メイン

約束された選手はいない

2013年11月18日

スペイン代表監督デル・ボスケは地元ラジオのインタビューで「代表に呼ばれてもおかしくない選手達がたくさんいる。5月までは長いし、誰一人約束された選手はいない」と今後のパフォーマンス次第で入れ替えは十分にある可能性を示唆した。

次呼ばれるかな?

2013年11月14日

セスクの代わりにスペイン代表初招集されたバルセロナDFバルトラ。背番号はセスクがつけていた10番をそのまま背負うことに。CBがつける番号ではなく、空き番号をつけさせられた形に。

離脱

2013年11月12日

赤道ギニア、南アフリカと親善試合を行うスペイン代表。今回初招集されたアトレティコ・マドリーのブラジル人FWディエゴ・コスタだが、怪我の為辞退。代わりにユベントスのスペイン人FWジョレンテが招集された。

また、離脱したセスクの代わりにバルトラが代表初招集された。

見に来ない

2013年11月05日

フィオレンティーナのスペイン人MFボルハ。セリエAを代表するMFとなり、イタリアメディアは何故スペイン代表に招集されないのか不思議に思っているとのこと。本人も「デル・ボスケが自分のことを見に来たことはない」と来年夏、ブラジルでプレーすることを諦めている模様。

そうなの?

2013年09月07日

スペイン代表監督デル・ボスケ。レアル・マドリーでベンチを温めているカシージャスについて、「マドリーとバルセロナの関係が悪い時に仲裁してくれた。それ以降良い評価を受けていない」と話した。

同じだよ

2013年03月26日

スペイン代表のバルセロナFWペドロ。代表がフィンランド戦引き分けたことから、黄金時代の終焉、危機といわれることに関して、「代表で言われていることはバルセロナで毎週言われている」と結果が少し出ないだけでチームの危機を言われることには慣れているとのこと。

可能性はある

2013年03月01日

スペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケはアトレティコ・マドリーのブラジル人FWディエゴ・コスタのスペイン代表招集に関して「将来的にはリストに入る可能性がある。とても良いプレーをしている」と可能性がることを打ち明けた。

似ていますね

2013年02月15日

マドリーのロウ人形美術館にスペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケが仲間入り。

後輩に譲る

2012年12月06日

イベントに出演したレアル・マドリー、スペイン代表の守護神カシージャス。ブラジルW杯に関しては「本命に推されるかもしれないけど、タイトルを取るのは決して簡単ではない」と無敵艦隊の日本のニックネーム通りにサッカー界を席巻しているスペイン代表でも4連続での国際大会制覇は難しいと語った。

また、「ブラジルW杯後、何人かは代表引退を決断するだろうし、後輩に道を譲るだろう」と一時代の終わりを告げる大会にブラジルW杯はなると話した。

効果的ではない

2012年11月13日

スペインサッカーの現状を研究したバレンシア大学のイタリア人DAVID MASTROLILLIの論文によると、スペインの各クラブのクラブ運営は適したものではなく、組織としても未熟なもの。中でも国王杯の価値が低いことや試合日程の振り分けは効果的でないという結果を残した。

また、2000年以降、スペインのクラブ、代表が国際大会で多くの成功を収めたことで、全ての運営が上手くいっていると勘違いしている傾向にあるとスペインサッカーにとっては痛いところを正確に突かれている。

レトロ調

2012年11月10日

12/13シーズンのスペイン代表のユニホームが発表された。
1924年のモデルを再現したレトロ調のものに。
camiseta_1

パナマ戦メンバー

2012年11月10日

パナマ戦のスペイン代表メンバー19人が発表された。スサエタ、モントーヤが復帰したほか、主力のシャビやシャビ・アロンソなどがメンバーから外れた。

スペイン代表
Victor Valdés, Jordi Alba, Andrés Iniesta, Cesc Fábregas, Sergio Busquets, David Villa,Pedro:Barcelona
Iker Casillas, Sergio Ramos, Raúl Albiol:Real Madrid
Juanfran Torres:Atlético
Javi Martínez:Bayern
Santi Cazorla:Arsenal
Beñat:Betis
Jesús Navas:Sevilla
Roberto Soldado:Valencia.

さまざまな意見が

2012年10月20日

スペインサッカー協会会長アンヘル・マリア・ビジャールは中国開催のスペインスーパーカップについてプリメーラの会長から様々な意見があったことを話した。ビジャールとしてみれば、今は話したくない案件のようで、同じフレーズ「さまざまな意見があった」を5回も使って記者の質問を逃れている。

スペイン対フランス

2012年10月17日

PK失敗も審判の誤審にも助けられ、1対1の引き分けに終わったスペイン対フランスのW杯予選。

アイドルの復帰

2012年10月16日

ビセンテ・カルデロンで行われるW杯欧州予選スペイン対フランス。グループリーグの直接のライバルとの対戦とスペインにとって大事な試合だが、フェルナンド・トレースにとってイングランドへ旅立って以降、古巣で初めて戦う試合と特別なものに。チェルシーFWjは「カルデロンでプレーできる日を楽しみにしている。間違いなく満員でスペインを応援してくれるはず」と喜びのコメントを残している。「この5年の間にいろんなことがあった。自分とアトレティコは違う道を進んだけど、お互いに良くなっている。自分は選手として成長したし、クラブも成長した。これからもこの流れを続くことを望んでいる」とフェルナンド・トーレスは愛するアトレティコ・マドリーがビッグクラブへ復活したことを自分の事のように喜んだ。

完勝

2012年10月12日

ロドリゴの4得点でデンマークに5対0と完勝したU-21スペイン

みれない?

