« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

離れない

BBCのインタビューでマドリー退団の可能性を示唆したとされるレアル・マドリー監督モウリーニョだが、公式HPのインタビューでチームを離れる意思はないと否定している。ポルトガル人監督は「マドリーで指揮をすることを楽しんでいるし、このクラブの監督であることを誇りに思っている。黄金期を迎えようとしているチーム、そのプロジェクトに全力を注いでいるのにその志半ばでチームを離れるのであれば、自分は頭が良い人物ではない」と否定している。

合意に達せず

ハビエル・アギーレ監督を解任したサラゴサ。後任監督として元ヘタフェ監督ミチェルと交渉中だが、30日の交渉は決裂に終わっている。ミチェルはガリドを解任したビジャレアルの後任候補だったが、金銭面で合意に至らなかったため、ビジャレアル以上に財政の厳しいサラゴサが監督に招聘することは困難が予想される。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

怪我

マラガMFホアキンが右足太ももの負傷で全治1か月。レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、スポルティング・ヒホン、バルセロナ、セビージャと続く厳しい日程の1月、マラガはチームのチャンスメーカー不在で迎えることに。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

興味を持たれている

ラージョ・バジェカノに練習参加しているアメリカ人FWフレディ・アドゥ。チームの2部連に下部組織の選手達と共に参加しており、注目を集めている。

本気にされてない

ビジャレアルの下部組織に練習参加する上海申花の中国代表FWフェン・レンリアンはバレンシア空港到着さいに地元メディアのインタビューを受けて「自分はメッシに似ている」とアピール。

このアピールをASは本気にとらず、冗談を言っていると報道している。

キニエラでGO!! 11/12シーズン第17節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−122.02ユーロ(約−12,812円)
購入額合計:128ユーロ(約13,440円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

引き分けが続出し、8試合的中で配当金に手が届かなかった。
配当金は15試合、14試合的中なし。13試合で約6万ユーロ(約630万円)、
10試合的中で67.35ユーロ(約7,072円)と高額だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:28 Fecha:17-12-11)
Primera  10試合:第16節 
Segunda  5試合:第17節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):バレンシア-マラガ

注目はセビージャ-マドリー。
21世紀に入ってからこの対戦、
リーガの中で一番ゴールの決まっているカードである。
セビージャは現在5位。前節はレバンテに負けている。
4-3-3のトリプルボランチでマドリー攻撃陣に対応する。
マドリーは現在2位。
前節、クラシコでバルサに敗北を喫し暫定ながら2位へ陥落。
モウリーニョはシャヒンを招集外。コエントランが負傷。
4-2-3-1で臨み、カカーにこの試合かけるようだ。
この試合に勝利すればバルサと勝ち点3差の首位になるだけに、
マドリーの威信にかけて試合を取りにくるだろう。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 アスレティック-サラゴサ     予想:1
2、 マジョルカ-ヘタフェ       予想:1(×)
3、 グラナダ-レバンテ        予想:×
4、 セビージャ-マドリー       予想:2
5、 スポルティング-エスパニョール  予想:1
6、 アトレティコ-ベティス      予想:1
7、 オサスナ-ビジャレアル      予想:1
8、 ラシン-ソシエダ         予想:2
9、 (セグンダ)コルドバ-レクレ     予想:1
10、(セグンダ)ジローナ-ナスティック  予想:1(×)
11、(セグンダ)アルメリア-サバデル   予想:1
12、(セグンダ)ヌマンシア-エルクレス  予想:2
13、(セグンダ)ラス・パルマス-デポル  予想:×(2)
14、(セグンダ)へレス-カルタヘナ    予想:×(1)
15、バレンシア-マラガ         予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第16節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−114.02ユーロ(約−11,972円)
購入額合計:120ユーロ(約12,600円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

プリメラはほぼ順当勝ちだったものの、
セグンダで引き分けとアウェー続出の波乱続出。
8試合的中で配当金に手が届かなかった。
配当金は15試合的中で約13万ユーロ(約1,365万円)、
10試合的中で1.60ユーロ(約168円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:27 Fecha:10-12-11)
Primera  10試合:第16節 
Segunda  5試合:第17節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マドリー-バルサ

今節の大注目は何と言ってもクラシコ。
レアルはホームで3年間勝利がない。
しかし今シーズンは絶好調。
ここまでリーガ、チャンピオンズリーグで
クラブ歴代記録に並ぶ15連勝を達成中。
バルサに勝ち点3差の首位をキープ。
一方バルサはリーガのホームでは無失点を続けるものの、
アウェーでは6戦2勝3分1敗と低調。
しかもメッシがわずかに1得点しか決めれていない(ホームで16得点)。
ほぼ怪我人もなく万全の対戦で臨めそうな両チーム。
おもしろい試合が期待できるが、今年こそマドリーの雪辱が叶うかもしれない。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 アスレティック-ラシン        予想:1
2、 サラゴサ-マジョルカ         予想:×(1)
3、 ヘタフェ-グラナダ          予想:1
4、 レバンテ-セビージャ         予想:1(2)
5、 ラージョ-スポルティング       予想:1
6、 エスパニョール-アトレティコ     予想:1
7、 ベティス-バレンシア         予想:2
8、 マラガ-オサスナ           予想:1
9、 ビジャレアル-ソシエダ        予想:1
10、(セグンダ)ナスティック-コルドバ    予想:×(2)
11、(セグンダ)グアダラハラ-ムルシア    予想:×
12、(セグンダ)アルコルコン-セルタ     予想:×
13、(セグンダ)エルクレス-バジャドリー   予想:1(×)
14、(セグンダ)カルタヘナ-ラス・パルマス  予想:×
15、マドリー-バルサ            予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

このタイミング?

