« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

キニエラでGO!! 12/13シーズン第26節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

前節はアウェー勝ちが多く、セグンダで躓き
9試合的中で配当金に到達できなかった。
全15試合的中はなし、14試合は21万ユーロ(約2,500万円)、
10試合での配当金は約7ユーロ(約850円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約960円,1ユーロ=120円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:37 Fecha:03/03/2013)
Primera (1部) 8試合: 第26節 
Segunda(2部) 7試合 :第28節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マドリー-バルサ

注目は当然、クラシコ。
火曜日のコパ・デル・レイではアウェーながらマドリーが1-3での大勝利を収め、
決勝進出を決め、アトレティコとマドリードダービーを戦うことになった。
しかし過去5年のベルナベウクラシコはマドリー1勝1分3敗と分が悪い。
今シーズン最初のスーペルコパではマドリーがタイトル獲得。
カンプ・ノウでのリーガではドローと
スーペルコパ、リーガ、コパと3戦連続負けておらず、マドリーの勢いが強いか。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バジャドリー-エスパニョール    予想:2
2、 マラガ-アトレティコ        予想:21
3、 ソシエダ-ベティス         予想:1
4、 オサスナ-アスレティック      予想:1
5、 バレンシア-レバンテ        予想:1
6、 グラナダ-マジョルカ        予想:1
7、 デポル-ラージョ          予想:1×
8、 (Segunda)エルクレス-アルメリア  予想:2
9、 (Segunda)コルドバ-ビジャレアル  予想:×1
10、(Segunda)スポルティング-ジローナ  予想:×2
11、(Segunda)ウエスカ-アルコルコン   予想:1
12、(Segunda)レクレ-エルチェ      予想:2
13、(Segunda)ミランデス-ルーゴ     予想:
14、(Segunda)ヌマンシア-ラシン     予想:
15、マドリー-バルサ           予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

桃白白

一部バルセロナファンから桃白白と呼ばれているピントのヘア。

1361817005_extras_noticia_foton_7_0.jpg

皮肉

バルセロナとの国王杯準決勝を控えるレアル・マドリー。久しぶりに監督モウリーニョが記者会見に出席。バルセロナのセカンドコーチ、ジョルディ・ロウラがウンディアーノ・マジェンコの笛のもとでは成績が悪いと話したことに関して「自分達はバルセロナに昨シーズン教わった教訓を大事にしたい。判定について話さないこと、審判を囲まないこと、カードを誘発しないこと、もちろん素晴らしいサッカーをしていること」と皮肉以外何者でもないコメントをしている。

世界トップ3がいる

レアル・マドリーとの国王杯を控えているバルセロナ。MFセスクは得点をすることの重要性を訴えている。また、ACミランに敗戦したほか、結果ほどパフォーマンスが上がっていないチームだが、バルセロナにはメッシ、イニエスタ、セスクと世界トップ3がいるチームと自信を見せている。

全部が決戦

バレンシア戦に続き、ヘタフェの前にも逆転負けを喫し、勝ち星を重ねることに失敗したマジョルカ。MFアルファロは「これからの試合は生きるか死ぬかの試合」と定義しており、背水の陣で挑むとのこと。現在、マジョルカは17位サラゴサと勝ち点差7の19位に低迷している。

運もある

プリメーラでプレー以降、一度もPKを外していないヘタフェMFディエゴ・カストロ。リーガ記録まであと1と迫っているが、「成功の秘訣は正確性もあるけど、運もある」と話している。また、マジョルカ戦後には「記録に並んだら蹴るのをやめようか」と冗談を飛ばしていたが、キッカーに任命されつつ蹴る限り、蹴り続けるとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第25節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

前節は波乱が少ない順当勝ちが多く、
11試合的中で今シーズン3度目の配当金1.84ユーロ(約220円)獲得となった。
15試合的中は55,000ユーロ(約65万円)、
10試合での配当金は0だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約960円,1ユーロ=120円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:36 Fecha:24/02/2013)
Primera (1部) 9試合: 第25節 
Segunda(2部) 6試合 :第27節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):サラゴサ-バレンシア