2012年10月11日

12日に2014年ブラジルW杯欧州予選対ベラルーシ戦を控えているスペイン。とはいえ、現時点では同試合を放送する局が決定しておらず、スペイン国内では放送がない可能性が大きくなっている。

呼ばれたかった

2012年10月09日

チェルシーで好パフォーマンスを見せているものの、W杯予選対ベラルーシ、フランス戦のメンバーから外れたMFマタは「呼ばれるという自信もあったし、やる気もあった」と代表復帰に強い思いがあったことを語った。

とはいえ、既にマタは気持ちを切り替えており「今、自分がすべきことは、このパフォーマンスを持続して、監督に戦力として使えると考えさせること。ともかく、今はクラブで良いプレーをすることができている」とデル・ボスケを納得させるだけのプレーをこれからも続けていくと話した。

痛い

2012年05月09日

エスパニョール戦で負傷した右ひざの手術を行うことが決定したバルセロナのスペイン代表DFプジョールに関してスペイン代表監督デル・ボスケは「チームにとって不慮の出来事。ピッチの上だけでなく、チームに対する彼の貢献から言っても大きな痛手」と頼れるキャプテンの欧州選手権欠場を悔やんだ。

プジョールはデル・ボスケ・スペインの不動のレギュラーで、ここまで代表98試合に出場と100試合の大台に後一歩まで来ていた。

皆納得

2012年02月25日

親善試合対ベネズエラ戦のメンバーからチェルシーのFWフェルナンド・トーレスを外したスペイン代表監督デル・ボスケ。AS、MARCAの両紙のアンケート調査、「トーレスを外すことは正しい決断か」では、両紙共に80%を超える賛成を得ている。

スペインに欧州選手権タイトルをもたらす得点を決めたスペイン人FWだが、ここ最近は4か月無得点と不振の中におり、こんなYOUTUBEもアップされている。

納得していない

2011年09月06日

スペイン代表監督デル・ボスケはスイスで行われた親善試合チリ戦について、試合終盤に起きた乱闘騒ぎは全く納得していないとのこと。チリにとっては引き分けが相応しい結果がそうでなくなったことに不満を感じているだろうことをスペイン代表監督は理解している。

また、守備陣についてはスペイン国外の選手が国内の選手よりプレーをしているという弊害があるが、逆に代表でプレーする時は疲れがたまっていないポジティブな要素があると話したほか、まだ代表に呼ぶ可能性のある若手がいくらでもいると話している。

いいやつです

2011年09月02日

スペイン代表の記者会見に出席したMFシャビは論争のネタとなっているバルセロナとレアル・マドリーの関係についてキャプテンであるカシージャスとすでに話をして問題は解決していると話した。

バルセロナMFは「イケルと少し話をして全てを解決した。偉大なチームメートだし素晴らしい人物。いつも陽気だし彼がキャプテンであることに満足している。今回の招集でもいつも通りに会っている。問題は話して解決しないといけない。代表が良い状態なために自分達はもう気持ちを切り替えている」と問題は解決していると話した。

おなかが痛い

2011年02月08日

スペイン代表に招集されていたアーセナルMFセスクだが、胃腸炎のためにマドリー行きの飛行機に乗ることが出来ず、デル・ボスケ監督は9日のコロンビア代表戦の招集メンバーから外している。

セスクは代表でプレーできない事は「残念」と体調を崩した事を悔やんでいる。

完敗

2010年11月18日

ポルトガル4-0スペイン

引退?

