« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

キニエラでGO!! 11/12シーズン第36節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
●これまでの結果
合計:−254.34ユーロ(約−25,434円)
購入額合計:272ユーロ(約27,200円)
当選額合計:17.66ユーロ(約1,539円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=100円計算)で16口(ダブル4個)購入 

クラシコでマドリーが勝利し、リーガの行方も決まった感のある前回。
配当金ギリギリの10試合に的中し、1.27ユーロ(約127円)を獲得した。
配当金は15試合的中で約7万ユーロ(約700万円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:50 Fecha:29-4-12)
Primera   10試合:第36節
Segunda   5試合:第36節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マラガ-バレンシア

今節の注目は優勝にリーチをかけたマドリー対セビージャ。
もしマドリーが勝ち、21時30分のゲームでバルサが負けると
4年ぶりの優勝が決まる。
今季2度目の正午キックオフの試合に臨むマドリー。
水曜日にCLでバイエルンにPK戦の末は敗れたものの、
クラシコには勝利し、勢いは衰えていない。
セビージャはアウェー2連敗中。特に前々節は同じマドリードの地で
ヘタフェに5-1の惨敗を喫していた。
また怪我人、出場停止者が多く、カンテラから3名を招集。
ヨーロッパの大会に出場するためには勝たなくてはならないが、
現在9位でチーム状態的にも厳しいと言っていいだろう。
マドリーがパレードの準備をすることになるだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 サラゴサ-アスレティック       予想:2
2、 ヘタフェ-マジョルカ         予想:1
3、 レバンテ-グラナダ          予想:1
4、 マドリー-セビージャ         予想:1
5、 ラージョ-バルサ           予想:1
6、 エスパニョール-スポルティング    予想:1
7、 ベティス-アトレティコ        予想:2(×)
8、 ビジャレアル-オサスナ        予想:1
9、 ソシエダ-ラシン           予想:1(×)
10、(セグンダ)ナスティック-アルコジャノ  予想:1(×)
11、(セグンダ)ジローナ-アルコルコン    予想:1(2)
12、(セグンダ)ムルシア-サバデル      予想:1
13、(セグンダ)エルチェ-エルクレス     予想:2
14、(セグンダ)アルメリア-デポル      予想:1
15、マラガ-バレンシア           予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

クラシコ欠場?

バルセロナのチリ代表FWアレクシス・サンチェスはバルセロナ到着のさいに足を引きずっており、21日に行われるレアル・マドリーとのクラシコの出場が微妙視されている。現時点ではクラブからチリ人FWに関するメディカルレポートはない。

失礼な話だ

レバンテ監督フアン・イグナシオ・マルティネスはセビージャ対レバンテ戦がクラシコの影響で30分試合開始が遅れることに関して「プロフェッショナルに対する配慮がないものだと思う。シーズン開幕前に全ての日程が決められているのが一番」とリーガの2強を中心に作成される日程に不満を見せている。

また、フアン・イグナシオ・マルティネスは「クラシコだけを1日やって、他の試合全てはもう一日に全部やればいい」とも話した。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

プレミアが興味

ベティスFWホルヘ・モリーナに複数の英国クラブが興味を示しているとのこと。これまでにスコットランドのセルティックの名前が挙がっていたが、今回新たにストーク・シティが興味を示し、350万ユーロの違約金を準備しているとのこと。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

オイルマネーは無し?

昨年ロイヤルエミレーツグループとチーム売却で合意に達したヘタフェ。4月30日までの契約行使が行われない場合は白紙となるが、現時点ではマドリーのチームにニュースは届いていない。

オイルマネーが期待できない場合、クラブ運営をしっかりと保つために今季も主力選手の放出が義務付けられることになる。今季ブレークしたMFバラダやFWミク―には多くのクラブが興味を示しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

がっかりだ

英紙THE SUNはCLチェルシー戦前、ホテルに宿泊していたバルセロナサポーターのイングランド人の少年3人がメッシにサインを求めたところ、ダニエル・アルベスに止められたことを伝えている。

同紙の少年たちがとった携帯電話のムービーシーンをキャプチャーしている写真を見るとブラジル人DFが指を突き付けて止めていることが判明。電話取材に応じた少年は「自分の中のバルセロナに対する敬意は壊れた」と失意を受けたことを話している