注目はアトレティコ-エスパニョール。
アトレティコはヨーロッパリーグ敗退し調子を落としている。
一方、エスパニョールはハビエル・アギーレに監督が代わった後の11試合、
6勝4分1敗という好成績を出している。
今シーズン最初の対戦ではアトレティコがアウェー0-1で勝利。
またリーグ戦ではホーム唯一の全勝を飾っており、
エスパニョールの調子はいいが、アトレティコ優勢は変わらないだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラージョ-バジャドリー         予想:1
2、 アトレティコ-エスパニョール      予想:1
3、 ベティス-マラガ            予想:2×
4、 レバンテ-オサスナ           予想:1
5、 マジョルカ-ヘタフェ          予想:×1
6、 セルタ-グラナダ            予想:1
7、 バルセロナ-セビージャ         予想:1
8、 デポル-マドリー            予想:2
9、 (Segunda)ヘレス-サバデル       予想:1×
10、(Segunda)ビジャレアル-ラス・パルマス  予想:1
11、(Segunda)ジローナ-コルドバ       予想:1
12、(Segunda)アルコルコン-スポルティング  予想:1
13、(Segunda)ルーゴ-レクレ         予想:×1
14、(Segunda)ムルシア-ヌマンシア      予想:×
15、サラゴサ-バレンシア           予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

チャンスがない

レアル・マドリー・カスティージャのU-21スペイン代表FWヘセ。Marcaのインタビューの中で「何故、自分にチャンスが回ってこないのかがわからない。下部組織の選手がトップに上がる可能性は少ない」と不満を示し、シーズン終了後のチーム退団の可能性を示唆している。

退団か

エスパニョールのアルゼンチン人GKクリスティアン・アルバレス。今季で契約が切れるため去就が注目されているが、代理人は現時点では合意に達しておらず、チームを退団する可能性が高いことを語っている。候補として上がっているのがベティス。

PSGも

去就が注目されているアトレティコ・マドリーのコロンビア代表FWファルカオ。チェルシーが6000万ユーロのオファーを準備していると言われているが、PSGも新たに参戦したとフランス紙が報道。ファルカオはパリクラブのプロジェクトに興味がなかったが、イブラヒモビッチとのコンビに興味を示しているとのこと。

アンチェロッティ

フランス紙Le Parisanはレアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスがPSG監督アンチェロッティと来季の監督就任について交渉をスタートさせたと報じている。

後釜

バレンシアはMFアルベルダの後釜としてレバンテMFイボーラの獲得を検討している。イボーラの契約は1年半あり、違約金は600万ユーロだが、代表招集された場合には900万ユーロとなる。

契約延長

アトレティコ・マドリーはアルゼンチン人監督シメオネと4年の契約延長で合意に。公式発表は国王杯対セビージャ戦後に行われる予定。クラブとアルゼンチン人監督は2か月間交渉を行っていた。

交渉開始

アトレティコ・マドリーやイングランドのスウォンジ、ウィガンからオファーを受けていると言われているエスパニョールMFベルドゥ獲得にセビージャが新たに手を上げ、代理人との交渉を始めている。

ベルドゥーはエスパニョールからの契約延長オファーを待っており、交渉は決して簡単ではない。

3週間

マジョルカ戦で負傷したバレンシアのフランス人DFラミ。診査の結果、左足の4?の筋断裂が判明し、全治に3週間必要とのこと。このため、フランス人DFはパリで行われるPSG戦の欠場が濃厚に。

話しちゃダメ

ここ6試合で3得点と調子を上げて来ているヘタフェFWコルンガ。チームは残留以上に欧州出場権が近いことから6位入賞を期待されているが、「そういう話を今の状態でしたら自分達は欧州にはいけない」と残り6試合になり、可能性があったら話すべきだと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

70万ユーロの支払い

スポーツ審査裁判所はマジョルカに対してマルティ―獲得に関して未払いであった70万ユーロをセビージャに支払うことを命じた。2010年に下部組織出身MFを獲得したラス・パルマスのクラブだが、支払いを怠っており、セビージャはLFPを通して告訴をしていた。

下部組織で

ジダンがレアル・マドリーの下部組織、高校生世代の監督に就任することをMarcaが報道。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第24節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