2010年11月02日

スペインサッカー誌ドン・バロンはバルセロナのスペイン代表シャビが、代表出場100回を節目に代表引退を宣言する可能性を報道。慢性的なアキレス健痛のために現在100%のコンディションをキープできないMFはクラブドクターの試合過多のリズムを落とすアドバイスを受け入れ、ここまで代表97試合に出場しており、残り3回で代表引退を口にする可能性があるとのこと。

クラブチームメートであるプジョールも代表引退を検討した過去があり、ここ数年、スペイン代表をけん引してきた攻守の要が代表から姿を消す可能性も。

主役変更

2010年10月13日

スコットランド2-3スペイン

頭3発

2010年10月09日

スペイン3-1リトアニア

バレンシアから

2010年10月05日

フェルナンド・トーレスら3選手が怪我のため離脱したスペイン代表。ビセンテ・デル・ボスケ監督はバレンシアFWアドゥリス、MFパブロ・エルナンデス、ビジャレアルのMFボルハ・バレロ、ブルーノ・ソリアーノが復帰。リーガで上位を示しているバレンシア州の2クラブから追加選手が生まれている。

好スタート

2010年09月04日

リヒテンシュタイン0-4スペイン

トーレス2ゴール、ビジャはラウールの持つ代表最多得点に後1に。

引分け

2010年08月12日

メキシコ1対1スペイン

ロスタイム、シャビのスルーパスからシルバがゴール。
 

同じ事をしているはず

2010年08月11日

スペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケはメキシコ戦前の記者会見で批判を受けた招集メンバーについて「メキシコのお祭りに自分達は参加しにきた。だからこそ、良い試合になるように良い選手達を連れてきた」とメキシコサッカー協会の記念試合に恥じる事のないメンバーを選んだとコメント。

また、「批判をしている人物も自分と同じ立場なら同じことをするはず。ともかく選手のコンディションはしっかり見たいし、選手に無理がないように気をつけていく」と自身の選択は決して間違いではないこと、選手達に無理をさせないことを語った。

別メニュー

2010年06月12日

ポーランド戦で負傷交代し、W杯初戦スイス戦出場が心配されているスペイン代表MFイニエスタ。11日、スペイン代表は南アフリカで初練習を行ったが、イニエスタは練習開始30分後にグラウンドに姿を見せ、軽いランニングだけを行っている。

スペインカラーに

2010年06月11日

スペイン代表MFシャビはスペインが優勝した場合、髪の毛をスペインカラーに染める事を南アフリカ入り前にコメント。シャビはサッカーに真摯に取り組む選手で、髪型やアクセサリーをつける下部組織の気持ちが理解できないと過去に話しており、優勝の場合はある意味スペイン優勝以上に驚きなものに。

復帰

2010年05月25日

6月南アフリカで開催されるW杯に向けての合宿をスタートさせたスペイン代表。初日の練習は1時間のフィジカルメニュー。別メニューのフェルナンド・トーレスを除き、怪我で戦列を離れていたMFセスクも他のメンバーと同じリズムで練習を消化している。

足りない

2010年05月11日

W杯に向けた代表候補30人を発表したスペイン代表監督デル・ボスケ。マジョルカを見ればボルハ、アトレティコを見ればレジェス、ドミンゲス、デポルを見ればアランスビアと30人では登録人数が足りないほど頭を悩まさせたとのこと。

サプライズはアトレティコ・マドリーGKデ・ヘア。また前回のフランス代表との親善試合のメンバーからは新たにアスピリクエタ、ハビ・マルティネス、ビクトル・バルデス、ペドロ、ジョレンテ、カソルラそして上記のデ・ヘアの7名が招集されている。


GK
Casillas (Real Madrid)
Reina (Liverpool)
Diego López (Villarreal)
De Gea (Atlético)
Víctor Valdés (Barcelona)

DF
Sergio Ramos (Real Madrid)
Albiol (Real Madrid)
Arbeloa (Real Madrid)
Piqué (Barcelona)
Puyol (Barcelona)
Marchena (Valencia)
Capdevila (Villarreal)
Azpilicueta (Osasuna)

MF
Xabi Alonso (Real Madrid)
Busquets (Barcelona)
Xavi (Barcelona)
Iniesta (Barcelona)
Silva (Valencia)
Mata (Valencia)
Marcos Senna (Villarreal)
Navas (Sevilla)
Cesc Fábregas (Arsenal)
Cazorla (Villarreal)
Javi Martínez (Athletic)

FW
Villa (Valencia)
Negredo (Sevilla)
Fernando Torres (Liverpool)
Güiza (Fenerbahce)
Llorente (Athletic)
Pedro (Barcelona)

びっくり

2010年05月11日

W杯のスペイン代表候補30名に入ったアトレティコ・マドリーのGKデ・ヘア。突然の朗報に驚きを隠すことは出来ないとのこと。今季のリーガの新星は、フル代表にしっかりと呼ばれる為にこれからもアトレティコで成長していく事が大事とコメント。

またオサスナDFアスピリクエタは、候補入りに関してメンバー入りすることが重要だったし自分の働きに対する御褒美と喜んだほか、オサスナ、チームメートの働きを評価してくれたものと語っている。

問題なし

2010年05月11日

召集入りは確実視されていたものの、怪我の為コンディションが心配されていたスペイン代表のフェルナンド・トーレス,セスクの2名が代表のメディカルチェックを受け、順調な回復が確認され、W杯には問題ないとのこと。

