« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

今がタイミング

来季のレアル・マドリーのFW補強候補に挙がっているリバプールのルイス・スアレス。ウルグアイ人FWは「マドリーのようなビッグクラブにノーと応えることは出来ない。選手でなく他のことで評価されるイングランドで起きたことから言っても空気を変える一番のタイミング」とレアル・マドリー移籍に乗り気であることを打ち明けた。

嘘をつきたくない

レアル・マドリーを破り、国王杯優勝を飾ったアトレティコ・マドリー。来季の目標はリーガ制覇かと聞かれた監督シメオネは「目標がリーガ?嘘をつきたくない。その目標を近づくために成長していくことが一番の目標だ」とまずは2強と戦えるだけのレベルになることを口にしている。

新しい挑戦の時

来季クラブとの3年契約が切れるバジャドリ―監督ジュキッチだが、今季限りでのチーム退団を明らかにした。ジュキッチは「3年のプロジェクトだけど、選手達のおかげでこの2年の目標が達成できた。プリメーラのチームであることを証明し、一つのスタイルを見せることが出来た」とバジャドリ―での結果に満足していることを口にした。

また、バレンシアやベンフィカが恋人候補として上がっているが、ジュキッチは「現時点ではまだどこともサインをしていない」と新天地を明確にしなかった。

2年契約

ラージョ・バジェカノはパコ・へメスと2015年までの2年契約延長で合意に達したことを正式に発表した。同様にGMのミニャンブレスらスタッフも契約を延長している。

2年契約

ラージョ・バジェカノはパコ・へメスと2015年までの2年契約延長で合意に達したことを正式に発表した。同様にGMのミニャンブレスらスタッフも契約を延長している。

どっちなの

LFPから出場許可が出ていたマジョルカのメキシコ代表ドス・サントスだが、FIFAからはメキシコ代表に合流すべきだというレターがクラブに届いたとのこと。このことに関してセラ・フェレール会長は「メッシやクリスティアーノ・ロナウドならこんなことになっていない」と不満を示している。

10億ユーロでも売らない

マンチェスター・ユナイテッド復帰、PSG移籍などチーム退団の噂が絶えないエース、クリスティアーノ・ロナウドに関して、レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスは「例え10億ユーロを積まれても売るつもりはない」と交渉に応じる意思がないことを語っている。

諭しました

バイエルン・ミュンヘンGMウリ・ヘーネスは新監督グアルディオラからネイマール獲得を希望されたが、過去の経験から、気候や文化などの適応で問題が生まれることが多く、、ブンデスリーガで若いブラジル人選手が活躍するのは難しいとネイマール獲得はリスクがあるものだと諭したことを打ち明けている。

ワンコールで取る

ビクトル・バルデスが退団することからGK探しが必要なバルセロナ。レイナやグアイタなどいくつかの候補選手の中に新たにマラガのアルゼンチン人GKカバジェロの名前が挙がった。カバジェロは「バルセロナから電話がかかってきたら、ワンコールで取る」と移籍に前向きな意思を見せている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

約束が守られることを

自分の望むチーム作りが出来ないことからマラガを退団することを決めたチリ人監督ペジェグリーニ。マンチェスター・シティ移籍が周知の事実だが、現時点ではまだサインをしていないことをアンダルシアTVに語り、「シティと約束があるし、それが実現することを望んでいる」と早々のサインを望んでいる。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

レンタルで

ACミランへのレンタルが終了するバルセロナのボジャン。選手自身は完全移籍かバルセロナ復帰の2択を選んでおり、イタリアのクラブはすでに買い取りオプションの行使を放棄していることから、今後の動向が注目される。

出られる

最終節対バジャドリ―戦でヘメドを欠くマジョルカ。メキシコ代表のジオバニも欠場の可能性があったが、代表戦が親善試合のことから、土曜日の試合後に代表合流することで落ち着いている。

公式はまだですが、

セルタのチーム得点王であるイアゴ・アスパスのプレミアリーグ、リバプールへの移籍がほぼ濃厚になった。リバプールは違約金として950万ユーロを支払うことでクラブと合意しており、選手にも年俸160万ユーロを提示するとのこと。正式発表はシーズン終了後になる予定。

