« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

補充

マンチェスター・シティにデミチェリスを放出したアトレティコ・マドリー。アヤックスからアルゼンチン人DFの後釜としてアヤックスのベルギー人DFアルデルヴァイレルトを獲得。

また退団

セビージャのオランダ人MFマドゥーロが数日のうちにニュルンベルク、ハンブルクに移籍する可能性が高いとのこと。

2試合出場停止

スペインスーパーカップ対バルセロナ戦で退場したアトレティコ・マドリーのフェリペ・ルイスとアルダ・トゥランはリーグ戦の2試合出場停止処分が下された。また、処分が軽いものの場合、来季のスーパーカップの1試合の出場停止処分となる。

また一緒

バレンシアのスペイン人MFジョナタン・ビエラがラージョ・バジェカノへレンタル移籍。パコ・へメス監督とはラス・パルマス時代に一緒にプレーしていた。バレンシア戦は契約から出場停止との事。

来るの?

中盤を探しているアトレティコ・マドリー。マンチェスター・ユナイテッドから日本代表MF香川の1年間レンタルを打診されているとのこと。新監督モイーズのもとで試合出場機会を失っており、イングランドクラブは日本人MFの試合出場時間を増やすために打診したとのこと。

香川の代役?

スペインラジオコーペはマンチェスター・ユナイテッドがアスレティック・ビルバオのスペイン人MFアンデル・エレーラに3000万ユーロのオファーを行っていると報道した。マンチェスターはエレーラだけでなく、レアル・マドリーのドイツ代表MFエジルにも興味を示しているとのこと。

完璧じゃないと

バレンシアのバルセロナの下部組織出身MFオリオル。週末の古巣との対戦について「完ぺきなプレーをしないといけない」と難しい試合になると分析。「バルセロナは強いチーム。言う事のないチーム。自分達は準備し、メンタルを、良いプレーをしっかりとしないといけない」とコメントしている。

残したい

レアル・マドリー・カスティージャからエスパニョールに移籍したアレックス・フェルナンデス。入団発表の席で「エスパニョールで自分の痕跡を残したい」とい意気込みを語った。契約延長をしなかったものの、古巣に関しては「10年良い思い出があるし、クラブには感謝している。チーム内の競争が激しく下部の選手はチームを出ることが多いが、クラブは自分達の力を見てくれている」と怨み節は残していない。

プレミアか

ヘタフェのU-23スペイン代表FWアルバロ・バスケスがラウドルップ率いるスウォンジーに違約金300万ユーロで移籍する可能性が高い。また、バレンシアからアルゼンチン人FWピアッティをレンタルで獲得する準備をしているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

獲得

セルタはガボン代表MFマディンダと2017年までの契約延長で合意に達したと話した。ガボン代表MFは「今日が一番自分にとって幸せな日。この喜びをクラブ、セルタファンに返すのが自分の目的」と喜びを口にした。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

チャンス

バジャドリ―の新メンバー、ファウスト・ロッシはリーガでの戦いについて「自分のキャリアの中で一番のチャンス」と意気込みを語った。ユベントスから加入したU-22イタリア代表MFはビチェンツア、ブレシアとレンタル続きだが、「バジャドリ―は自分の家」とチーム適応が順調であることを見せている。

新たな怪我

レアル・マドリーのスペイン人MFシャビ・アロンソが練習中に右足小指を骨折。全治2,3か月とチーム合流が遅れている。バスク地方出身MFはこのプレシーズン、恥骨炎の為チームを離脱していた。

青田買いを買う

バルセロナはマンチェスター・シティからU-20スペイン代表FWデニス・スアレスを4年契約で獲得。違約金は150万ユーロ。初年度はBチームでプレーするが、2年後からはトップチーム昇格するとのこと。

デニスは青田買いで2011年にセルタからイングランドへ移籍していた。

4600万

イングランド紙テレグラフはアーセナルがレアル・マドリーのフランス代表FWベンゼマに対して4600万ユーロのオファーを準備していると報道。

今夏、イグアインをナポリに放出したマドリー、フランス人FWの退団はチームに純粋なCFがいなくなることから受け入れる可能性は少ない。

カテゴリ -

固定リンク

狙ってる

マラガはチェルシーのFWルカク、デンババ獲得を検討しているとのこと。イングランドのクラブがルーニー獲得を目指していることで出場機会が減ることが予想される2人の選手に対し、FW補強が絶対のアンダルシアのクラブが興味を示している。問題は高額の年俸とのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

正式獲得

アスレティック・ビルバオはグラナダからスペイン人MFミケル・リコを獲得したことを発表。契約は4年。違約金は3200万ユーロに設定されたMFはバルベルデが熱望していた選手。

6か月

ラージョ・バジェカノFWホセ・カルロスはエルチェ戦で負傷。診断の結果、左ひざ前十字靭帯を損傷。全治6か月とシーズンの半分以上を棒に振ることに。

少なくとも

開幕戦ベンチとなったレアル・マドリーのスペイン代表GKカシージャス。このまま試合に出られないのであれば、12月に移籍するといったとか言わないとかの話が出ており、昨シーズンに続いて議論の的に。

ベティス戦、チームメートのウォームアップを見ていたGKにGKコーチが話かけた時、「少なくともベルナベル杯は出られるよ」と皮肉をこぼしている。

失礼だ

記者会見に出席したバルセロナのスペイン代表GKビクトル・バルデス。チーム残留の考えはないのかと質問され、「冗談にしか聞こえないし、自分に対してリスペクトを欠いている。自分はいつでも全力で仕事をしているし、誰かと契約について遊んだりするつもりはない。特にバルセロナとは。どの試合も勝利を手にするためにプレーしているし、それが最初の年でも最後の年でも一緒」とどの試合でも全力を尽くす姿勢を考えてもらっていないと話した。

