« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2013年カレンダー

アトレティコ・マドリー・フェミーナスの2013年カレンダー。
岩倉は4:38秒に。

素晴しい

選手として素晴らしい結果を残したディエゴ・マラドーナ。監督としては賛否両論が分かれているが、ASのインタビューの中でレアル・マドリー監督モウリーニョがカシージャスをベンチに置いたことに関しては「素晴らしいと思う。モウリーニョが決定権を持つ人物。それで勝利したり負けたり引き分けたり結果がある。モウリーニョが監督であり、カシージャスだろうが他のものが何を言ってもそれは変わらない。監督を起用するなら我慢するのが必要だし、GKも同じ。左サイドバックも同じ。例えばアルベロアだが、ダニエル・アルベスとの比較もなくマドリーでプレーをしている。彼の力に誰が疑問を持つだろうか。アルベロアは何点を決めている。シュートを何本放っている。それぞれのポジションで一番の選手を誰かベストのチームの話をするなら話をしよう」とチームとして一番の起用をするのが監督であるとポルトガル人監督を擁護した。

延長する

契約延長が疑問視されているレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関して代表でもチームメートであるDFペペは「マドリーで幸せだしチームの力になることに集中している。間違いなく契約延長をするだろう」とポルトガルのTVで話をした。

一方、モウリーニョについては「何をするかはわからない。監督は未来を知っているけど、出来るなら残って欲しいし、彼の力が自分達には必要」と確信を持つことはなかった。

何もない

クラブの財政事情から主力放出が噂されているセビージャ。スペイン代表MFヘスス・ナバスだが現時点では重要なオファーはなく、「自分は日々の仕事に集中している。オファーはまだないし、セビージャに集中しているし、ここでのプレーを楽しんでいる」と気を留めていないとのこと。

最後通告か

降格圏内にあるデポルティーボ・ラ・コルーニャ。会長のセサル・レンドイロと監督ホセ・ルイス・オルトラが会談を行い、去就を決定するとのこと。チームは31日の月曜日に練習を再開する。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第17節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
2位アトレティコが首位バルサに敗れ、
マドリーがエスパニョールにホームで痛恨のドローとなった前節。
的中はわずかに6試合と少なかった。
15、14試合の配当金なし。
13試合で9万ユーロ(900万円)、
10試合でも36.97ユーロ(約3,700円)と超高額だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約800円,1ユーロ=100円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:26 Fecha:21/12/2012)
Primera (1部) 10試合: 第17節 
Segunda(2部) 5試合 :第19節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ベティス-マジョルカ

年内最後となる今節。
バルサにはビラノバ監督が腫瘍除去により手術を要するという
激震が走っている。
しかし前節は2位アトレティコに4-1の快勝を収め勝ち点差9。
万全の状態で年を越せることになった。
その対戦相手はバジャドリーで、
昇格したばかりも勝ち点22で8位につけているチーム。
前回のホームではマドリーを追い込みながらも2-3で敗れ去ったが、
ここ5戦の成績はアウェーでセビージャに勝つなど2勝1分2敗。
バルサのバジャドリーとのホーム最新5シーズンの対戦成績は3勝2分。
しかしここ3年間は全試合4得点以上で圧勝している。

エスパニョールと分けたモウリーニョが
事実上の敗北宣言をしていた勝ち点33で3位のマドリーは
勝ち点28で4位のマラガとアウェーで対戦する。
ここ5シーズンのマラガホームの成績はマラガ1分4敗と惨敗。
またホーム成績は5勝1分2敗と絶対的な強さを見せていない。
これ以上、本当に負けられないマドリーの真価が問われる
ゲームとなるだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バレンシア-ヘタフェ        予想:×(1)
2、 オサスナ-グラナダ         予想:1
3、 ソシエダ-セビージャ        予想:1(×)
4、 マラガ-マドリー          予想:2
5、 エスパニョール-デポル       予想:1
6、 バジャドリー-バルサ        予想:2
7、 アトレティコ-セルタ        予想:1
8、 アスレティック-サラゴサ      予想:1
9、 ラージョ-レバンテ         予想:1(2)
10、(Segunda)スポルティング-ウエスカ  予想:1
11、(Segunda)コルドバ-レクレ      予想:×
12、(Segunda)ポンフェラディナ-ムルシア 予想:1
13、(Segunda)グアダラハラ-ラシン    予想:1
14、(Segunda)サバデル-ルーゴ      予想:1(×)
15、ベティス-マジョルカ         予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

