« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

土産はイブラ?

来季のレアル・マドリー監督就任が噂されているPSGのイタリア人監督アンチェロッティ。フランスメディアはマドリー監督就任の手土産としてイブラヒモビッチを連れて行く可能性があると報道している。

マンチェスター・シティ?

来季の監督続投についていぜん答えを出していないマラガのチリ人監督ペジェグリーニ。現時点ではプレミアリーグのチームへの移籍が大きく取り出されており、中でもベギリスタインがGMを務めるマンチェスター・シティが同監督招聘に一番力を入れているとのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

プレミア復帰?

英紙デイリースターはバルセロナのスペイン代表MFセスクが古巣アーセナルに復帰する可能性があると伝えている。同紙によればバルセロナでの成功をセスクは望んでいるものの、イングランド時代ほどチームの中で重要視されていないこと、バルセロナはセスクを放出し、勝ち得た金額で補強選手を取りに行くプランがあるとしている。

また、ロンドンにスペイン代表MFが家を買ったことも一つの要因に上げている。

待つ

契約延長打診を受けているバレンシア監督バルベルデ。金銭面、契約年数共に問題はなく合意は間近だが、クラブの体制が変わりプロジェクトが不透明な事から返事は留保している。

五輪誘致

目標であったプリメーラ残留をほぼ決定づけたバジャドリ―。今週末のサンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリー戦はユニホームにMadrid 2020と五輪招致のロゴをつけてプレーをするとのこと。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第33節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
上位陣は順調勝ちだったが、中位チームでの対戦でドローが出て10試合的中だった。
配当金は15試合で約4万ユーロ(約520万円)、
10試合で1.29ユーロ(約170円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:45 Fecha:28/04/2013)
Primera (1部) 8試合: 第33節 
Segunda(2部) 7試合 :第35節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):サラゴサ-マジョルカ

リーガも残すところあと6試合。
今節の注目はマドリードダービーだろう。
ホームのアトレティコは現在3位。ホームではプリメラ唯一の一桁代の8失点。
一方、CLでドルトムントに惨敗したレアルはアトレティコと勝ち点3差の現在2位。
アウェーでの失点はプリメラトップの好成績を誇る。
アトレティコが最後にホームで勝利したのは1999年と久しく勝利していない。
歴史は繰り返すか...


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ソシエダ-バレンシア         予想:1×
2、 マラガ-ヘタフェ           予想:1
3、 エスパニョール-グラナダ       予想:1
4、 バジャドリー-セビージャ       予想:1×
5、 アトレティコ-マドリー        予想:2
6、 アスレティック-バルサ        予想:2
7、 レバンテ-セルタ           予想:1
8、 (Segunda)コルドバ-ラス・パルマス  予想:2
9、 (Segunda)スポルティング-エルクレス 予想:1
10、(Segunda)レクレ-グアダラハラ     予想:1×
11、(Segunda)ムルシア-アルメリア     予想:×2
12、(Segunda)ルーゴ-ビジャレアル     予想:2
13、(Segunda)エルチェ-ジローナ      予想:1
14、(Segunda)アルコルコン-へレス     予想:1
15、サラゴサ-マジョルカ          予想:

カテゴリ - その他

固定リンク

ピッチで死ぬ

ボルシア・ドルトムントの前に大敗を喫したレアル・マドリー。イベントに参加し、メディアのインタビューを受けたカシージャスは「ウェンブリーへの道を探すためにピッチで死ぬぐらいのつもりで戦わないといけない」と逆転決勝進出を強く信じている。

また、監督モウリーニョとの関係については「プロフェショナルとしての関係はお互いリスペクトしている良い関係だが、個人の関係はシャビ・アロンソが話したようにそこまでの関係ではない」とメディアが騒ぐほどの確執があるわけでないと話した。

終わりじゃない

バルセロナのスペイン代表MFイニエスタはバイエルン・ミュンヘン戦の大敗でバルセロナの時代が終わったと話すのは妥当ではないと話した。イニエスタはこの5年間で2度のCL優勝、4度目のリーガタイトルを目前としたほか、多くのタイトルをとったタイトルに恵まれた時代は終わるかもしれないが、チームの強さが変わるわけではないと話している。

来季も

バルセロナ副会長バルトメウは来季もティト・ビラノバが監督を続けることを明言した。また、補強に関してはネイマール獲得に興味があることを認め、ビクトル・バルデスを今夏に放出する必要性はないと話している。

2年契約

今季終了後にデポルティーボ・ラ・コルーニャとの契約が切れるFWリキ。エスパニョールが2年契約のオファーを提示しているとのことだが、「今は自分の去就を話すことはクラブにとってサポーターにとって良くない。大事なのは目標を達成する事」とガリシアのチームがプリメーラ残留を決めることが最優先事項であると話している。