カテゴリ - セルタ

固定リンク

サインしていない

レバンテのウルグアイ人GKムヌア。フィオレンティーナ移籍が噂されており、既に合意に達したと報道がされているが、29日の練習後にメディアに応対し、「フィレンツェにいっていろんなことを見たのは確かだけど、サインをしたということはない」と現時点では移籍を否定している。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン最終第38節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
マドリー、アトレティコが転び、
おそらく今シーズン最低の5試合的中で終わってしまった。
配当金は15試合的中者なし、14試合で40万ユーロ(約5,200万円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:50 Fecha:01/06/2013)
Primera (1部) 8試合: 第38節 
Segunda(2部) 7試合 :第41節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):セビージャ-バレンシア

最終節の注目は残留争いにあるだろう。
デポルが勝ち点35、セルタ、サラゴサが34、マジョルカが33と4チームに絞られ、
全チームがホームで対戦する。
勝てば無条件で残留の決まるデポルだが、相手はCLを賭けた戦いをしているソシエダ。
セルタはほぼ順位に影響のないエスパニョール、マジョルカはバジャドリー、
サラゴサは強豪アトレティコを迎える。
例年だともう順位に変動がないチームは力を落としてくるし、
デポルが倒れる可能性もあり、予測が非常に難しそうだ。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 グラナダ-ヘタフェ予想:1
2、 マドリー-オサスナ予想:1
3、 デポル-ソシエダ予想:12
4、 バルサ-マラガ予想:1
5、 サラゴサ-アトレティコ予想:1
6、 レバンテ-ベティス予想:×2
7、 ラージョ-アスレティック予想:1
8、 (Segunda)コルドバ-ミランデス予想:1
9、 (Segunda)ラス・パルマス-ヌマンシア予想:1
10、(Segunda)エルクレス-ムルシア予想:1×
11、(Segunda)ポンフェラディナ-ラシン予想:1
12、(Segunda)グアダラハラ-ルーゴ予想:1
13、(Segunda)サバデル-エルチェ予想:1
14、(Segunda)アルメリア-ジローナ予想:1×
15、セビージャ-バレンシア予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

モナコ移籍

モナコはアトレティコ・マドリーのコロンビア代表FWファルカオを獲得。契約は4年、年俸1400万ユーロ。違約金4500万ユーロがマドリーのクラブに支払われる。

逮捕

ベティスFWルベン・カストロは、元恋人に対する暴力行為から29日逮捕されたが、同日釈放された。選手と元恋人の言い分に食い違いがあり、クラブは選手を信頼していると声明を発表した。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

待つだけ

プリメーラ残留を争う4チームの中で一番可能性が低いマジョルカ。CBヌネスは「まずはバジャドリ―戦でしっかりと自分達の仕事をすること、ポジティブに考えることが大事。勝てば十分にプリメーラに残る可能性はある」と残留に向けてポジティブシンキングしている。

怖い

サラゴサのキャプテン、パレデス。最終節のホームでのアトレティコ・マドリー戦に勝利してもデポルティーボ・ラ・コルーニャ、セルタが勝利した場合、セグンダ降格が決まることから「結果を知るのが怖い。残留を決められなかったら…人生でずっと後悔するだろうし、何で必要な結果を出せなかったのだろうと悔やむだろう」と最終節前に大きなプレッシャーを受けていることを語った。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第37節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
バルサの優勝も決まり残留&ヨーロッパを賭けた戦いが激化していた前節。
前節同様わずか6試合的中で終わってしまった。
配当金は15試合的中者なし、14試合で45万ユーロ(約6,000万円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:49 Fecha:26/05/2013)
Primera (1部) 10試合: 第37節 
Segunda(2部) 5試合 :第40節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):デポル-エスパニョール

