« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

仮契約?

ドイツ紙ビルドはバルセロナとボルシア・メンヒェングランドバッハのドイツ代表GKテル・シューテンゲンと来季からの契約で仮合意に達したと報道。

メンバー招集も

レアル・マドリーのスペイン代表MFシャビ・アロンソ。今季は度重なる負傷の為ここまで戦列を離れていたが、既に全体練習に参加。水曜日のセビージャ戦でメンバー入りの可能性も。

申し訳ない

ヘタフェに0対1と勝利したアスレティック・ビルバオ。試合後のインタビューでMFアンデル・エレーラはPKを取ろうと「審判を欺むこうとしたことは申し訳ない。正直にPKをもらおうとした」と素直に謝罪した。

4つ勝たないと

バレンシア州ダービーで再びひどいイメージを残したバレンシア。MFカナレスは次のリーグ戦4試合、アルメリア、ヘタフェ、バジャドリ―、エルチェ戦を「目標達成のためにも何としても勝たないといけない」

今季絶望

23日の練習中に負傷したバルセロナのメキシコ人MFドス・サントス。クラブは公式発表として右ひざ前十字靭帯負傷で全治6か月と今季絶望。11月6日に手術を行うとのこと。

21年ぶり

今季ホームで勝ち点15中13を獲得しているアスレティック。新スタジアムを祝うようにホームでの開幕5戦で同勝点を獲得しているのは21年ぶりの事。

ホームで勝たないと

レバンテMFチュメトラはアウェーでは結果を残しながらホームで結果を残せないことに関して「エスパニョール戦、ホームで勝つことが自分達の宿題。アウェーでは強いことは何か意味がある。勝利をサポーターに与える時がきている」とエスパニョール戦の勝利は絶対だと話した。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

代表入りも

リスボンからヘタフェにレンタル移籍中のアルゼンチン人DFリサンドロ・ロペス。守備だけでなく攻撃でもセットプレーで得点と強さを発揮しており、アルゼンチン代表候補のメンバー入りも検討されているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

2人だけ

モウリーニョがスペインではポルトガル人差別があると話したことについてエスパニョールのポルトガル人FWピッシィは「自分はそうは感じていない。他のメンバーと同じように接してもらっているし、問題はクリスティアーノとモウリーニョの2人に関して。だけど、そのことについて話をして論争に巻き込まれたくない」と自分は関係ないとコメント。

?

?

練習復帰

レアル・マドリーのスペイン人MFシャビ・アロンソが全体練習に参加。ユベントス、バルセロナと欧州トップクラスのチームと対戦するチームにとって大きな戦力が帰ってきたが、現時点では試合に出場できるかどうかは未定。

解任

アルメリアは成績不振から監督フランシスコを解任した。リーガ最年少監督は好パフォーマンスを見せながらも勝利することが出来ず、一度も勝利を手にすることが出来なかった。

イスコとちょっと違う

4連勝のヘタフェ。アンヘル・トーレス会長は「ちょっと前までは監督を代えろとか言われていたが、今は上位にいる」とチームの巻き返しに満足感を見せた。また、今シーズン、大事な役割を担っているサラビアについては「イスコと同じタレントだが、得点が彼よりは少ない。マドリーの下部組織にいたし、彼に期待していたはず」と評価した。

?

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

契約延長

マラガはスペイン人DFヘスス・ガメスと2016/17シーズンまでの3年契約延長で合意に達した。また、同契約には1年の契約延長のオプションがついている。チームには2001年に加入し、ここまで276試合に出場している。

?

カテゴリ - マラガ

固定リンク

222日ぶり

バルセロナキャプテンプジョールがバジャドリ―戦のメンバーに招集された。度重なるけがに悩まされたプジョールの最後の試合はCL対ACミラン戦。バジャドリ―戦出場を果した場合、222日ぶりの試合出場に。

カタランだったから

レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ。バルセロナに下部組織時代にスカウトされたものの、両親は学校がカタラン語を話すことを義務付けることに難色を示したことから、話は流れたとイスコを指導していた監督が打ち明けている。

飛びつくのは早い

スペインメディアに対しドイツ紙のインタビューの中で不満を見せたレアル・マドリーのドイツ代表MFケディラ。英紙はいつも通りに不満を見せた選手=退団の可能性の図式から、この冬の移籍市場でチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがドイツ人MFが興味を示している。

16歳

ラージョ・バジェカノは下部組織のラウール・ウチェと4年契約を結んだ。ラウールは現在、高校に通う16歳、誕生日を迎えた日にプロ契約を結び、クラブの歴史の中でも史上もっと若いプロ契約選手に。

?

怪我人続出

シーズンが始まってまだ2か月だが、バジャドリ―は既に8人の選手が負傷離脱と怪我人に悩まされている。オソリオ、ヘインスが現在負傷中で、セビージャ戦の欠場が濃厚に。

?

ネグレドのオーバーヘッド

カテゴリ -

固定リンク

嘘だ

スペインTVクアトロでウォーミングアップ中にカシージャスとレイナが話をし、カシージャスがチームを去る意思はないと告げたと報道されたことに関してナポリのスペイン代表GKは自身のtwiterで根も葉もない話であり、全く違うと否定した。

ファールは友達

相手をあざ笑うようなドリブル突破が武器のバルセロナのブラジル代表FWネイマール。韓国遠征中にインタビューを受け「ファールは自分にとっていつもある友達みたいなもの。不当なファールにだけ不満がある」とコメントをしている。

不良物件?