アトレティコが負け、ホーム勝ちが少なかった前節。
9試合的中で配当金ならず。
15試合的中はわずか1名で約46万ユーロ(約5,700万円)、
10試合で14.82ユーロ(約1,900円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,000円,1ユーロ=125円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:34 Fecha:17/02/2013)
Primera (1部) 9試合: 第24節 
Segunda(2部) 6試合 :第26節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):エスパニョール-ベティス

ついに公式戦ホーム20連勝が止まった2位アトレティコは
アウェーで10位バジャドリーと対戦する。
バジャドリーはベティスから前節、アウェーで価値ある1ポイントを獲得。
アトレティコはリーグ戦アウェーでラージョに敗れ、
木曜日にはホームでヨーロッパリーグを戦い、
今シーズン、初黒星を喫してしまった。
バジャドリーのホームでの対戦は3シーズンぶりとなるが、
過去5シーズンの結果はバジャドリー3勝1分1敗となっている。
今対戦はどちらに転ぶか分からない...


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バジャドリー-アトレティコ     予想:1(2)
2、 マラガ-アスレティック       予想:1
3、 ソシエダ-レバンテ         予想:1
4、 オサスナ-サラゴサ         予想:1
5、 バレンシア-マジョルカ       予想:1
6、 へタフェ-セルタ          予想:1
7、 グラナダ-バルセロナ        予想:2
8、 マドリー-ラージョ         予想:1
9、 (Segunda)グアダラハラ-アルメリア 予想:×(2)
10、(Segunda)エルクレス-ビジャレアル  予想:2(×)
11、(Segunda)コルドバ-アルコルコン   予想:1(2)
12、(Segunda)スポルティング-エルチェ  予想:2
13、(Segunda)レクレ-ラシン       予想:1
14、(Segunda)ミランデス-ムルシア    予想:1
15、エスパニョール-ベティス       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

オファーはたくさん

マラガ監督マヌエル・ペジェグリーニにローマが正式オファーを出したものの、代理人はシーズン途中であることから断りを入れたことを明らかに。チリ人監督にはチェルシーをはじめ、非公式でいくつかの打診が届いているとのことだが、去就に関しては4,5月に決定すると同代理人は話している。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

似ていますね

マドリーのロウ人形美術館にスペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケが仲間入り。

もう負けられない

2007年のセルタ監督以来5年ぶりにプリメーラ監督に復帰したデポルティーボ・ラ・コルーニャの新監督フェルナンド・バスケス。チームはセビージャと対戦を控えているが「これ以上負けも引き分けも許されない」とプリメーラ残留の為には勝ち続けなければいけないと話した。

再入院

バルセロナのスペイン代表FWビジャは腎疝痛の痛みが続くことから再入院。グラナダ戦の欠場が余儀なくされた。

ゲーム通りに?

PSGとの対戦を控えるCL。ゲームではティノ・コスタのゴールで1対0と勝利。

3人目

デポルティーボ・ラ・コルーニャは1勝4敗1引き分けと成績不振から監督ドミンゴスが辞任。後任にフェルナンド・バスケスが就任した。契約は今季終了まで。

50まで

バルセロナはGKピントと2014年までの契約延長を発表。ピントはプジョール以上に「50歳まで現役でプレーを続けたい」と喜びのコメントを残した。

16時

サンティアゴ・ベルナベウで行われるリーガ26節レアル・マドリー対バルセロナは3月2日16:00に決定。マドリーはマンチェスター・ユナイテッド戦を控えていることから金曜日の試合開催をLFPに陳情していたが、金曜日開催をLFPは拒否し、土曜日一番早い時間帯で行う事を決めた。

入院

バルセロナのスペイン代表FWビジャは腎疝痛で緊急入院。今週末のグラナダ戦出場が微妙とのこと。

やりすぎでしょ

レアル・マドリーの選手達をハイエナと比較して紹介したバルセロナ地元TV TV3。
メッシが被害者だと言いたかったが、やりすぎたとマドリーが法的な訴えをする前に謝罪。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第23節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