続けたい

レバンテ監督フアン・イグナシオ・マルティネスは来季もレバンテで指揮を取ることを望んでいることを話した。「レバンテでの指揮を本当に気に入っているし、大きな信頼をもらっている。けど、クラブの決断もあるから待たないといけない」とプリメーラ残留が決まるまでは去就については決定することはないと話した。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

出られる状態でなかった

バイエルン・ミュンヘン戦、良いところのなかったバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシ。同選手の代理人は試合当日の昼に父親から試合に出られるコンディションではないと打ち明けられていたことを話している。

また、Twitterでは”404 not found Messi"というツィートがされていた。

ビルバオ経由

2015年までの契約があるアスレティック・ビルバオのU-21スペイン代表FWムニアイン。違約金は3500万ユーロに設定されているが、ハビ・マルティネスを引き抜いたバイエルン・ミュンヘンが獲得に興味を示しているとのこと。

終わるまでは

マジョルカ戦でファインゴールを決めたラージョ・バジェカノFWピティ。クラブとの契約が今季終了後に切れるが、現時点ではクラブから契約延長のオファーはない。とはいえ、「シーズン終了までどこともサインをするつもりはない」とクラブが監督パコ・へメスとの契約延長を終えた後に交渉の席に着くことを望んでいる。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第32節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
前回は上位陣は順調に勝ったものの、デポルが勝利する等アウェー勝ちが多かったため、
8試合のみの当選だった。
配当金は15試合で約38万ユーロ(約5,000万円)、
10試合で4.71ユーロ(約600円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:44 Fecha:21/04/2013)
Primera (1部) 8試合: 第32節 
Segunda(2部) 7試合 :第34節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):セビージャ-アトレティコ

リーガも残すところあと7試合。
4位で好調をキープするソシエダはアウェーでオサスナと対戦。
順位的にはソシエダ圧倒的有利もアウェーで最後に勝ったのは02/03シーズンと相性は最悪。
ホームのオサスナは15位で順位をひとつでも上げて降格圏から離れたいところ。
じかしホームでは3連敗中で6試合勝利なし。
チケットは早々に完売し、両者の思惑が交錯する激しいゲームになることが予想されるが、
オサスナが自信を取り戻すきっかけになる意味でも同点が堅いか。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 オサスナ-ソシエダ             予想:×2
2、 バレンシア-マラガ             予想:1
3、 ヘタフェ-エスパニョール          予想:1
4、 グラナダ-バジャドリー           予想:1×
5、 マドリー-ベティス             予想:1
6、 デポル-アスレティック           予想:1
7、 バルサ-レバンテ              予想:1
8、 (Segunda)へレス-ラス・パルマス      予想:×2
9、 (Segunda)エルクレス-コルドバ       予想:×
10、(Segunda)ポンフェラディナ-スポルティング  予想:1
11、(Segunda)グアダラハラ-ウエスカ       予想:1
12、(Segunda)アルメリア-ヌマンシア       予想:1
13、(Segunda)ジローナ-ルーゴ          予想:1
14、(Segunda)アルコルコン-エルチェ       予想:1×
15、セビージャ-アトレティコ           予想:×

カテゴリ - その他

固定リンク

話はない

戦線復帰を果たしたバルセロナのフランス人DFアビダル。本人は後、2,3年現役でプレーをすることを望んでいるが、現時点ではクラブから契約延長の話はまだないとのこと。

頭を離れない

マラガDFデミチェリス。未だCL対ボルシア・ドルトムント戦の敗戦を忘れることが出来ず、「今では傷ではなく、傷痕だけど、忘れることは出来ないし、頭の中に今でもある」とキャリアの中でも忘れる事の出来ない試合の1つ蜷田と話している。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

やりづらい相手

相変わらず、シーズンを通して安定した戦いをすることのできないエスパニョール。アギーレ監督就任以降調子を上げ、次節ヘタフェ戦で残留のボーダーラインとなる勝点42を突破するが、カプデビラは「リーガで自分達が相手にとってやりづらい相手だと思う。ソリッドなチームに今はなったし、ホームでは強さを発揮している」と自信を見せている。

2年契約

バレンシアのポルトガル人DFリカルド・コスタはクラブの提示する減額の年俸を受け入れ、1年のオプション付きの1年契約にサインをするとのこと。

金じゃない

2014年の1年の契約延長更新に首を横に振ったベティス監督ペペ・メル。「他チームに行く可能性はあるが、その考えは自分にはなく、お金の問題でもない」と契約延長にはチームをしっかりと作ることのできる複数年契約の提示が必要だと話している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

誰かの彼女とは違う

メッシのユニホームを切り刻むように頼まれたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの彼女イリーナ。ユニホームを切ることはなく、レポーターの髪を切るポーズ(切った)を見せている。