デル・ボスケ、W杯に怪我人ばかりを連れて行くわけにはいかない

2010年04月21日

スペイン代表監督デル・ボスケはフェルナンド・トーレス、イニエスタなど代表選手が負傷で戦列を離れていることに関して心配すべきことであると認めているが、代表発表までには多くがプレーの出来る状態であることを期待している。とは言え、「5,6人も微妙な状態の選手を連れて行くわけにはいかない」と最悪のケースではメンバーの入れ替えがあることを示唆している。

42年ぶり

2010年03月04日

ビジャ、セルヒオ・ラモスのゴールで0対2とフランス国内で42年ぶりに勝利を飾ったスペイン。

けが人だらけ

2009年10月08日

アルメニア、ボスニア戦を控えているスペイン代表だが、シャビは膝の違和感からジムで汗を流し、フェルナンド・トーレスも外転筋を痛め、大事を取って練習を他のメンバーよりも先に引き上げている。

FWはビジャ、グィサが怪我の為、セビージャからネグレドを追加召集。マドリー下部組織出身FWは、「人生で一番嬉しい日、これからも代表に呼ばれるようにチームで結果を残していくだけ」と意気込みを語っている。

呼びました

2009年10月03日

スペイン代表監督デル・ボスケはアルメリア、ボスニア戦の召集メンバーを発表。バルセロナが非召集を望んでいたイニエスタとアスレティック・ビルバオの攻撃的サイドバックイラオラがメンバーに。

スペイン代表メンバー
GK: Casillas, Reina, Diego López

DF: Albiol, Sergio Ramos, Puyol, Marchena, Piqué, Capdevila, Monreal, Iraola

MF: Iniesta, Xavi, Cesc, Xabi, Cazorla, Riera, Busquets, Senna, Silva.

FW: Villa, Torres, Mata, Güiza

メンバー変わらず

2009年06月02日

6月に開催されるコンフェデレーションズカップに出場するスペイン代表。デル・ボスケは欧州選手権とほぼ同じメンバーを招集。怪我で出場が微妙なイニエスタ、ピケもメンバーに。、

GK
Casillas (Real Madrid)
Reina (Liverpool)
Diego López (Villarreal)

DF
Sergio Ramos (Real Madrid)
Arbeloa (Liverpool)
Puyol (Barcelona)
Marchena (Valencia)
Albiol (Valencia)
Piqué (Barcelona)
Capdevila (Villarreal)

MF
Busquets (Barcelona)
Cesc (Arsenal)
Xabi Alonso (Liverpool)
Cazorla (Villarreal)
Iniesta (Barcelona)
Xavi (Barcelona)
Mata (Valencia)
Riera (Liverpool)
Silva (Valencia)

FW
Villa (Valencia)
Fernando Torres (Liverpool)
Fernando Llorente (Athletic)
Güiza (Fenerbahçe)

力がないだけ

2009年04月24日

代表入りを期待されているレアル・マドリーのキャプテンラウールについて、代表監督ビセンテ・デル・ボスケは、「サッカーの面で代表でプレーをするだけのパフォーマンスを残していないから召集していない」と純粋な戦力としてマドリーの背番号7番の力が足りないと語り、噂されている代表内の雰囲気の変化、世代交代と言った外的要因がラウールの代表非召集の原因でないことを語っている。

どう?

2009年03月25日

スペイン代表の新ユニホーム発表。ゴールドとダークブルーのラインが新しく入ったユニホームはヨハネスブルク、大西洋、インド洋をイメージしたとの事。

ありがたい

2009年03月25日

マラガ戦で負傷し代表メンバーから外れたイニエスタの代りにスペイン代表監督出る・ボスケはバレンシアFWマタを召集。

マタは合宿先であるマドリーへ向かう飛行機に乗る前に、代表に呼ばれたことに満足していること、デル・ボスケが自分の力を信頼してくれたことに感謝していると語り、トルコ戦2連戦でデビューすることを心待ちにしている。

開かれている

2009年02月18日

レアル・マドリーのクラブ最多得点をスポルティング・ヒホン戦で記録したキャプテン、ラウール。根強くベテランFWの代表復帰を望む声がスペインメディアでは報道されており、代表監督のデル・ボスケは、「自分達には一つのチームがあり、その中にはラウールも完璧に含まれている。スペイン人選手に自分は扉を閉ざしていないし、ラウールはなお更だ」とラウールが代表でプレーする力があることをコメント。

とは言え、元マドリー監督は、「問題は誰を呼ぶのではなくて、誰を外すかと言う事」と世界1のパフォーマンスを見せているメンバーを変更する事の難しさを語っている。

代表発表

2009年02月07日

セビージャで行われるイングランド代表との親善試合にスペイン代表監督デル・ボスケはピケ、ブスケッツを初召集し、バルセロナから合計5人が選ばれている。逆にマドリーはカシージャス、セルヒオ・ラモスの2人だけとリバプール、ビジャレアル、バレンシアにも選手輩出で負けている。

イングランド戦スペイン代表メンバー
GK: Casillas (Real Madrid) Reina (Liverpool)

DF: Albiol, Marchena (Valencia) Arbeloa (Liverpool) Capdevila (Villarreal) Juanito (Betis) Piqué, Puyol (Barcelona) Sergio Ramos (Real Madrid).