公式ではない

現在論争となっているバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシの年間通算最多得点記録。UEFAは同記録はUEFAの公式のものではないとしてミュラーもメッシもザンビアのチタルの107得点も認めていない。

選べない

レアル・マドリーのスペイン代表GKカシージャス。最優秀監督にクラブではモウリーニョ、代表ではデル・ボスケと二人が選ばれているが、「どちらも獲得するだけの働きを見せている。どちらを選ぶことは出来ないよ」と記者の誘導尋問を免れている。

ない

就任直後、同じ対戦相手とはいえオサスナに2連勝を飾ったバレンシア監督バルベルデ。古巣アスレティック・ビルバオが低空飛行な事から来季の監督就任の噂が出ているが、「そんなものは微塵もない。バレンシアで良い仕事をしたい。クラブが自分の仕事に満足してくれてシーズン終了後、結果を分析してくれればよい」と今季で契約は終了するが、バレンシアで監督を続けたい意思を見せている。

誰もしっかりと評価していない

ヘタフェ監督ルイス・ガルシアは国王杯で3対0と完敗したアトレティコ・マドリーについて「今シーズンは本当に素晴らしいシーズンを過ごしているが、誰もこの国ではアトレティコをしっかりと評価していない」とシメオネ率いるアトレティコは誰もが認めるべき強豪であると話している。

また、オサスナ戦については「今年一番の大切な試合。勝てば、試合時間から言って一時のものかもしれないが、CL出場権内4位に入れる」とチーム歴代最高順位に着くことを目指している。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第16節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

比較的、無難な結果に終わった前回。
10試合的中したが配当金はなし...
15試合で55,000ユーロ(約550万円)、
11試合2.39ユーロ(約239円)と安かった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約800円,1ユーロ=100円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:25 Fecha:16/12/2012)
Primera (1部) 9試合: 第16節 
Segunda(2部) 6試合:第18節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):セビージャ-マラガ

注目は首位対決となるバルサvsアトレティコ。
バルサは14勝1分の勝ち点43。マドリーと引き分けた以外全勝である。
それを追うアトレティコは12勝1分2敗の勝ち点37の2位。
これ以上離されないためにも勝利は必須だろう。
しかしアトレティコの2敗は全てアウェー。
FW対決も注目だろう。
メッシ23ゴール、ファルカオは16ゴールを決めているが、
特に前節のデポル戦は5得点の離れ業をやってのけた。
過去5シーズンのカンプノウ対戦はバルサの5戦全勝。
しかも全てのゲームで3点以上を記録し22得点3失点と圧倒的。
バルサ有利は否めないだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バレンシア-ラージョ       予想:1
2、 へタフェ-オサスナ        予想:1
3、 グラナダ-ソシエダ        予想:1(×)
4、 マドリー-エスパニョール     予想:1
5、 デポル-バジャドリー       予想:2(×)
6、 バルサ-アトレティコ       予想:1
7、 マジョルカ-アスレティック    予想:1
8、 サラゴサ-レバンテ        予想:1(×)
9、 (Segunda)スポルティング-ヘレス 予想:1(×)
10、(Segunda)レクレ-ラス・パルマス  予想:1
11、(Segunda)ミランデス-エルクレス  予想:×
12、(Segunda)ムルシア-グアダラハラ  予想:1
13、(Segunda)エルチェ-アルメリア   予想:1
14、(Segunda)ジローナ-ビジャレアル  予想:1
15、セビージャ-マラガ         予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

どちらも

国王杯対セルタ戦後の記者会見でレアル・マドリー監督モウリーニョがやる気のない選手がいたとコメントしたことに関して、MARCA、AS両紙がアンケートを取ったところ、ディ・マリアが両紙共にダントツの投票数で選ばれている。

七転び八起き

どん底の状態にあるマジョルカ。去就がとり正されてもおかしくない状況に置かれている監督カパロスだが「まだ、チームには力が残っているし、選手を信じている。クラブの後ろ盾を感じている。苦しんでいるが立ち上がらないといけないし、アスレティック戦は何としても勝たないといけない」と強気な姿勢を見せている。また、カパロスは「7回転べば8回立ち上がるし、8回転べば、9回立ち上がる。自分を断たせたくないのであれば息の根を止めないといけない」と七転び八起きの精神で仕事をしていると話した。