チャンピオンズリーグ圏内の4位を狙うソシエダはホームにマドリーを迎え入れる。
今シーズン、絶好調のソシエダにとって、
ビッグクラブで勝利を挙げていないのはマドリーだけ。
それだけに選手たちのモチベーションは非常に高い。
一方、マドリーは先週、コパ決勝でアトレティコに延長戦の末、痛い敗北を喫した。
この勝負、やる気の差でソシエダ有利か。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バレンシア-グラナダ         予想:1
2、 オサスナ-セビージャ         予想:1×
3、 ソシエダ-マドリー          予想:1
4、 マラガ-デポル            予想:2×
5、 エスパニョール-バルサ        予想:1
6、 バジャドリー-セルタ         予想:2
7、 アトレティコ-マジョルカ       予想:1
8、 ベティス-サラゴサ          予想:12
9、 アスレティック-レバンテ       予想:1
10、(Segunda)ウエスカ-スポルティング   予想:1
11、(Segunda)ミランデス-ラス・パルマス  予想:2
12、(Segunda)ムルシア-ポンフェラディナ  予想:1×
13、(Segunda)ラシン-グアダラハラ     予想:1
14、(Segunda)アルコルコン-アルメリア   予想:1
15、へタフェ-ラージョ           予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第36節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
マドリーがエスパニョールと引き分けたため、バルサの優勝が決まった前節。
アウェー、ドローが多発しわずか6試合的中で終わってしまった。
配当金は15試合的中者なし、14試合で45万ユーロ(約6,000万円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:48 Fecha:19/05/2013)
Primera (1部) 8試合: 第36節 
Segunda(2部) 7試合 :第39節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):デポル-エスパニョール

前節、優勝が決まったため、残留争い、ヨーロッパの大会を賭けた戦いに注目が集まる。
ヘタフェとバレンシアはEL、CL出場権を求めて衝突する。
ヘタフェにとっては久々のヨーロッパ返り咲きを狙う生死のかかる対戦となる。
前回のホームではソシエダを逆転で撃破したが、調子は上がっていない。
一方、バレンシアは2連勝中。
どちらに転ぶか分からない難しい一戦になるだろう。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ヘタフェ-バレンシア          予想:12
2、 グラナダ-オサスナ           予想:1
3、 セビージャ-ソシエダ          予想:1×
4、 バルサ-バジャドリー          予想:1
5、 マジョルカ-ベティス          予想:1
6、 サラゴサ-アスレティック        予想:1
7、 レバンテ-ラージョ           予想:1
8、 (Segunda)コルドバ-ウエスカ      予想:1
9、 (Segunda)ラス・パルマス-レクレ    予想:1
10、(Segunda)エルクレス-ミランデス     予想:1×
11、(Segunda)ポンフェラディナ-ヌマンシア  予想:1
12、(Segunda)サバデル-ラシン        予想:1
13、(Segunda)アルメリア-エルチェ      予想:12
14、(Segunda)ビジャレアル-ジローナ     予想:1
15、デポル-エスパニョール          予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

興味

スペインラジオ、カデナ・コーペはバルセロナがアスレティック・ビルバオMFアンデル・エレーラ獲得に興味を示していると報道。アンデル自身は「バルセロナは自分にとって大きなもの。だけど、自分のポジションは完璧にカバーされている。ともかく、スビサレータやビエルサが自分のことを重要な選手だと考えていることは感謝すべきこと」と知的な司令塔らしく落ち着いた対応を見せている。

スーパーオファー

レアル・マドリーに監督アンチェロッティ引き抜きの可能性が話されているPSG。フランス紙レキップはアンチェロッティ譲渡の代わりとしてクリスティアーノ・ロナウドの獲得を望んでおり、クラブには違約金1億ユーロ、選手にはマドリーの1050万ユーロを大幅に上回る1800万ユーロの年俸を提示すると伝えている。

残りたい

バルセロナからACミランにレンタル移籍中のボジャン。選手本人はミラン残留を希望しているが、違約金1500万ユーロの壁がイタリアでのプレーの第1の妨げになっていることを父親が語った。

ミランは500万ユーロまでなら買い取りの準備をしているが、両クラブの間には大きな隔たりがある。

1年取り消し

UEFAから2年間の欧州大会出場を宣言されていたマラガだが、2年目の制裁を取り消しすることが伝えられている。マラガは月曜日にスペインサッカー協会からUEFA出場のライセンスを手にしており、6月4日のスポーツ裁判所の判定次第で、来季の欧州大会出場の可否が決定する。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