MF: Xabi Alonso, Riera (Liverpool) Busquets, Xavi, Iniesta (Barcelona) Cazorla, Marcos Senna (Villarreal) David Silva (Valencia).

FW: Güiza (Fenerbahce), Llorente (Athletic), Torres (Liverpool) David Villa (Valencia).

開いている

2008年12月16日

スペイン代表監督デル・ボスケは、今でも論争となっているラウールの代表召集について、「彼が代表に戻る為の邪魔をするような柵を置くことは厳しいもの」と依然として扉は開かれている。

具体的な条件としてデル・ボスケは、「他の選手が厳しいと思うような活躍を自チームで見せること」と低迷するマドリーで誰もが認める活躍をすることをあげている。

再び

2008年10月14日

イングランドサッカー協会のコミュニケーション・ディレクターは2月に予定されているスペイン代表との親善試合に関して、2004年に黒人選手が人種差別の野次を受けたサンティアゴ・ベルナベウでプレーをする事を受け入れる事はできないと発表している。

これを受けてスペインサッカー協会は、まだ正式に決まった試合ではないが、試合開催が決まった場合は自分達がどのスタジアムで試合をするか決めるし、サンティアゴ・ベルナベウの観衆は他のスタジアムと同じように品行に優れた観衆たちとコメントしていいる。

イングランドのスペインにおける人種差別に対するバッシングは2004年の試合を皮切りに、ルイス・アラゴネスが黒人(アンリ)なんかに負けるなとレジェスを叱咤激励したことや、北京五輪でスペインバスケット代表がアジア人の特徴と言われる細い目のまねをした広告を作った事などでも起きている。

久しぶり

2008年10月08日

スペイン代表監督デル・ボスケは右足外転筋を痛めたセビージャMFカペルに代わり、リバプールMFリエラを召集。

リエラは欧州選手権召集が予想されていた1人だが、最終発表で落選した選手。

気にしていない

2008年09月08日

ボジャンの代表デビューを求め、サポーターがコールをしていることに関して、フェネルバチェのスペイン代表FWグイサは、「自分がすることはしっかりとトレーニングからアピールして、チャンスを待つことで、その他のことはどうでもよい」とあいも変わらずのマイペースなコメントを残している。

プレッシャーはかわらない

2008年09月05日

スペイン代表のキャプテン、カシージャスは、「以前はタイトルを取らなければいけないと言うプレッシャーがあったが、今はタイトルを取り続けたいというプレッシャーがチームにある。W杯、欧州選手権はもちろん、コンフェデレーションズカップも取りたい」と王者としてのプレッシャーが代表にはあるとコメントしている。

カシージャスは、「欧州王者にスペインがなったから、ライバル達はスペインと対戦する時は気合が入ってくるもの。だから自分たちは親善試合であろうと地に足をつけて試合に挑まなければいけない」と挑戦者を倒し続けなければいけない王者の厳しさを語っている。

からし色だ

2008年06月26日

ゲンを担ぐ事で有名なスペイン代表監督ルイス・アラゴネスは、ロシア戦、セカンドユニホーム、スペインの演劇界で不吉な色と呼ばれる黄色を着てプレーする事については、自分は嫌いだが、選手達は問題ないし、ユニホームの色は黄色ではなくからし色だとコメントしている。

また、フェネルバチェが来季からの監督就任を正式発表したことについては、自分は誰にもサインをしていないし、協会からの延長オファーもなく、今は代表にだけ集中しているし、選手達に自分の去就が影響するとは考えていないとコメントしており、スペイン代表の大事な試合を前にトルコクラブの取った行動にお冠の様子。

そうですか

2008年06月24日

イタリア戦で5人目のキッカーを務めたセスクだが、実はPKは15歳になってから初めて蹴ったことを地元ラジオのインタビューに対してコメントしている。セスクはペナルティでもゴールを決めれたことでチームに貢献できたから自分にとっては意味のあるゴールだったとブッフォンから上げたゴールを評価。

また、ベスト8の壁を破ったことに満足はしているものの、自分たちは歴史を作るために戦っていると44年ぶりの欧州選手権優勝を目標に掲げている。

最後の調整

2008年03月19日

スペインサッカー協会は欧州選手権に向けての調整試合2試合を発表。5月31日にウエルバでペルー代表と、6月4日にサンタンデールでアメリカ代表と対戦する。

現在、スペインは政府が会長選を行うべきと介入しているため、国のサッカー協会に対する介入を嫌うFIFAが、このケースを許さない場合はスペインの代表戦だけでなく、CL、UEFA杯などのクラブの国際試合出場禁止を通達する可能性が含まれている。