キニエラでGO!! 11/12シーズン第35節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
●これまでの結果
合計:−240.61ユーロ(約−24,061円)
購入額合計:256ユーロ(約25,600円)
当選額合計:15.39ユーロ(約1,539円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=100円計算)で16口(ダブル4個)購入 

アウェー勝ち、ドローが多発し、
あと一歩の9試合的中で止まってしまった前回。
配当金は15試合的中で15万ユーロ(約1,500万円)、
10試合で1.55ユーロ(155円)だった。


●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:49 Fecha:22-4-12)
Primera   10試合:第35節
Segunda   5試合:第35節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):バルサ-マドリー

今節の注目は何と言ってもクラシコ。
現在首位のマドリーは勝ち点差4のバルサとアウェーで対戦する。
両チームともにCL準決勝第1戦ではチェルシー、バイエルンに惜敗。
過去5シーズンのバルサホームの対戦はバルサの3勝1分1敗。
メッシ、クリスティアーノは41ゴールでピチチを争っている。
ホームで4連覇を目指すバルサと雪辱を誓うマドリー。
最後に対戦した今年1月の国王杯カンプ・ノウ決戦は
前半バルサが2点先制するも、後半マドリーが2点を奪い追い込んで
2-2のドローで終わっていた。
その続編となるであろう今対戦、マドリーの念願が叶うことを期待したい。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラシン-アスレティック       予想:2
2、 マジョルカ-サラゴサ        予想:1(×)
3、 グラナダ-ヘタフェ         予想:2(×)
4、 セビージャ-レバンテ        予想:1
5、 スポルティング-ラージョ      予想:1
6、 アトレティコ-エスパニョール    予想:1
7、 バレンシア-ベティス        予想:1
8、 オサスナ-マラガ          予想:1(×)
9、 ソシエダ-ビジャレアル       予想:1
10、(セグンダ)エルクレス-セルタ     予想:1
11、(セグンダ)デポル-エルチェ      予想:1
12、(セグンダ)カルタヘナ-アルメリア   予想:×
13、(セグンダ)ウエスカ-ヌマンシア    予想:×(1)
14、(セグンダ)ヘレス-ラス・パルマス   予想:×
15、バルサ-マドリー           予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

契約延長の話はまだなし

セビージャ戦で1ゴール3アシストの活躍を見せたペドロ・リオス。今季終了後にチームとの契約は切れるが、現時点では契約延長の話はないとのこと。昨シーズン中にクラブからオファーがあったものの、合意に達することはなかった。だが、ペドロ・リオスはヘタフェ残留を一番に考えており、代理人に他チームからの話は現在聞かないように指示を出しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

嬉しいこと

エスパニョールのアルゼンチン人監督マウリシオ・ポチェッティーノにはスペインの複数のクラブ、フランスのクラブが興味を示しているとのことだが、「自分は2年の契約が残っている。チャンスをくれるならここで監督を続けたい」とチーム残留の意思を明らかにした。

また、アルゼンチン人監督は他クラブの監督就任の噂に関しては「ビッグクラブからそういう話が出ることは嬉しいことだし、チームにとって名誉な事」とポジティブに考えている。

心理学者のおかげ

期待されていたものの思うようなパフォーマンスを見せることが出来ずに来ていたベティスFWルベン・カストロは今季14得点とついにその実力を発揮しているが、その陰には心理学者であるパトリシア・ラミレスの存在があるとのこと。

パトリシア女史はベティスだけでなくグレゴリオ・マンサーノがマジョルカを指揮していた時にもチームのメンタルをケア。マンサーノはアトレティコ・マドリー就任時に彼女との契約を望んだが、今季はペペ・メル率いるベティスで仕事をしている。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

別に彼のせいじゃないでしょ

省エネサッカーでバイエルン・ミュンヘンの前に敗れたレアル・マドリー。ASはリベリーのクロスを許したコエントランに敗戦の責任の多くがあるとみており、コエントランが90分出場した5試合でマドリーは黒星を喫しているとポルトガル代表DFのパフォーマンスに落第点をつけている。