アスレティック・ビルバオ会長ジョス・ウルティアは獲得が決まったと言われているベティスMFベニャトについて、「話は全くのでたらめ」と合意に達してはいないことを明らかにした。ビルバオ会長は「この前のリーガ会議の時、ベティス会長と一緒にいるところを見られなくて良かった。その姿を見られていたら言い訳が難しくなる」とコメントしている。

変えられない

メキシコTVのインタビューの中でバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシはチームスタイルを変えることはないとコメント。「長い間同じスタイル、全てのスタッフ、チームで勝てない間に捜したスタイルで戦ってきた。今シーズンの結果だけで騒ぐ必要はない。バルサのスタイルを変えることは出来ない。このチームのキャラクターとなったスタイル。落ち着く事、来年のことを考えるべき」と話している。

中盤の補強

イタリア紙ガゼッタ・デッロ・スポルトはレアル・マドリー監督就任が言われているPSGのイタリア人監督アンチェロッティが監督就任の条件としてピルロもしくはボルハ・バレロの獲得を希望していると伝えている。

決定

MarcaはベティスのMFベニャはアスレティック・ビルバオ移籍で両クラブが合意に達したと報じている。契約期間は5年で、違約金は800万ユーロ+インセンティブの400万ユーロの計1200万ユーロ。

何処へ

今夏でのチーム退団をクラブに宣言したバルセロナのGKビクトル・バルデス。既に複数の恋人が表れており、中でもアーセナルが一番の候補に挙がっている。

木曜日がリミット

クラブと契約延長で合意に達しているラージョ・バジェカノ監督パコ・ムニョスだが、クラブ監査委員は難色を示しており、2日間の間に改めて返答をする必要があるとのこと。

テージョくれ

ビクトル・バルデスが退団が濃厚のバルセロナ。GK獲得は優先事項であり、英紙デイリー・ミラーはリバプールのGKレイナに白羽の矢を立てており、リバプールはレイナの違約金を1000万ポンドなことから、テージョとトレードすることを目指しているとのこと。

90%

去就が注目されているアトレティコ・マドリーのコロンビア代表FWファルカオ。移籍先として上がっているモナコのGKスバシッチは「聞いた話を話すけど、ファルカオはもう90%モナコの選手。数日中にモンテカルロにいるだろうし、モナコの選手になるだろう」とコメントしている。

潔白を証明する

八百長疑惑を話されたレバンテのキャプテン、バジェステロス。「自分の名誉をきれいにする。弁護士と話しているし、彼らが必要だというのであれば裁判も考える」と自身の無実を証明するために裁判も考えているとのこと。

また、発言したバルケロに関しては「話したし、間違いだと言っていた。彼自身説明が出来ないみたいだし、そのことについて自分は証明できることはない」とコメントしている。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

補強に

欧州出場が濃厚なベティス。中盤の選手の補強を考えており、マジョルカMFピナを候補に上げている。マジョルカは800万ユーロ以下では交渉につく意思はないが、ベティスはチームがセグンダ降格した際には300万ユーロまで下げられると考えている。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第35節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
順当勝ちが多かったため、今季最高の12試合的中に成功し、
9.12ユーロ(約1,200円)獲得となった。
配当金は15試合で約11,000ユーロ(約140万円)、10試合では0だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:47 Fecha:12/05/2013)
Primera (1部) 9試合: 第35節 
Segunda(2部) 6試合 :第37節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マラガ-セビージャ