プレミアは候補

今季終了後に契約が切れるため、FIFA規則から1月には他クラブと自由に交渉を始めることが出来るアスレティック・ビルバオFWジョレンテ。SkySportsのインタビューの中で「自分は規則を順守しているし、1月1日まではアスレティックの選手。プレミアは1つの候補だし、自分が好きなリーグ。ともかく自分の去就についてはシーズン終了になればわかる」とプレミアに興味があることを示している。

契約延長

アスレティック・ビルバオはDFアウルテネチェと2017年6月30日までの契約延長で合意に。違約金は3500万ユーロに設定されている。

驚かすことは出来る

エスパニョールFWセルヒオ・ガルシアは今週末のサンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦について、「驚かすことは出来るし、どんな形でも驚かすことをしないといけない」とモウリーニョ率いるチームが試合の本命ではあるが、決してかませ犬になることはないと語っている。

契約延長

バルセロナはFWテージョと2016年6月30日までの契約延長で合意に達したことをクラブHPで発表。クラブは違約金を2000万ユーロに設定したかったものの、選手側が700万ユーロを望んだため、最終的には1000万ユーロで落ち着いた。

ゲームの主役?

アサシンブレードのCMにピケ、セルヒオ・ラモスが出演。

CLが取れるなら

ASの年間優秀スポーツ選手賞を受賞したレアル・マドリーのキャプテンカシージャス。「10度目のCLをタイトル獲得が出来るのであれば、バルセロナと勝ち点25差をつけられてもいい」と話している。

歴史と足跡を残したい

デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で5得点を決めたアトレティコ・マドリーのコロンビア代表FWファルカオ。「チームの働きを強調したい。おかげさまでデポル戦のような試合が出来た。アトレティコに来た時に歴史と足跡を残したいと思っていた。次の試合でもっと良い結果を出したい」とバルセロナとの大一番に向けて意気込んでいる。

練習OK

エスパニョールのウルグアイ人FWストゥアニ、頬骨骨折の手術が無事終了し、11日から練習参加できるとのこと。ウルグアイ人FWは手術前にもマスクをつけてセビージャ戦に出場しており、降格圏内で低迷するクラブにとって週末の試合、レアル・マドリー戦に向けて戦力として計算できることはアギーレ監督にとっては大きなプラス。

満足

次代のシャビ候補であるレアル・ソシエダのU-21スペイン代表MFイジャラメンディ。監督モンタニエの信頼を受けていることに満足しているが、自身はまだ先発の定位置を確保していないと謙遜している。イジャラメンディは選手として成長するために練習から全力で取り組み、ピッチで結果を出すことが信頼を与えてくれた監督、チームメートへの恩返しだと考えている。

キニエラでGO!! 12/13シーズン第15節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

前回は引き分けが7試合と非常に多く、予想は困難を極めた。
しかし惜しくも9試合的中したが、配当金ならず。
15試合、14試合の的中者なし。
13試合でも22,000ユーロ(約220万円)と高額だった。
10試合15.21ユーロ(約1,521円)だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約800円,1ユーロ=100円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:24 Fecha:09/12/2012)
Primera (1部) 8試合: 第15節 
Segunda(2部) 7試合:第17節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):アスレティック-セルタ

前節、ダービーで完敗した2位アトレティコはホームに
19位デポルを迎える。
もしここで躓くとそのまま後退しかねないアトレティコにとって
正念場のゲームとなるだろう。
アトレティコはミランダを出場停止、セビージャを負傷で欠くが
ほぼベストの布陣で試合に臨める。
一方、デポルはここ4戦勝利なし。
CB2人が負傷、一人が出場停止で、
急造DFラインを組むことになりそうだ。
ここシーズンのカルデロンのでの同カード、
アトレティコは全勝しており、その勢いは止まらないだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 オサスナ-バレンシア          予想:1(×)
2、 ソシエダ-へタフェ           予想:1(×)
3、 マラガ-グラナダ            予想:1
4、 バジャドリー-マドリー         予想:1
5、 アトレティコ-デポル          予想:1
6、 ベティス-バルサ            予想:1
7、 レバンテ-マジョルカ          予想:1
8、 (Segunda)コルドバ-スポルティング   予想:1
9、 (Segunda)ラス・パルマス-ウエスカ   予想:1
10、(Segunda)エルクレス-レクレ       予想:×(1)
11、(Segunda)ポンフェラディナ-ミランデス  予想:1
12、(Segunda)グアダラハラ-ヌマンシア    予想:×(1)
13、(Segunda)サバデル-ムルシア       予想:1
14、(Segunda)アルメリア-ルーゴ       予想:1
15、アスレティック-セルタ          予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