盗まれた

アリアンス・アレーナでバイエルン・ミュンヘンと対戦したレアル・マドリー。結果は2対1の敗戦だが、アウェーゴールを獲得したこと、第2戦サンティアゴ・ベルナベウでの対戦が残っていることからスペイン国内ではそこまで悲観的な意見はない。

それよりもサプライズだったのは試合前の出来事。クリスティアーノ・ロナウドのシューズ3足を初め、シューズ6足、ユニホーム3枚がレアル・マドリーのロッカールームから姿を消している。午前中に用具係がロッカールームに準備し、カギをかけて午後戻ってきたときにはなくなっていたとのこと。

大変です

金曜日、胸の痛みから入院したラシン・サンタンデール監督アルバロ・セルベラは火曜日に無事退院も、2日間の自宅療養が必要とのこと。アルバロが復帰するまではセカンドコーチのカスターニョスがチームを指揮することに。セカンドコーチは週末のビジャレアル戦大事な勝ち点1を上げている。

出しません

昨年のプリメーラ昇格に続き、2年目の今年プリメーラ残留をほぼ手中に収めているベティス監督ペペ・メル。本人も3年契約を全うすることを望んでいるが、何が起こるのかわからないのがサッカー界、クラブは監督の違約金を200万ユーロに設定しており、メルの獲得を望むチームは同額を支払わなければいけない。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

夢見たい

今季バレンシアからマラガに移籍したスペインサッカー界期待の若手のマラガMFイスコ。ホームのラ・ロマレダでは代表コールがおきるほど愛されている。そのイスコはイベントの席で「CLと五輪に出場出来たら信じられないこと」とシーズン終了後のビッグイベント参加を心待ちにして言る。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

200万ユーロから

今季アーセナルからレアル・ソシエダにレンタル移籍しているメキシコ人FWベラ。チームは同選手の来季の正規獲得の意思があることを代理人に伝えている。ベラは来季でイングランドのクラブとの契約が切れるため、レアル・ソシエダはレンタルではなく200万ユーロをテーブルに提示し、早期決着を狙っている。

バスケットの名医に

戦線復帰目前で再び十字靭帯を損傷したビジャレアルのイタリア人FWロッシ。これまでのチームドクターではなく母国アメリカでバスケット選手リッキー・ルビオの手術を行った膝の名医のもとで再手術を行う事に。

キニエラでGO!! 11/12シーズン第34節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
●これまでの結果
合計:−232.61ユーロ(約−23,261円)
購入額合計:248ユーロ(約24,800円)
当選額合計:15.39ユーロ(約1,539円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=100円計算)で16口(ダブル4個)購入 


平日開催のため、セリエAがくじの対象となる変則であったが
ほぼ順当勝ちのため配当金も低かった。
10試合に的中したものの、12試合を当てないと配当金が出なかった。
配当金は全15試合的中で約1,700ユーロ(約17万円)、
12試合で7.94(約794円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:48 Fecha:15-4-12)
Primera   10試合:第34節
Segunda   5試合:第33節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):スポルティング-レバンテ

首位レアルは19位スポルティングと対戦。
前節のマドリードダービーからこの試合の勝利で
CLバイエルン、クラシコに弾みをつけたいマドリー。
今節はシャビ・アロンソが出場停止だが、
怪我人は一人もいない。
一方、スポルティングは前節、6試合ぶりの勝利をホームで上げた。
クレメンテ監督はその勢いのまま、
チーム得点王のバラルを招集メンバーから外すという革命を起こした。
昨シーズン、スポルティングはモウリーニョの202年から続く
リーグ戦ホーム無敗記録にストップをかけている。
しかし両チームの状況を見ると
マドリー圧倒的優勢は否めない...