べらべらとチームの内情を話してしまうある選手の彼女とは違う大人の対応を見せている。

順調

PSG戦で負傷したバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシ。順調な回復を見せており、週末のレバンテ戦では数分間問題なく出場できるとのこと。

続投

プリメーラ残留を賭けた戦いを続けているデポルティーボ・ラ・コルーニャ。監督フェルナンド・バスケスとの契約は今季終了までだが、プリメーラ残留の場合は自動延長、降格の際も契約を延長する意向とのこと。

長くトップチーム監督を離れていたフェルナンド・バスケスだが、その分かりやすい性格、パフォーマンスでコルーニャサポーターを鼓舞し続けている。

訴え

去就が注目されているマラガ監督ペジェグリーニ。プロジェクトなどに興味を示しているが、代理人はチームの給料未払いに関して告訴をしており、チリ人監督の来季去就は未だ闇の中に。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第31節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
前回はホーム勝ちが多く比較的順調な当選で11試合に到達。
配当金は15試合で約84,000ユーロ(約1,200万円)、
10試合なし、11試合で3.31ユーロ(約400円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,120円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:43 Fecha:14/04/2013)
Primera (1部) 8試合: 第31節 
Segunda(2部) 7試合 :第33節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):エスパニョール-バレンシア

マドリーは最後のサン・マメスでエスパニョールと対戦。
約100年の歴史あるサン・マメスは今シーズン、終了後、取り壊しが行われ
アスレティックは側の新スタジアムで戦うことになる。
サン・マメスはマドリーにとって最もアウェーを戦っているところ。
これまでの101試合の対戦(リーグ81、コパ20)で勝利したのは37回だった。
しかし近年の成績を見るとマドリー圧倒的有利は間違いない。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラージョ-ソシエダ          予想:1×
2、 マラガ-オサスナ           予想:1
3、 バジャドリー-ヘタフェ        予想:×2
4、 アトレティコ-グラナダ        予想:1
5、 アスレティック-マドリー       予想:2
6、 レバンテ-デポル           予想:1
7、 サラゴサ-バルサ           予想:2
8、 (Segunda)ラス・パルマス-エルクレス 予想:×
9、 (Segunda)コルドバ-ポンフェラディナ 予想:1
10、(Segunda)ウエスカ-サバデル      予想:1
11、(Segunda)ミランデス-アルメリア    予想:×2
12、(Segunda)ムルシア-ビジャレアル    予想:2
13、(Segunda)ラシン-ジローナ       予想:2
14、(Segunda)ルーゴ-アルコルコン     予想:×2
15、エスパニョール-バレンシア       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

我慢の時

飽きることなくレアル・マドリーの守護神論争を続けているスペインメディア。レアル・マドリーOBのミチェル・サルガドは「イケルの実力は疑いようないけど、怪我をしている間、ディエゴ・ロペスは素晴しい試合をしたし、カシージャスは今は待つしかない」と友人を後押しするのではなく、モウリーニョと同意見であることを話している。

苦しい

経済難に陥っているバレンシア。会長も交代と良い話が全くない中、監督バルベルデは「契約延長の話をするのには難しい状況」と交渉は進んでいないことを口にしている。また、アルゼンチン人MFティノ・コスタは「この夏、選手の皆がオファーを聞くことになると思う」と主力だけでなくチーム全体、メンバーが一新される可能性を話した。

意思はない

バルセロナの前に後一歩及ばず敗戦したPSG。オーナーのナセル・アル・ケライフィは「敗退は残念だが、チームを誇りに思う」とMARCATVに話した。また、今夏の移籍市場で獲得が噂されているレアル・マドリー監督モウリーニョとクリスティアーノ・ロナウドについてはあらためて獲得の意思がないことを口にしている。

1800万ユーロ

ベティスとのセビージャダービーを控えているセビージャのスペイン代表FWネグレド。これまでもトッテナム、チェルシーなどが獲得候補に名前が挙がっていたが、新たにブンデスリーガのボルシア・ドルトムントがネグレド獲得に興味を示しているとのこと。

間に合うけど

衝撃的な逆転負けをドルトムントに喫したマラガ。フランス人MFトゥラランが同試合で右足の指を骨折。クラブの見解ではシーズン終盤最後の数試合には出場できる可能性があるとのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

罰金

スペイン反暴力委員会はCLレアル・マドリー対ガラタサライ戦でトルコサポーターが危険な発煙筒を煌々と炊いたことからマドリーに6,000ユーロの罰金。また、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でスタジアムのコントロールがしっかり出来ていなかったことから、マジョルカ60,001ユーロの罰金を命じている。

ユナイテッド

Marcaはアトレティコ・マドリーのコロンビア人FWが今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍すると伝えている。同選手にはチェルシーやレアル・マドリーが食指を伸ばしていると言われていたが、Marcaによれば違約金は5500万ユーロ支払われ、既にその一部が支払われているとのkと。

