« 無免許逮捕 | メイン | 責任は自分達にある »

泣かないと決めてたのに…

2012年11月27日

ヘタフェに敗れ最下位脱出に失敗したエスパニョール。状況打破のため、監督ポチェッティーノの話し合いの末、退任で合意に至った。現役時代からエスパニョールで過ごしたアルゼンチン人監督は会見前に泣かないと決めていたが、あふれ出る感情を抑えることは出来ずに涙。

クラブが前進するために監督交代が必要ならクラブの決断を受け入れるとポチェッティーノは話し、残る契約も破棄することを決めたことを明らかにしている。

後任候補にはハビエル・アギーレが有力で、メキシコ人監督がバルセロナ入りし、現在最終交渉を行なっている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com