今季トッテナムからレアル・マドリーに移籍したウェールズ代表MFベイル。MARCAは同選手がヘルニアを患っており、手術をする必要性があると報じたが、クラブはすぐさま公式声明で否定。チームドクターのカルロス・ディエスも緊急会見を開き、「前日に腰椎突出の話はしたが、ヘルニアとは言っていない。何故このような話になるのか驚いている」とコメントを残した。

罰さないで

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今夏のプレシーズン、8月7日に行われたレアル・マドリー対チェルシー戦で試合中に飛び込み、クリスティアーノ・ロナウドに抱きついたサポーターの制裁を行わないようフロリダの検事向けに陳情の手紙を送っていた。CR7は「素直に連行されたし暴力はなかった」と手紙に綴った。

調子は良い

レアル・マドリーのアルゼンチン代表MFディ・マリアは既に進出を決めている南米W杯予選の目標として「W杯南米予選の王者になること」と話している。また、自身のパフォーマンスについては「マドリードでは監督の信頼があるし、良いプレシーズンを過ごした。いつもと変わらぬプレーをしているけど、良い結果が出ている」と話した。

ミランへ

チーム批判から居場所のなくなったバレンシアのフランス人CBラミがACミランへ今季終了までのレンタル移籍することが濃厚に。既に両クラブの間ではイタリアのクラブが年俸の半分を持つこと、シーズン終了後に700もしくは800万ユーロで買取することで合意。残りはミランと選手の契約が合意に達するだけとなっている。

復帰もある

レアル・マドリーのスペイン人MFシャビ・アロンソを執刀した医師マリア―ノ・プラドは代表ウィーク後のマラガ戦で同選手が復帰する可能性も十分にあると順調な回復を見せていると太鼓判を押している。

「木曜日に検査したが全てが問題なかった。良い方向で回復しているし、ここまで復帰に向けての障害はなかった。リハビリの最終段階にシャビはいるし、激しい運動やボールを使った練習をすることもできる。マラガ戦に出られる可能性は十分にあるが、今はその話をしない方が良い。目標を設定して無理をすることは良くない。無理せず行けば、良いメニューを消化するし完璧なもの」とマラガ戦出場の可能性はあるが、焦らず行くことが大事だと話した。

出場OK

9月19日に頬骨の手術を行ったアトレティコ・マドリーのFWアドリアンが代表ウィーク初日の練習に参加。既に出場許可も得ており、1週間の間で試合出場に向けて調整をしていくことに。

まだ早い

公式戦6戦勝利なしのレアル・ソシエダ。MFエルストンドは苦戦の原因は昨シーズンのように得点が決められなかったことと分析。周囲はリーガとCLの掛け持ちがチームに悪影響を与えているのではと心配しているが、「勝てなかった試合でも勝ってもおかしくない試合があった。わずかなプレーの差で勝利を手にすることが出来なかった。ともかく、評価をしたり、警報を鳴らしたりするのは時期早々。もちろん、今の状況は心配しないといけない。特に相手が自分達より良いプレーをしていたら尚更だが、そうではない。良いプレーをして、チャンスを作っているし勝利は戻ってくる」と悲観的にならず、前を見据えていくことが大事だと話した。

?

?

何が何でも

良いサッカーをしても結果につながらず、6試合勝ち星なしのセルタ。FWノリートはロッカールームの中にチームの今後を心配する雰囲気があることを認め、代表ウィーク明けのレバンテ戦は「どんな形でも勝たなければいけない」と必勝を誓っている。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

メッシの次

契約延長が注目されているバルセロナのスペイン代表MFイニエスタについて会長のサンドロ・ロセイは「イニエスタはバルセロナでキャリアを終える。もし賭けをしないといけないのであれば、それに自分はかける。給料に関してはメッシの次にイニエスタはならない」と選手の評価の1つとして表れる年俸でスペイン代表MFはアルゼンチン代表FWに届かないものと話した。

冬に動きあり?

複数の英紙メディアが今冬の移籍市場でレアル・マドリーがマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWアグエロ獲得に動くと報じた。ガーディアンの地方版であるザ・オブサーバーはベンゼマが機能していないチームが獲得に動くと報じ、ザ・サンデー・ピープルはベンゼマのマンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル移籍の可能性や、違約金は4500万ユーロとなると報じている。

待ったが入りました

ベラルーシ、グルジア戦のスペイン代表招集が噂されていたアトレティコ・マドリーのブラジル人FWディエゴ・コスタ。本人はスペイン代表でプレーをする意思を伝えているが、書類面でFIFAの処理が終わらないことから見送りされることに。

失望していない

モナコの元バルセロナのフランス人DFアビダルはインタビューの中でバルセロナとの契約延長しなかったことは「一番の選択をしたと思う。誰一人自分を失望させていない。契約は切れるものだったし、クラブの決断を尊重する」と話した。

FW募集

ホセ・カルロス、セバ・フェルナンデスと2人のFWを負傷で失ったラージョ・バジェカノは新たなFWを探している。今夏、バジャドリーのマヌーチョとバレンシアのピアッティ獲得に動いていたが、金銭面で合意に達しておらず、今後の展開が注目される。

名字じゃない

ヘタフェに加入したルーマニア人FWマリカ。入団発表の際に、スペイン語ではオカマを意味するマリカではなく、シプリアンで登録することを発表した。また、シプリアンが加入したことで、ベネズエラ人FWミクーはカタールのアル・ガラファに移籍した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

怪我人続出

アスレティック・ビルバオのイバイ・ゴメス、アドゥリスが負傷。前者は筋挫傷、後者は太腿の打撲。グラナダ戦で負傷しており、バレンシア戦の出場が厳しいとのこと。

今日にも

ブラジル代表監督スコラリ。ラジオのインタビューの中で「ディエゴ・コスタを呼ぶ。今日W杯だったら彼を招集する」と同クラブのブラジル人FWの招集を口にした。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com