6失点のチームですよ

レバンテに入団したセネガル人MFゴミスは代表仲間のディオプから「チームにすぐさま適応できる良いチームに入った」と移籍は選手にとって間違いないものとお墨付きをもらった。

チームは開幕戦、バルセロナに7対0、前半だけで6失点を喫していた。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

良いメンバー

選手を放出したものの、目新しい補強をすることなくレアル・ソシエダに完敗したヘタフェ。チームの上積みがないことから今季の戦いが苦しいものになると話すものも出ているがMFラセンは「良い選手はたくさん残っている。ヘタフェは良いチーム」と自信を見せている。

ありえん

ブラジル代表監督スコラリはネイマールが貧血であることはありえないことだとバルセロナを批判。「ネイマールは貧血などなかったはずだ。コンフェデ前にメディカルチェックをバルセロナで行っている。その時は誰も何も言わなかった。ネイマールは手術で苦しんだ。だからこそ、同じ状況ではない」と話した。「バルセロナはこのことを全て知っている。手術をした後にネイマールの体重は落ちたのは明らか。だが、元気だ。代表では正午、3時、6時、9時に食をとっている」とコメントした。

PSGより

フランス紙レキップはPSGがバルセロナのブラジル代表DFダニエル・アルベス獲得を目指していると報道。アルベスは契約が2015年まで残っていることや、チアゴ・シルバを獲得できなかったことからバルサは断りを入れることが濃厚との事。

若い奴にはまけない

ヘタフェGKモヤ獲得を目指していたアトレティコ・マドリーだが、デポルティーボ・ラ・コルーニャからアランスビアを獲得。リーガのベテランGKは「チームの力になるため、レギュラーを取るため、試合出場するために来た」と決してクルトゥワの後塵を拝するだけはないと意欲を見せている。

長くいたい

経済難からここ数年主力を放出しているバレンシア。GKグアイタもバルセロナ移籍の噂が上がるなど、次のチーム退団候補者として名前が挙がっているが、守護神は「クラブが契約延長を望むなら、それは自分が良いプレーをしているからだし、この道を続けていく。長くこのクラブでプレーをしたい」とチーム残留の気持ちを打ち明けている。

開幕絶望

サラゴサとの親善試合で負傷したオサスナのミゲル・フラーニョは左鎖骨の脱臼が精密検査の結果判明。全治2,3か月とパンプローナのチームはチームの柱となる選手を失って開幕を迎えることに。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

残る

マンチェスター・ユナイテッドから熱烈ラブコールを受けているバルセロナのスペイン代表MFセスクだが、「一度もチームを出ることを考えたことはない」と記者会見でチーム残留の意思を明らかにした。

ギリシャに

ヘタフェはDFミゲル・トーレスとの契約を解除したことを発表。元レアル・マドリーDFは恩師であるミチェルのいるギリシャのオリンピアコスに。契約は3年。ヘタフェでは4年間プレーをしていた。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

グラネロ

ドス・サントスの獲得に失敗したレアル・ソシエダ。イジャラメンディが抜けた中盤のゲームメークを担う補強としてクイーンズパークレンジャースのスペイン人MFグラネロに白羽の矢を立てたとのこと。

問題はグラネロの違約金。昨季、レアル・マドリーからイングランドクラブに800万ユーロで移籍しており、レアル・ソシエダは買い取りオプション付きのレンタル移籍の獲得を狙っている。

やる気です

ヘタフェからベティスに移籍したスペイン人MFシャビ・トーレス。「とても嬉しいしやる気に満ち溢れている」と新天地での意気込みを語った。またヘタフェ時代と違い、スタジアムがほぼ満員となるベニトビジャマリンでの試合について「30000人の前ではいつだって100%のプレーをしないといけないし、相手が思うようなプレーを出来ないはず」と期待している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

ラージョに

バジャドリ―のスペイン人FWアルベルト・ブルーノがラージョ・バジェカノに移籍。契約期間は2年。ブルーノはレアル・マドリーの下部組織出身選手で、2008年11月22日のレクレアティーボ・ウエルバ戦でプリメーラデビューを飾っていた。

さよなら

トッテナムはバレンシアのスペイン代表FWソルダードを違約金は3000万ユーロを払い4年契約したことを発表した。ロンドンでメディカルチェックを行い、問題がなければサインをする。

ソルダードは残留を望んでいたが、新会長アマデオ・サルボのプロジェクトを信じられないことや、嘘を個人的につかれたことがチーム退団を決断する引き金になったと話している。

契約延長

バルセロナはFWテージョと2018年までの契約延長を行ったことを発表。違約金は1000万ユーロから2500万ユーロにアップさせた。

また、イングランド?

アトレティコ・マドリーのブラジル代表FWディエゴ・コスタにリバプールが2400万ユーロのオファーを準備しているとBBCが報道。とはいえ、ブラジル人FWはシメオネ監督の好きな闘志を見せる選手なので今後の展開が注目される。

完全移籍

ヘタフェは昨シーズンセビージャからレンタルで獲得していたスペイン人DFアレクシスを完全移籍で獲得。問題は選手の年俸だったが、減額したことからマドリーのクラブへ移籍することが決定した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com