マドリー敗戦、バルサドローの前節。
9試合的中で配当金ならず。
15試合的中はわずか1名で約155万ユーロ(約2億円)、
10試合で6.74ユーロ(約800)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,040円,1ユーロ=130円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:31 Fecha:10/02/2013)
Primera (1部) 9試合: 第22節 
Segunda(2部) 6試合 :第24節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ソシエダ-マジョルカ

今節の注目はラージョ-アトレティコのマドリードダービー。
ラージョは現在7位でCL圏内4位のマラガとの差はわずか2。
アトレティコは前節、ベティスに勝利し
公式戦ホーム20連勝を記録し2位をキープ。
首位バルサとは9、3位マドリーとは7差。
リーグ戦はホーム12戦全勝だが、
アウェーでは4勝2分4敗とふるってはいない。
一方ラージョはホーム7勝1分3敗と引き分けが少ない。
この試合、両者とも守らず、打ち合いになるかもしれない。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラージョ-アトレティコ      予想:12
2、 アスレティック-エスパニョール  予想:1
3、 サラゴサ-ソシエダ        予想:1
4、 マジョルカ-オサスナ       予想:1
5、 セルタ-バレンシア        予想:12
6、 バルサ-へタフェ         予想:1
7、 デポル-グラナダ         予想:1
8、 マドリー-セビージャ       予想:1
9、 (Segunda)ジローナ-エルクレス  予想:1
10、(Segunda)エルチェ-コルドバ    予想:1
11、(Segunda)ルーゴ-スポルティング  予想:1×
12、(Segunda)ラシン-ウエスカ     予想:1
13、(Segunda)ムルシア-レクレ     予想:1
14、(Segunda)ヌマンシア-ミランデス  予想:1×
15、レバンテ-マラガ          予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

日本人と

バルセロナのスペイン代表MFセスクが、バルセロナの日本食レストランの大将とCMで共演。

10度目のタイトル

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。28歳の誕生日を迎えたポルトガル人FWは誕生日プレゼントとしてクラブ10度目のCLのタイトルを望んでいる。

アトレティコだけ

移籍の噂が絶えないアトレティコ・マドリーのコロンビア代表FWファルカオだが、「契約は3年以上あるし、ここでのプレーに満足している。選手として成長したいし、リーガのタイトルを争いたい。それにヨーロッパリーグ、国王杯準決勝と戦いがあるし、今はアトレティコだけに集中している」とマドリーのクラブでのプレーに満足していることを語った。

まだない

セビージャ会長ホセ・マリア・デル・ニードはアルゼンチンのラシンへレンタル移籍の噂があるアルゼンチン人MFペロッティに関して、現時点ではオファーは受けていないが、クラブの利益を考えて検討すると話している。

ペロッティは度重なる膝の故障を重ねており、完全復活を図るために母国で再起を掛けることが言われている。

全治5か月

ベンフィカへレンタル移籍中のエスパニョールのポルトガル人MFルイ・フォンテはデビュー戦となったウニオン・マデイラとの試合で右ひざを負傷。全治5か月の重傷で、手術を行うことに。

歓迎されてない

ホアキン・カパロス監督解任から3年ぶりにマジョルカに復帰した監督グレゴリオ・マンサーノ。契約は今季終了までで、会見に出席したマンサーノは「家に帰ってきた。皆で一つになりこの状況を脱出したい」と所信表明を行ったが、練習場ではサポーターが「マンサーノ出ていけ」の横断幕を張るなど決して歓迎ムードはなかった。

歓迎されてない

ホアキン・カパロス監督解任から3年ぶりにマジョルカに復帰した監督グレゴリオ・マンサーノ。契約は今季終了までで、会見に出席したマンサーノは「家に帰ってきた。皆で一つになりこの状況を脱出したい」と所信表明を行ったが、練習場ではサポーターが「マンサーノ出ていけ」の横断幕を張るなど決して歓迎ムードはなかった。

復帰

代表組14人がいないことから下部組織と共に練習を行ったバルセロナ。一番のニュースはこれまで肝臓移植の為戦列を離れていたフランス人DFアビダルがチームと同じリズムでメニューを消化した事。