お預け

2008年02月07日

代表最年少デビューを期待されたバルセロナFWのボジャンだが、召集初日から続いた胃腸炎のため、試合前夜に嘔吐を繰り返したことからフランス戦の出場が直前でとりやめとなっている。

試合は、お互いが相手を警戒したサッカーを展開していたものの、81分にカプデビラがCKからイニエスタがミドルシュートを放ったボールをDFがクリアしたところをしっかりとつめ先制点を奪った。その後、フランスが得点を奪うために攻撃を仕掛け、アンリが1対1の場面をつくるものの、カシージャスがしっかりとセーブし、ドイツW杯の借りを返している。

ホントッすか

2007年11月23日

スポルトは欧州選手権出場を決めたスペイン代表の出場メンバーは怪我や、素晴らしいパフォーマンスを見せた選手がいない限り、アウェーでのデンマーク戦のメンバーがベースとなり、怪我のビジャ、警告のシャビ・アロンソ、第3GKとしてパロップの計23名が選ばれると伝えている。


スペイン代表、欧州選手権予想メンバー
Iker Casillas R. Madrid
Pepe Reina Liverpool
Sergio Ramos R. Madrid
Carles Puyol Barcelona
Carlos Marchena Valencia
Raúl Albiol Valencia
Pablo Ibáñez Atlético
Mariano Pernía Atlético
Joan Capdevila Villarreal
Cesc Fàbregues Arsenal
Andrés Iniesta Barcelona
Xavi Hernández Barcelona
David Albelda Valencia
Miguel Angel Angulo Valencia
David Silva Valencia
Albert Riera Espanyol
Xabi Alonso Liverpool
David Villa Valencia
Fernando Torres Liverpool
Luis García Espanyol
Joaquín Sánchez Valencia
Raúl Tamudo Espanyol
Andrés Palop o Víctor Valdés

勝ったのに解任?

2007年09月13日

Zipango_Aragones_070912_.jpg

欧州選手権Fグループスペイン対ラトビアの試合はシャビ、フェルナンド・トーレスのゴールで2対0とスペインが勝利を飾ったものの、試合後ルイス・アラゴネス監督が記者会見を拒否、アンヘル・マリア・ビジャール会長をはじめ協会幹部がロッカールームを訪れたことから現地メディアは同監督解任を言い渡されたのではと右に左の大騒ぎとなり浮き足立っている。

協会のスポークスマンはルイス・アラゴネスが辞任を申し出たことを否定し、ただ会見拒否しただけと説明したものの、誰もが納得せず、数少ないインタビューに答えたホアキン、カシージャスも会長がロッカールームに来たが、それはただチームを激励しただけと言葉少なに説明した。

ルイス・アラゴネスの周囲はアイスランドと引き分けて以降、緊張感が高まっており、代表では通常公開していた練習も非公開にし、サポーターと激突するなど雰囲気は決して良くないものだった。そしてこの試合でも地元出身のビジャを後半直後にイニエスタと交代しブーイングを受けていた。

頼みますよ

2007年09月12日

seleccion villa.jpg

貴方のゴールが代表には必要です

成長しているところを見せて欲しい

2007年09月08日

seleccion torres3.jpg
ニーニョからキッズと呼び名が変わったトーレス。フィジカルが強いプレミアでの経験がスペインをオーストリア・スイスに導く

オーバーヘッドは決めたものの…

2007年06月07日

Valencia_Villa.jpg
欧州選手権予選対リヒテンシュタイン戦で、ロスタイムのPKをはじめ、多くの決定的なチェンすをふいにしてしまったビジャ。

どこかと似ている気がする

2006年09月08日

北アイルランド戦の敗退を受けスペイン国内ではルイス・アラゴネス不要論が展開中。とはいえ、監督は続行を希望し、協会は監督の辞任を待っていると言った責任逃れの状況が続いている。またアラゴネスは敗戦の理由が選手にあると考えラウール、ミッチェル・サルガド、フアニート、マルチェナ、アルベルダをブラックリストに掲載したと言われている。だがブラックリストのトップを飾るのはほかならぬ代表監督なのではと紙面を騒がしている。

日本じゃありえない

2006年09月06日

6日北アイルランドと欧州選手権予選第2ラウンドを戦うスペイン代表は5日北アイルランドに到着。もちろん空港には多くのサポーターが駆けつけており選手と写真撮影を行っていた。その中、アルベルダはラウールとサポーターの記念写真を取るなどチームはバスケット代表が優勝し何かと比較されているもののリラックスしている模様。

アイスランドは寒かった

2006年08月16日

15日アイスランドと対戦したスペイン代表だが,ラウールが代表100試合を達成した以外は何も収穫のない夏とはいえベンチコートが必要なほど寒いアイスランドの気候と同じくらい寒い内容で0対0の引き分けに終わっている。

節目の試合をかざったラウールも個人的には100試合出場を果たせて満足だがチームのパフォーマンスは良くなかったと試合後認めている。またMFレジェスは多くのクラブがツアーなどを終えたばかりでコンディションが良くなかったのが原因と分析。

