« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

ベルギーに

バルセロナとアンデルレヒトはMFジョナタン・ドス・サントスの移籍で合意に達したとベルギー紙が伝えた。後は選手本人のOK次第で、違約金は250万プラスインセンティブの150万ユーロとのこと。

本当?

英紙ザ・サンはバルセロナがマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWルーニー獲得に興味を示していると伝えた。ルーニーにはチェルシー、レアル・マドリー、PSGが獲得を狙っていると言われている。

イタリアか

イタリアTVSKYはセビージャのスペイン人DFボティアに対してジェノアが興味を示していると報道。スポルティング・ヒホンからセビージャに移籍したバルセロナの下部組織出身DFだが、エメリーのもとで出場機会を失っている。

22番欠番

マラガのオーナーであるアルタ二はレアル・マドリー移籍が有力視されているMFイスコの背番号22番を欠番にすることを明言している。LFPは欠番を認めていないが、シュスター監督は23人以下の少数精鋭を望むことから、22番欠番の可能性もわずかながらに出ている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

マラガに

シュスター監督が就任したマラガ。ホアキンやイスコなど主力が退団する中、ラージョ・バジェカノからアルゼンチン人FWチョリ・ドミンゲス獲得を狙っており、交渉も順調との事。

恋人一杯

セビージャで居場所を見つける事の出来ないMFハビ・エルバスだが、セルタ、ラージョ・バジェカノ、ベルドゥーが抜けたエスパニョールが興味を示している。ラージョ・バジェカノは監督パコ・へメスがコルドバ時代に共に苦楽を共にした中で、移籍の可能性を秘めている。

こんどこそ

3月にバジャドリ―で入団テストを受ける予定だったスウェーデンのU-21代表MFハルブジ。体重過多からジュキッチを納得させることが出来なかったが、プレシーズンを通してバジャドリ―入団を狙う。

どちらだ

レアル・マドリー退団を明言し、去就が注目されているアルゼンチン代表FWイグアイン。父親は候補として上がっているユベントス、アーセナルとの交渉は前進していると話しており、残りはクラブ間の違約金の支払いが壁となっている。2500万ユーロから3000万ユーロの間での攻防戦が続いている。

面白い

ネイマール加入によりチーム退団の可能性が高いバルセロナのスペイン代表FWビジャ。代理人は移籍先候補に挙がっているフィオレンティーナのオファーに関して「とても面白いもの」とイタリア移籍の可能性を口にしている。

3年目

アトレティコ・マドリーは守護神クルトゥワをチェルシーから3年連続でのレンタル移籍で獲得したことを発表した。クルトゥワは「アトレティコへの残留は自分が望んだものであり、とても幸せ」と喜びを表している。

u-21 から

ラファ、ロポと2人のCBしかいないヘタフェ。CBの補強は至上命題であり、セグンダに降格したサラゴサのU-21スペイン代表DFアルバロ獲得を狙っているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ラブコール

チーム退団が噂されているバルセロナのスペイン代表MFチアゴ。移籍先として上がっているマンチェスター・ユナイテッドのキャプテン、ファーディナンドは「彼のスピリッツをチームに伝える必要がある」と歓迎したほか、代表チームメートであるデ・ヘアはハットトリックを決めた記念球に「マンチェスターで待ってる」とサインしている

決めた?

英紙デイリー・ミラーはチーム退団を決めたレアル・マドリーのアルゼンチン代表FWイグアインがアーセナル移籍にOKを出していると報道。違約金は2500万ユーロ、年俸は720万ユーロと言われている。

恩師のもとに

新監督にルイス・エンリケが就任したセルタ。最終ラインの補強としてバルセロナから昨季マジョルカでプレーをしていたフォンタスを獲得。違約金はゼロだが、同選手が25試合以上出場を果した場合、100万ユーロがセルタからバルセロナに支払われるとのこと。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

古巣復帰

バレンシアはレバンテでプレーをしていたMFミチェルを15/16シーズンまでの契約で獲得したことを発表した。ミチェルはバレンシアの下部組織で育った選手。

グラナダに

グラナダはラージョ・バジェカノからFWピティを3年契約で獲得したことを公式に発表した。ラージョと今月末に契約の切れるFWにはベティス、エスパニョールなどからオファーがあったが、グラナダを新天地に。

カテゴリ - Granada

固定リンク

オファーがある

ヘタフェのU-21欧州選手権優勝メンバーであるアルバロとサラビアにはオファーが各クラブから届いている。アルバロにはイタリアのサンプドリアが興味を示しており、サラビアはエルチェがレンタルでのオファーが。

カテゴリ -

固定リンク

バルセロナ?