考えていない

スペイン代表復帰を果たしたセビージャFWネグレド。一時期メンバーから外れていたものの、自身が代表に呼ばれる時期は終わったわけではないと言い聞かせていたとのこと。今回、フェルナンド・トーレス、ソルダードがメンバーから外れており、ビジャに次ぐFWのセカンドオプションとなっている。

復帰

ラフィータ、マネ、バレーラと主力に怪我人が続出しているヘタフェ。バルセロナ戦に向けての朗報は右ひざ捻挫で戦列を離れていたMFペドロ・レオンが復帰し、同試合での試合出場が可能となったこと。また、ロポ、ミゲル・トーレスもデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦は累積警告などで出場停止だったが、バルセロナ戦で復帰を果たす。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

メンバー入り

レアル・マドリーは冬の移籍市場で獲得したGKディエゴ・ロペスとカスティージャのブラジル人DFカセミロをCLのメンバーに登録。マンチェスター・ユナイテッド戦での出場の可能性も出ている。

解任

マジョルカは成績不振から監督ホアキン・カパロスを解任。後任にはグレゴリオ・マンサーノの名前が挙がっている。マジョルカは9月23日にはCL圏内の4位にいたが、その後勝ち点を伸ばすことが出来ずに降格圏の19位に落ちている。

ドーピング

元レアル・ソシエダ会長イニャキ・バディオラは主任前6年間でアンダーグラウンドのお金でドーピング薬を購入していたと告発。告発されたクラブは否定しているが、今後の動向が注目される。

全治2週間

バルセロナのスペイン代表MFシャビはバレンシア戦で負傷。右足大腿二頭筋の筋挫傷で全治2週間。スペイン代表を辞退したほか、ヘタフェ戦の欠場が濃厚。グラナダ戦も出場微妙だが、ACミランとのCL戦に向けて調整していく。

アウト

ラージョ・バジェカノ戦で負傷交代したセビージャのブラジル人DFシシーニョ。診断の結果、右ひざ内側靭帯のレベル2の捻挫で全治7日から10日。週末のレアル・マドリー戦を欠場することに。レジェスは左足首のレベル1の捻挫だが、順調な回復を見せており、全体練習に参加できる。

いける

降格候補の最有力候補だったものの、ここまで上位に位置しているバジャドリ―。ヘスス・ルエダは自分達の目標は今までと変わらないと話したほか「この調子でいけば目標は達成できる」とプリメーラ残留が出来ると自信を見せた。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第22節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

アウェー勝ちが比較的多かった前節。
アトレティコはアスレティックに惨敗しており、
8試合的中で配当金には届かなかった。
15試合的中は35,000ユーロ(約420万円)、
10試合で0ユーロ、11試合で1.66(約200円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約960円,1ユーロ=120円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:30 Fecha:03/02/2013)
Primera (1部) 9試合: 第22節 
Segunda(2部) 6試合 :第24節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ソシエダ-マジョルカ

マドリーはアウェーでグラナダと対戦する。
すでに今シーズン、レアルはアンダルシアのクラブに3敗中。
しかし不在者多数のチームでバルサとドローと上がり調子。
一方、ホームのグラナダは新監督、
新選手4人と大幅な入れ替えが予想される。
まだまだフィットしないことが考えられ、マドリー有利か。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 アトレティコ-ベティス        予想:1
2、 エスパニョール-レバンテ       予想:1
3、 マラガ-サラゴサ           予想:1
4、 オサスナ-セルタ           予想:1
5、 バレンシア-バルサ          予想:2
6、 へタフェ-デポル           予想:1×
7、 グラナダ-マドリー          予想:2
8、 セビージャ-ラージョ         予想:1
9、 (Segunda)グアダラハラ-ビジャレアル 予想:2
10、(Segunda)ポンフェラディナ-ジローナ 予想:1×
11、(Segunda)ラス・パルマス-エルチェ  予想×2
12、(Segunda)コルドバ-ルーゴ      予想:1
13、(Segunda)スポルティング-ラシン   予想:1
14、(Segunda)ミランデス-ヘレス     予想:×1
15、ソシエダ-マジョルカ         予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com