主軸がプレー

2006年02月22日

3月1日にバジャドリーでコートジボアール代表と親善試合をおこなうスペイン代表。ルイス・アラゴネス監督はこの試合 にW杯ドイツ大会で主軸となる選手たちを起用することを明言。とはいえ、具体的な選手名を挙げることはしていない。またアフリカ大陸準優勝を果たしたコートジボアールについて良いチームで、先日までメンバーが一緒になってプレーしたことは大きなメリットになっているとコメント。

魅力はあるが

2006年02月16日

スペインサッカー協会が中国からの親善試合のオファーをことわっていたことが判明した。50万ユーロの魅力的なオファーではあったが、シーズン最中の3月2日、アウェーでの対戦にクラブからの反発が大きく出ることが予想されることから。

喜びの声

2005年11月17日

スロバキアとのレペスカ(プレーオフ)第2戦、先制されるものの後半26分ビジャのゴールで同点に追いつき引き分けとしたスペインは8大会連続出場を決めた。以下は監督、選手達の喜びのコメントである。

ルイス・アラゴネス代表監督
「ドイツではスペインがW杯を獲得した強国の仲間入りが出来ることを望んでいる。そのためにはしっかりと地に足をつけて自分たちに自信を持ってプレーする事が大事だ。スペインは30年以上前から連続してW杯出場を果たしており、出場をはたしただけでは喜ぶことはあまりないが、しっかりと義務をはたすことが出来とても満足している」

ラウール
「ドイツ大会ではスペインが優勝候補の一つだとは考えずベスト8を目標に一つ一つ勝ち進んでいかなければならない。その後は宝くじのようなもの。もちろん最後には自分たちがトロフィーをあげれるように全力を尽くす」

カシージャス
「求めていたW杯出場が決まりとても嬉しいし、わくわくしている。世界一になるという夢をつかむチャンスを得ることが出来た。出来るだけ良い結果を出せることを期待している」

フェルナンド・トーレス
「予選ではもっと多くの得点を決めたかった。本戦に召集されるためにもこれからはクラブで得点を量産していかなければならないね」

素直に満足しているよ

2005年11月15日

自身の代役ルイス・ガルシアが活躍し、5対1で勝利をおさめW杯ドイツ大会に限りなく近づいたスペイン代表について「満足している」とホアキンは笑顔で答えた。

「今まで代表でレギュラーだったのに、いきなり召集もされないなんておかしい」とスロバキア戦のメンバー発表後、不満を漏らしていたホアキン。今まで自分の後塵を浴びていたルイス・ガルシアが活躍したことで、代表復帰が厳しい状況だが、

「何も不安になんてなっていない。逆に同じ時期に代表入りしながらなかなかプレーする機会がなかったルイス・ガルシアの活躍にとても喜んでいるよ。監督が信頼し、選手がその期待に応え活躍したんだから、本当に彼とスペイン代表の結果に満足しているよ。もちろん、ドイツでプレーする事はあきらめてないし、今回の試合の出来が自分を代表から遠ざけるわけではない。選ばれるかどうかは自分自身が良いプレーをするかどうかだよ」

と代表を外れたショックを忘れ、次のチャンスをものにすることを願っている。

予約完了

2005年11月13日

スペインサポーター.jpg
06年W杯ドイツ大会出場をかけてビセンテ・カルデロンで行われたスペイン対スロバキアのレペスカ(プレーオフ)第一戦はルイス・ガルシアがハットトリックの活躍を見せ、スペインが5対1と圧勝し本戦出場のチケットを大きく引寄せた。

日本では既に試合が終了している時間22:00にキックオフされたこの一戦。穏やかな秋は言葉の通り瞬く間に過ぎ去り、マドリーに冬の訪れを感じさせる雨の中、会場となったビセンテ・カルデロンはその訪れを感じさせない熱いサポーターに埋め尽くされた。

寒さに震えることなく共に戦うサポーターの後押しを受け、スペインはキックオフの笛の音と共にスロベキアゴールに襲い掛かる。最初のチャンスは前半1分、巧みなパス回しでペナルティーエリアに迫ると、たまらず相手DFがファールを犯す。ゴールほぼ中央にセットされたボール、今ではバルセロナだけでなく代表でも司令塔の座を確保したシャビが右足を振りぬくとボールはわずかに外れ、外側から右サイドネットを揺らす。

わずかの差で先制点を逃したスペイン、そしてシャビ。だが、それはただの時間の問題だった。前半9分にシャビが右CKを上げると、ルイス・ガルシアが頭で左隅に押し込み、試合を優位に進めるために必要だった先取点を奪うことに成功する。