後輩に譲る

イベントに出演したレアル・マドリー、スペイン代表の守護神カシージャス。ブラジルW杯に関しては「本命に推されるかもしれないけど、タイトルを取るのは決して簡単ではない」と無敵艦隊の日本のニックネーム通りにサッカー界を席巻しているスペイン代表でも4連続での国際大会制覇は難しいと語った。

また、「ブラジルW杯後、何人かは代表引退を決断するだろうし、後輩に道を譲るだろう」と一時代の終わりを告げる大会にブラジルW杯はなると話した。

出てかない

ラージョ・バジェカノでブレーク中のブラジル人MFレオ・バプティスタオ。すでに紙面では多くの恋人候補があげられているが、「1月に出ていくことはない。大きな恩がクラブにはあるし、自分の歴史はここに全てある。ラージョでのプレーを楽しんでいる」とチーム残留を明言している。

1か月の離脱

マラガの元フランス代表MFトゥラランがアンデルレヒト戦で負傷。診断の結果、左太腿の筋肉の故障の診断が下り、全治1か月。トゥラランの怪我は今季3度目。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

ぶつけました

セルヒオ・ラモスはエジル、ケディラ、ナチョ、モドリッチ、エッシェンらとマドリーのレアル・マドリーご指定レストランで子豚の丸焼きを食べた昼食会の写真をアップ。楽しく過ごしたようだが、昼食会後のパーキング、エジルの車はエンジンがかからず、セルヒオ・ラモスとナチョの車が軽くこすったとのこと。

2位突破

レアル・マドリー4対1アヤックス

1位突破

マラガ2対2アンデルレヒト

カテゴリ - マラガ

固定リンク

メディアのせい

アスレティック・ビルバオのスペイン人FWジョレンテは今のチーム内、サポーターとの悪い関係はメディアによって生まれたものだと記者会見で説明。ジョレンテは「アスレティックのオファーは断ることの出来ないものだった。だが、メディアは金銭的な理由で延長をしないと報道して、アスレティックのサポーターを反ジョレンテにすることに成功した」と話した。

また、移籍を決断したのは今季のUEFAヨーロッパリーグ予備選での試合対Slaven Koprivnica戦でのサポーターとの距離が遠くなったことから決めたとのこと。

何がしたい

ハッカーの攻撃を受けたヘタフェ。記者会見が英語の文章でプリメーラを侮辱する言葉、他のサイトもアタックする事が描かれているページにすり替えられた。また、同ページにはモロッコ、アルジェリアとハッカーの国籍とも取れる文章も。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

キニエラでGO!! 12/13シーズン第14節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

マドリーがベティスにまさかの敗北を喫し、
的中はあと一歩の9試合に止まった。
配当金15試合で約56万ユーロ(約5,600万円)、
10試合5.39ユーロ(約539円)とやや高額だった。
※購入金額は毎回8ユーロ(約800円,1ユーロ=100円計算)で、
毎回16口(ダブル4個)購入 

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:22 Fecha:02/12/2012)
Primera (1部) 8試合: 第14節 
Segunda(2部) 7試合:第16節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マラガ-バレンシア

今節の注目カードはマドリードダービーだ。
マドリーは前節ベティスに完敗を喫したものの、
ホームでは5勝1分と負けなし。
アトレティコは現在マドリーに勝ち点差8をつけ、
バルサに次ぐ2位。
このカードはマドリーが1999年に負けて以来、
リーグ、コパ合わせて23戦無敗の現在8連勝中である。
アトレティコにとってこれまでの鬱憤を晴らすチャンスではあるが、
歴史は繰り返しそうだ。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バレンシアーソシエダ           予想:2
2、 へタフェ-マラガ             予想:1(2)
3、 グラナダ-エスパニョール         予想:×
4、 マドリー-アトレティコ          予想:1
5、 バルサ-アスレティック          予想:1
6、 セルタ-レバンテ             予想:1(×)
7、 マジョルカ-サラゴサ           予想:1
8、 (Segunda)コルドバ-ヘレス        予想:1
9、 (Segunda)スポルティング-ラス・パルマス 予想:1(×)
10、(Segunda)ウエスカ-エルクレス       予想:1
11、(Segunda)レクレ-ポンフェラディナ     予想:1
12、(Segunda)ミランデス-グアダラハラ     予想:×
13、(Segunda)ラシン-アルメリア        予想:2(×)
14、(Segunda)エルチェ-ビジャレアル      予想:1
15、デポル-ベティス              予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com