バルサのプリメラ優勝が決まる可能性のある今節。
条件としては土曜日にマドリーがエスパニョールに引き分け以下で終わるか、
日曜日にバルサがアトレティコに勝利すれば決定する。
マドリーはメンバーをコパ決勝のためリザーブする可能性が高い。
一方、アトレティコはバルサ相手に全力で立ち向かっていきそうだ。
リーガを終わらせないためにも、
コパ決勝を18日に控えた両マドリードクラブの健闘に期待したい。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラージョ-バレンシア          予想:1
2、 オサスナ-ヘタフェ           予想:×1
3、 ソシエダ-グラナダ           予想:1
4、 エスパニョール-マドリー        予想:2
5、 バジャドリー-デポル          予想:×1
6、 アトレティコ-バルサ          予想:1
7、 ベティス-セルタ            予想:1
8、 アスレティック-マジョルカ       予想:1
9、 (Segunda)スポルティング-コルドバ   予想:1×
10、(Segunda)ミランデス-ポンフェラディナ  予想:1
11、(Segunda)ムルシア-サバデル       予想:1
12、(Segunda)ルーゴ-アルメリア       予想:2
13、(Segunda)アルコルコン-ビジャレアル   予想:1×
14、(Segunda)ジローナ-ヘレス        予想:1
15、マラガ-セビージャ            予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

欲しい

2度目のイタリアリーグタイトルを獲得したユベントス獲得コンテ。来季の補強として「イグアインがとられるのであれば獲得したい」とラブコールを送っている。FWの補強を考えており、レアル・マドリーのアルゼンチン人FWだけでなくイブラヒモビッチ、ルイス・スアレスの名前を上げている。

イタリア?

バルセロナの象徴であるバルセロナのDFプジョール。2015年まで契約延長をしているが、MARCATVはACミランに移籍する可能性があると報じている。プジョールはバルセロナへの愛情と共にミランへの憧れを明らかにしている。

外された

カシージャス擁護のコメントをしたレアル・マドリーのポルトガル代表DFペペ。マラガ戦の招集メンバーから外れている。

経験者は分かる

レアル・まどりーとの対戦を控えた記者会見でマドリーの話を中心に質問されたマラガ監督ペジェグリーニは「マドリーで監督を務めることはむずかしいもの」と監督を務めたものでなければわからないビッグクラブの難しさがあると語った。

また、自身の去就については契約延長の話がとまっていることを認めている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

興味

ドイツ紙ビルドはCL決勝進出を決めているボルシア・ドルトムントが来季の補強としてセビージャのスペイン代表MFヘスス・ナバスに興味を示しているとのこと。ヘスス・ナバスの違約金は2000万ユーロに設定されている。

ナバス自身も来季のセビージャ残留を明言しておらず、去就が注目されている。

獲得

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスはセルタDFラゴを獲得したことを発表した。また監督ルイス・ガルシアには複数年の契約延長オファーを提示することを伝えた。

レンタルメンバーを含むと31人の選手が来夏チームに所属することから選手の放出が一番の懸案事項であることも会長は口にしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第34節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
プリメラでホーム勝ちが少なくセグンダで波乱が起き、わずか5試合的中だった。
配当金は15試合で約74万ユーロ(約9,700万円)、
10試合で17.37ユーロ(約2,150円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:46 Fecha:05/05/2013)
Primera (1部) 9試合: 第34節 
Segunda(2部) 6試合 :第36節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):デポル-アトレティコ

リーガもあと5試合となっている。
バルサとマドリーの勝ち点差は11あり、
バルサが勝利しマドリーが引き分け以下だった場合、バルサの優勝が決定する。
マドリーは土曜日にホームでバジャドリー、バルサは日曜日にベティスと対戦。
しかしマドリーは今シーズンのホームゲーム、
公式戦全てで無敗を誇っており、バルサの優勝決定は翌節に持ち越しとなりそうだ。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バレンシア-オサスナ            予想:1
2、 ヘタフェ-ソシエダ             予想:12
3、 グラナダ-マラガ              予想:12
4、 セビージャ-エスパニョール         予想:1
5、 マドリー-バジャドリー           予想:1
6、 バルサ-ベティス              予想:1
7、 マジョルカ-レバンテ            予想:1
8、 サラゴサ-ラージョ             予想:1
9、 (Segunda)ラス・パルマス-スポルティング   予想:1
10、(Segunda)エルクレス-ウエスカ        予想:1
11、(Segunda)グアダラハラ-ミランデス      予想:1×
12、(Segunda)アルメリア-ラシン         予想:1
13、(Segunda)ビジャレアル-エルチェ       予想:1
14、(Segunda)ジローナ-アルコルコン       予想:12
15、デポル-アトレティコ             予想:2

カテゴリ - Video

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com