早い時間での得点で勢いに乗るスペイン。そして前半17分にはまたこの2人のホットラインが開通する。ペナルティーエリア前でパスを受けたシャビ、ボールをキープしながらタイミングを計り、浮き球のパスをDFラインの裏に出す。すると、ルイス・ガルシアが阿吽の呼吸で飛び出し、胸でワントラップし、ボールの落ち際をダイレクトで放つと、コースを切るために飛び出したGKをあざ笑うかのようにボールは脇をすり抜け左サイドネットにおさまった。

予選リーグでは大量失点を恐れ相手が自陣深く守ることに費やすため、その壁を崩すことが出来ず、レペスカに回るはめとなったスペイン代表。だが、今回は一発勝負といって良いホーム&アウェー戦。スロバキアとしては堅守速攻で活路を見出すはずだったが、2得点されたことでその目論見ははずれ、W杯出場の為に危険を冒してでもスペインとの撃ち合いを挑まざるを得ない状況に追い込まれた。

とはいえ、スペインの勢いをとめることは出来ず防戦一方のスロバキア。なかなか形を作ることは出来ず、前半はシュート一本を放つので精一杯。だが、後半始まってすぐにスロバキアにゴールが生まれる。スコアボードに刻まれた2対0という数字以上にスロバキアを圧倒し、過信、油断が心のどこかにあったスペインの隙を突く。後半4分、ルイス・ガルシアの不用意なGKへのバックパスをネメスがインターセプトし、カシージャスとの1対1も冷静に決め、残り40分に望みをつなぐ。

しかし、この一発で気を引き締めなおしたスペインは攻撃のギアを入れなおし、左サイドはレジェス、デル・オルノのプレミアリーグコンビが、右サイドはルイス・ガルシアがホアキンには無い中央に入る動きで相手を翻弄し、再三ゴール前へと迫る。

ジャブを繰り出すように途切れなく続くスペインの攻撃にスロべキア守備陣の力は奪われ始める。そして後半19分に3点目となるPKをフェルナンド・トーレスが決めたのに続き、28分にレジェスと交代したビセンテがエリア奥深くまでドリブルで進入し、マイナスにボールを送ると、ルイス・ガルシアがDFの前に上手く回りこみ、左足で合わせ決定的な4点目をあげ、戦意を奪う。

さらに、33分にはまたもやビセンテが相対したDFのリズムをワンフェイクで崩し、完璧なセンタリングをあげると、途中出場のモリエンテスがこちらも完璧なヘディングでゴールに突き刺し、スロバキアのW杯出場の希望を打ちくだいた。

試合前1対0でも問題ないと話していたルイス・アラゴネス監督の期待以上の数字を残したスペイン代表。希望者の数に対し割り当ての少ないドイツ行きのチケット予約をようやく最後に抑えることが出来た。後は16日の第2戦、事故なくチケットの到着を意味する試合終了の笛の音を聞けば、念願のドイツが待っている。

いざW杯

2005年11月12日

12日スロベキアとW杯出場をかけてプレーオフを戦うスペイン代表。11日会場となるビセンテ・カルデロンで先発、控えを分けずに最後のセッションをおこなった。またルイス・アラゴネス監督は選手たちに余裕を持たず最初の15分でけりをつけろと発破をかけている。

予想メンバー
GKカシージャス、DFミッチェル・サルガド、パブロ、プジョール、デル・オルノ、MFシャビ、アルベルダ、ルイス・ガルシア、レジェス、FWフェルナンド・トーレス、ラウール

ホアキンが外れリベラが招集される

2005年11月05日

4日、スロバキアとのプレーオフを控えているスペイン代表のメンバーが発表されたが、驚きはリベラの初召集と代表常連のホアキンが外れるなどベティス勢が明暗を分けたことだ。

ルイス・アラゴネス代表監督は「ホアキンが外れたことが今回みんなを驚かせたことだろうが、現在調子を落としている彼よりも調子の良い選手を選考しただけのこと。またリベラに関しては今までの調子の良いプレーを代表でも同じようにしてくれることを期待している」とコメント。

また、今回の主役を務めることになったホアキン、リベラは「メンバーから外れたことにすごくダメージを受けている。だがまた呼ばれるように良いプレーをするだけ」、「今までのプレーが評価されてとてもうれしい。代表でプレーすることは全ての選手にとって夢だからね。ルイスの期待に応える準備は自分は出来ている」とそれぞれコメントを残している。

召集メンバー
GK:カシージャス(R・マドリー)、レイナ(リバプール)

DF:ミッチェル・サルガド、セルヒオ・ラモス(R・マドリー)、プジョル(バルセロナ)、パブロ、アントニオ・ロペス(A・マドリー)、デル・オルノ(チェルシー)、マルチェナ(バレンシア)フアニート(ベティス)

MF:シャビ(バルセロナ)、シャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア(リバプール)、ビセンテ、アルベルダ、バラハ(バレンシア)、レジェス(アーセナル)、リベラ(ベティス)

FW:ラウール(R・マドリー)フェルナンド・トーレス(A・マドリー)、ビジャ(バレンシア)、モリエンテス(リバプール)

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com