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 アスレティック-マジョルカ    予想:1
2、 サラゴサ-グラナダ        予想:1
3、 ヘタフェ-セビージャ       予想:1(×)
4、 レバンテ-バルサ         予想:2
5、 マドリー-スポルティング     予想:1
6、 ラージョ-アトレティコ      予想:1(×)
7、 ベティス-オサスナ        予想:1
8、 マラガ-ソシエダ         予想:1
9、 ビジャレアル-ラシン       予想:1
10、(セグンダ)コルドバ-サバデル    予想:1
11、(セグンダ)ムルシア-エルクレス   予想:1(2)
12、(セグンダ)セルタ-デポル      予想:1(2)
13、(セグンダ)バジャドリー-ウエスカ  予想:1
14、(セグンダ)ラス・パルマス-レクレ  予想:1
15、エスパニョール-バレンシア     予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第33節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
●これまでの結果
合計:−224.61ユーロ(約−22,461円)
購入額合計:240ユーロ(約24,000円)
当選額合計:15.39ユーロ(約1,539円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=100円計算)で16口(ダブル4個)購入 

マドリーがまたもやドローという大波乱。
配当金は全15試合的中で約7万ユーロ(約700万円)だった。


●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:47 Fecha:11-4-12)
Primera   10試合:第32節
Segunda   5試合:第32節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):スポルティング-レバンテ

プリメラは平日開催のためセグンダはお休み。
代わりにイタリア・セリエAがQuinielaの対象となっていた。

今節の注目はマドリードダービーだろう。
前節は両チーム共に苦しみ、勝ち星がなかった。
マドリーは怪我人が全員復帰した。
アトレティコは前節のレバンテ戦でのカードのため、
サルビオ、マリオ・スアーレス、ミランダの3名が出場停止となった。
アトレティコホームでの試合となるが、
過去5シーズンのアトレティコの戦績は1分4敗と完全に分が悪い。
アトレティコが最後にホームで勝ったのは99年までさかのぼる。
そのためマドリー有利となるだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ラシン-マジョルカ           予想:1(×)
2、 グラナダ-アスレティック        予想:2(×)
3、 セビージャ-サラゴサ          予想:1
4、 バルサ-ヘタフェ            予想:1
5、 アトレティコ-マドリー         予想:2
6、 バレンシア-ラージョ          予想:1
7、 オサスナ-エスパニョール        予想:1
8、 ソシエダ-ベティス           予想:1(2)
9、 ビジャレアル-マラガ          予想:2
10、(セリエA)キエーボ-ミラン        予想:2
11、(セリエA)ボローニャ-カリアリ      予想:×(1)
12、(セリエA)ローマ-ウディネーゼ      予想:1
13、(セリエA)ユベントス-ラツィオ      予想:1
14、(セリエA)フィオレンティーナ-パレルモ  予想:1
15、スポルティング-レバンテ         予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第32節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)
●これまでの結果
合計:−219.14ユーロ(約−21,914円)
購入額合計:232ユーロ(約23,200円)
当選額合計:12.86ユーロ(約1,286円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=100円計算)で16口(ダブル4個)購入 

プリメラではバレンシアがドロー、
セグンダでは首位デポルが敗戦し、
的中はあと一歩の9試合で止まった。
配当金は全15試合的中で約37万ユーロ(約3,700万円)、
10試合で3.10ユーロ(約310円)とだった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:46 Fecha:8-4-12)
Primera   10試合:第32節
Segunda   5試合:第32節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ラシン-グラナダ

首位マドリーはホームで3位バレンシアと対戦する。
マドリー、バレンシアは共に
今週、ヨーロッパの大会で準決勝進出を決めた。
マドリーは痛恨の2ドロー後、息を吹き返しCL含め4連勝中。
バレンシアはELのAZ相手に5試合ぶりに勝利をもぎ取った。
過去5シーズンのベルナベウ対戦はマドリーの4勝1敗。
マドリー優勢は揺るがないだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 マジョルカ-グラナダ         予想:1
2、 サラゴサ-バルセロナ         予想:2
3、 ヘタフェ-スポルティング       予想:1
4、 レバンテ-アトレティコ        予想:1(2)
5、 マドリー-バレンシア         予想:1
6、 ラージョ-オサスナ          予想:1(×)
7、 エスパニョール-ソシエダ       予想:1
8、 ベティス-ビジャレアル        予想:1
9、 マラガ-ラシン            予想:1
10、(セグンダ)サバデル-ナスティック    予想:1
11、(セグンダ)デポル-ムルシア       予想:1
12、(セグンダ)ウエスカ-アルメリア     予想:2(1)
13、(セグンダ)へレス-バジャドリー     予想:2(1)
14、(セグンダ)ラス・パルマス-ヌマンシア  予想:1
15、アスレティック-セビージャ       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com