« 泣かないと決めてたのに… | メイン | 覚えろ »

責任は自分達にある

2012年11月28日

ポチェッティーノがチームを退団したエスパニョール。キャプテンのベルドゥーは「責任の多く、いや全部は選手達にある。設定した目標を自分達は何一つ達成できなかった」と監督ではなく選手の責任であると話した。

また、ロッカールームはポチェッティーノ退団を受けて「この流れを断ち切ろうという思いを皆が持っている。チームは残留できる力があると確信している」と低迷打破がロッカールームの合言葉になっていることを打ち明けている。

監督就任濃厚のハビエル・アギーレに関しては「彼のキャリアが全てを証明している」とコメントした。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com