クラブW杯出場のために来日するバルセロナ。シャビ、イニエスタなどが日本の人々を応援するメッセージビデオを出している。

PK職人

ファンの傘投げつけにより試合が中断していたグラナダ対マジョルカの試合はヘメドのPKで2対2の同点に終わった。ヘメドは今季5点を決めチームの得点王だが、そのすべてがPK。

カテゴリ -

固定リンク

レベルにいなかった

チェルシーに完敗しCL敗退が決まったバレンシア。FWのソルダードはチームが序盤戦で勝ち点を落としたことや、スタンフォード・ブリッジでの敗戦などチームとしてCLのレベルにいなかったと話している。また、CL敗退がチームに影響を与えないことを期待した。

自由だ

アンジ―移籍が噂されているセビージャのマリ人FWカヌーテ。チームメートのフェルナンド・ナバーロは「噂があるのは知っているが、本当かどうかはわからない。彼はチームにとって大事な選手だけど、選択する自由があるだけの貢献をしてきた選手」とチームの力になってきたベテランFWの決断を尊重する意思を告げている。

二か月

エスパニョールMFハビ・マルケスは左足首の手術を行い無事成功した。全治には2か月かかるとのこと。ポチェッティーノ率いるチームは若手を積極的に起用しているが、攻守の要である選手の欠場は痛手となる。

そりゃ罰金だ

ベティスのポルトガル人MFネルソンはオサスナ戦前に、知人であるオサスナのセカンドコーチに布陣を語ったところをTV局がスクープ。クラブは選手に対して罰金を検討しているが、選手自身は会話の中身について明確にしたいと無実を証明する意思があるとのこと。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第15節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−106.02ユーロ(約−11,132円)
購入額合計:112ユーロ(約11,760円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(840円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

バルサがヘタフェに負けるという大波乱。
8試合的中で配当金に手が届かなかった。
配当金は15、14試合なし。13試合的中で約38,000ユーロ(約400万円)、
10試合的中で13.69ユーロ(約1,440円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:25 Fecha:04-12-11)
Primera  10試合:第15節 
Segunda  5試合:第16節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マジョルカ-アスレティック

マドリーはアウェーでスポルティングと対戦する。
スポルティングは昨シーズン、
モウリーニョのホーム150戦無敗記録を止めた因縁の相手。
スポルティングは降格圏内の18位。ホーム戦績は2勝2分3敗。
前節はレバンテに4-0の惨敗している。
今節は右サイドバック、ロラが負傷により出場できない。
マドリーはダービーでアトレティコを4-1で粉砕している。
現在首位でアウェー戦績は5勝1分1敗。
シャビ・アロンソが累積出場停止だが、カカーが復帰。
また怪我が懸念されたクリスティアーノも出場できる。
ここ5年のスポルティングホームの対戦は0勝1分4敗。
マドリーがアウェーながらも圧倒的有利だろう。

2位バルサは4位レバンテとホームで対戦する。
バルサは前節、アウェーでヘタフェにまさかの完敗。
しかしホームではいまだ7勝1分の無失点。
レバンテは前節、スポルティングに快勝。
アウェーでは3勝2分2敗。
過去5戦の対戦はバルサ全勝。
今シーズンのレバンテは好調でバルサ戦で真価が問われそうだが、
バルサもマドリーとは勝ち点差3(※1試合多い)。
これ以上負けれないだけに、バルサの牙城は崩せないだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 グラナダ-サラゴサ        予想:1
2、 セビージャ-ヘタフェ       予想:1
3、 バルサ-レバンテ         予想:1
4、 スポルティング-マドリー     予想:2
5、 アトレティコ-ラージョ      予想:1
6、 バレンシア-エスパニョール    予想:1
7、 オサスナ-ベティス        予想:1
8、 ソシエダ-マラガ         予想:2(×)
9、 ラシン-ビジャレアル       予想:×(2)
10、(セグンダ)ナスティック-レクレ   予想:×
11、(セグンダ)アルメリア-エルクレス  予想:1(2)
12、(セグンダ)バジャドリー-デポル   予想:1(2)
13、(セグンダ)ヌマンシア-カルタヘナ  予想:×
14、(セグンダ)ヘレス-ウエスカ     予想:×
15、マジョルカ-アスレティック     予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

父親になりたい

バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシはアルゼンチン紙のインタビューの中で自分を育ててくれた家族のように自分も父親になりたいと話している。

メッシは私生活についても話しており、外に出歩くよりも家で落ち着いていることのが好きとのこと。またビデオゲームも好きだが、最近はコンセントレーションが多いため、あまりやらないらしい。

思い出さない

アトレティコ・マドリーで3年間プレーしていたラージョ・バジェカノMFモビージャ。古巣について「ファルカオが入れば、アグエロ、フォルランを恋しく思うことはない」とロヒブランコがこれから巻き返しを図ることを信じている。また、ベテランMFはアトレティコ時代の一番の思い出はサポーターとのことで、10点満点だったと話している。

就任?

クーペルが監督を辞任し監督の席が空白のラシン・サンタンデール。後任として昨季までレアル・ソシエダを率いていたウルグアイ人監督マルティン・ラサルテの名前が挙がっており、本人もチームのプロジェクトなどを知る必要があると前向きに考えている。ラサルテにはウルグアイ、アルゼンチン、チリなどからオファーがあったが、スペインでの監督を第1に考えているとのこと。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com