バルサなら

バルセロナの来季の補強リスト筆頭と言われているバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFフンメルス。「99%オファーは断るが、バルセロナは数少ない移籍を検討したいクラブ」と今夏のバルセロナ移籍の可能性を示唆している。

新たなオファー

デポルティーボ・ラ・コルーニャのプリメーラ残留に向けて欠く事の出来ないチーム得点王のリキ。今季終了後に契約が切れる為、エスパニョール、サラゴサ、ヘタフェなどが興味を示しているが、ガリシアのチームは契約延長を願い、新たなオファーを出したとのこと。

偶然から

レバンテは元アスレティック・ビルバオMFジェステを今季終了まで獲得することを検討しているとのこと。偶然、ジェステとセカンドコーチが夕食を取る機会があり、そこからチーム加入の話が出てきたとのこと。

今夏、アラブ首長国連邦のチームとの契約を終えた33歳MFは現役続行を希望し、フォームを維持している。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

PSGがいい

レアル・マドリー監督モウリーニョはバルセロナ対PSGの勝者にパリのチームを選んだ。理由は至極明確で、「パリには友達がいるが、バルセロナには友達がいない」からとのこと。ポルトガル人監督にとって古巣は決して心休まる地ではないようだ。

カテゴリ -

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第30節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

バルサ、マドリーとドローが多発し的中はわずかに5試合のみ...
全15、14試合的中者は一人もいなかった、
※購入金額は毎回8ユーロ(約960円,1ユーロ=120円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:42 Fecha:07/04/2013)
Primera (1部) 8試合: 第30節 
Segunda(2部) 7試合 :第32節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):デポル-サラゴサ

今節の注目はソシエダvsマラガのチャンピオンズ圏内をかけた対決。
ソシエダは前節、ボールを支配しながらもエスパニョールとアウェーでドロー。
マラガはアウェーながら好調ラージョに快勝。
ホームのCLではドルトムントに引き分けていた。
ソシエダはアウェーでマドリーに負けてからバルサ、アトレティコを撃破し、
10戦負けなし。ソシエダ有利は堅そうだ。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ソシエダ-マラガ              予想:1
2、 オサスナ-エスパニョール          予想:×2
3、 バレンシア-バジャドリー          予想:1
4、 ヘタフェ-アトレティコ           予想:1×
5、 マドリー-レバンテ             予想:1
6、 バルサ-マジョルカ             予想:1
7、 セルタ-ラージョ              予想:×1
8、 (Segunda)ポンフェラディナ-ラス・パルマス 予想:1
9、 (Segunda)グアダラハラ-コルドバ      予想:×1
10、(Segunda)サバデル-スポルティング      予想:1
11、(Segunda)アルメリア-レクレ         予想:1
12、(Segunda)ビジャレアル-ヌマンシア      予想:1
13、(Segunda)ジローナ-ムルシア         予想:1
14、(Segunda)アルコルコン-ラシン        予想:1
15、デポル-サラゴサ               予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第29節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

セグンダでアウェー勝ちが多発し8試合の的中で終わってしまった。
配当金は全15試合で約59,000ユーロ(約700万円)、
10試合では1.59ユーロ(約190円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約960円,1ユーロ=120円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:39 Fecha:17/03/2013)
Primera (1部) 8試合: 第28節 
Segunda(2部) 7試合 :第30節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):オサスナ-アトレティコ

注目はアトレティコ-バレンシア。
前節、難しいと思われたオサスナとのアウェーゲームにアトレティコ勝利。
バレンシアは徐々に順位を上げ、5位にまで浮上し、3位アトレティコとの差は5。
しかしバレンシアはアウェー4勝3分6敗と苦戦している。
一方、アトレティコはホーム13勝1敗と圧倒的な強さ。
アトレティコ優勢は間違いないだろう。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラージョ-マラガ           予想:1
2、 エスパニョール-ソシエダ       予想:1
3、 バジャドリード-オサスナ       予想:1
4、 レバンテ-セビージャ         予想:1×
5、 サラゴサ-マドリー          予想:2
6、 マジョルカ-デポル          予想:1
7、 セルタ-バルサ            予想:2
8、 (Segunda)エルクレス-ポンフェラディナ予想:1
9、 (Segunda)コルドバ-サバデル     予想:1
10、(Segunda)ウエスカ-アルメリア     予想:×2
11、(Segunda)ミランデス-ビジャレアル   予想:×2
12、(Segunda)ヌマンシア-ジローナ     予想:1×
13、(Segunda)ムルシア-アルコルコン    予想:2
14、(Segunda)ラシン-エルチェ       予想:2
15、アトレティコ-バレンシア        予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com