレドは母国パラグアイで休暇を取っていたものの、いつチームが始動したかはまったく持って聞いておらず、連絡が届いて急いでスペインに飛びだったと説明。

とはいえ、レンタル先のゴドイ・クルスが戦っていたアルゼンチンリーグはシーズンを終えたばかりでコンディション的には問題ない状態で、トレーニングをしっかりとつみアピールをして監督メンディリバルの信頼を勝ち取りたいと抱負を語っている。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

リーガでプレーすることは夢だった

2007年07月25日

インテル・ミランからムルシアに入団したウルグアイ人GKカリーニはリーガでプレーすることは夢だったと入団経験デコメントしている。ムルシアはカリーニのほかに、パブロ・ガルシア、レゲイロ、イバン・アロンソと4人のウルグアイ選手が所属しており、アルゼンチン人選手が多く所属するリーガでは珍しいクラブとなっている。

カリーニは言葉の点では同じだが、同国人がいることは初めての地であるスペインでプレーするにあたって大きな力になるとリーガの先輩となる選手たちの存在を喜んでいる。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

レンタル、レンタル

2007年07月14日

オサスナはバレンシアとポルトガル代表MFウーゴ・ビアナの400万ユーロでの買い取りオプションつき1年のレンタル契約で合意に達した事を発表。ウーゴ・ビアナはポルティージョ、マルガイラスに続く3人目の補強選手となった。

また、バレンシアは同様にキケ・サンチェス・フローレス監督の構想に入っていないウルグアイ人MFレゲイロを1年のレンタルでムルシアに移籍させることを認めている。

カテゴリ - ムルシア

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com