チェルシーのスペイン代表FWマタ。新監督モウリーニョから移籍を許可されたと英紙は報じており、ネイマールを獲得し、アレクシス、テージョ、セスク、チアゴなどの放出が噂されているバルセロナがその穴埋めにレアル・マドリーの下部組織出身FWの獲得を検討しているといわれている。

恋人新たに

欧州選手権でその力を世界に広めたレアル・ソシエダのU-21スペイン代表MFイジャラメンディ。シャビ・アロンソの後継者探しが課題であるレアル・マドリーの他にもアーセナルが1200万ユーロのオファーを提示し、獲得を望んでいるとの事。イニゴ・マルティネスとともにイジャラメンディの違約金は3000万ユーロ以上に設定されている。

補強の噂

インテル・ミラノ移籍が濃厚なブラジル代表MFパウリーニョの獲得レースにレアル・マドリーが参戦し、2000万ユーロ+カカーのオプションを提示するといわれている。新監督就任が噂されているアンチェロッティがブラジル人MFを高く評価しているとの事。

再手術

バルセロナのベテランDFプジョールが19日午前に右ひざの再手術を行った。全治には3,4週間が必要との事。プジョールは昨シーズン3月から公式戦を欠場している。

難しい

バジャドリー監督に就任したフアン・イグナシオ・マルティネスは入団発表で前任者ジュキッチが残した偉業をたたえた。元レバンテ監督は「目標はプリメーラをキープすること。チームにとってリーガのような激しい争いのあるリーグでトップカテゴリーに残留することは成功と言える」と目標を設定したほか、「ジュキッチが残した成績は凄いもの。その数字を上回ることは難しいものだ」と話した。

契約

レバンテはモロッコ代表CBエル・アドウアと2年契約を結んだことを発表した。6月でポルトガルのビトリア・デ・グイマラエスとアドウアは契約を満了している。CBだけでなく守備的MFでもプレーが出来る。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

3年契約

バレンシア会長アマデオ・サルボは公式声明ではないが、フランス人DFマテューと3年間の契約延長をする予定であることを明言した。マテューとの契約を確信しており、契約延長以外の場合はクラブが求めるだけの違約金を要求するとの事。

退団

バレンシアはMFアルベルダと来季の契約を結ばないことを発表。選手自身、チームと契約更新を行わないことを1か月半前に発表していた。今後については未定。

三顧の礼

ヘスス・ナバスがマンチェスター・シティに移籍したセビージャ。穴埋めとしてバルセロナBのデウロフェウのレンタルでの獲得を検討しており、監督、GMがプロジェクトの中心という口説き文句で取りに行くとのこと。

今週中に

ビエルサが退団したアスレティック・ビルバオ。後任には昨季バレンシアを率いていたバルベルデが就任することが濃厚で、今週中にも発表されるとのこと。

また、獲得が噂されているベティスのスペイン代表MFベニャトも監督人事が終わってから決定する方向。

200円くらい

サッカー選手の違約金といえば高額なものだが、ベティス移籍が噂されているヌマンシアのコンゴ人MFセドリックはLFPに契約解除の為日本円で役200円となる1,2ユーロを支払った。契約の中に上位カテゴリーからオファーがあった場合、無償で移籍できるという条項があったことから、セドリックは消費税分を支払ったとのこと。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

誰に

ペジェグリーニが退団したマラガ。監督としてルディ・ガルシアにラブコールを送っていたが、イタリア紙によえば、ローマと2年契約を結ぶとのことで、ヘタフェ、レアル・マドリーを指揮したドイツ人監督シュスターが第1候補に挙がっているとのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com