« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

お家芸

アトレティコ・マドリーMFレジェスはアスレティック・ビルバオ戦での途中交代に対し不満を見せ、交代時に罵詈雑言を吐き、ペットボトルを投げつけた。あまりにも気の高まりように隣にいたドミンゲスが落ち着かせるほどの興奮状態で、一度もマンサーノ監督を見ることはなかった。

マンサーノは28日の記者会見で「交代に落ち着いているよりも怒りをぶつけている方が良い」と大事にすることはなかったが、チームが上手くいっていないことを証明してしまった。

退任

ファンから退任要求されていたラシン・サンタンデール会長フランシスコ・ペルニアが会長職の退任を発表。また、同氏と共に全クラブ顧問もチームを去ることを決めている。ラシンはインド人オーナーのトラブルなどがあり、選手達が試合に集中することが出来ずにいた。

ただ

デポルティーボ・ラ・コルーニャのメキシコ人MFグアルダードが来季からバレンシアでプレーすることを地元ラジオが明らかに。グアルダードとデポルの契約は今季終了後で終わるため、バレンシアは違約金を払わずに選手補強をすることに。

手術

ヘタフェMFペドロ・レオンが右ひざの手術を行うことが判明。全治2か月。ペドロ・レオンは3週間前の練習でカタ・ディアスと接触。当時は大きな問題ではなかったが、痛みがひかないことから再検査の結果、手術を行う事に。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第11節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−72.02ユーロ(約−7,772円)
購入額合計:80ユーロ(約8,400円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

セビージャがドロー、セグンダでデポル敗戦と
9試合的中で配当に届かなかった。
配当金は15試合的中で約22万ユーロ(約2,300万円)、
10試合的中で2.98ユーロ(約320円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:18 Fecha:30-10-11)
Primera  10試合:第11節 
Segunda  5試合:第12節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ラシン-ベティス

レバンテが引き続き首位に立っている。

3位バルサは13位マジョルカと対戦。
前節、バルサはグラナダ相手に0-1の辛勝。
ホームでは全勝。また今シーズン全大会で負けなし。
マジョルカはアウェーでアトレティコと1-1。
昨シーズン、マジョルカはアウェーでバルサと引き分けているが、
しかしここ5年のカンプノウでの成績はバルサ4勝1分。
またアウェーでは2分敗と勝利なし。
バルサ勝利か。

2位マドリーは15位ソシエダとアウェーで対戦。
ソシエダは前節、首位レバンテに敗戦。
これで5試合勝ち星なし。
マドリーはビジャレアル相手にホームで前半だけで3得点でそのまま勝利。
これで5連勝を飾っている。
怪我人はいるものの今節シャヒンのベンチ入りがあるかもしれない。
過去5回の対戦はソシエダ1分4敗。
ホームで4得点と得点力の低いチームのひとつ。
マドリーは一時期アウェーで苦しんだものの、
今はリーガ5試合連続3得点以上。
マドリー圧倒的優勢だろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 セビージャ-グラナダ         予想:1
2、 バルサ-マジョルカ          予想:1
3、 スポルティング-アスレティック    予想:1
4、 アトレティコ-サラゴサ        予想:1
5、 バレンシア-ヘタフェ         予想:1
6、 オサスナ-レバンテ          予想:1(2)
7、 ソシエダ-マドリー          予想:2
8、 ビジャレアル-ラージョ        予想:1(×)
9、 マラガ-エスパニョール        予想:1
10、(セグンダ)エルクレス-コルドバ     予想:1
11、(セグンダ)デポル-ジローナ       予想:1
12、(セグンダ)カルタヘナ-ムルシア     予想:1(×)
13、(セグンダ)ウエスカ-エルチェ      予想:2
14、(セグンダ)ラス・パルマス-バジャドリー 予想:×(2)
15、ラシン-ベティス            予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

呪われている?

ビジャレアルのイタリア代表FWロッシが左ひざ十字靭帯の手術を行うことが判明。全治6か月。ビジャレアルは同様に先発FWのニウマールを膝の怪我で欠いており、看板である2トップが長期離脱する。今季のビジャレアルは結果が全く出ておらず、現在降格圏内に。

そんなにひどかったのか

ハットトリックを量産しているレアル・マドリ―のアルゼンチン代表FWイグアイン。現在は背中の負傷を全く感じさせないパフォーマンスを見せているが、1月にアルゼンチン人FWを執刀したアメリカ人医師によると引退の可能性もあった故障だったとのこと。

迷惑です

元ヘタフェ監督ミチェルは不振が続くビジャレアルの次期監督候補として名前が挙がっていることに不快感を示した。ミチェルは「結果の出ないチームに自分の名前が出るのは嬉しくない。自分は監督仲間の仕事を奪うつもりはない」とコメントし、自身にも代理人にもオファーがない噂だけの話と話している。

ミチェルにはビジャレアルだけでなくカパロスが就任したマジョルカがラウドルップの後任候補を探していた際にもメディアが名前を載せていた。

覇権交代?

リーガタイトルはどのチームというASのアンケートで、レアル・マドリ―が58%、バルセロナが30%とスペインのファンは覇権交代の可能性を感じている。また、現在首位のレバンテにも11%の票が集まっており、残り17チームが優勝する可能性はわずかに1%だった。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

危なかった

バレンシアで首位レバンテととの対戦を控えているレアル・ソシエダ。25日、飛行機でバレンシア入りを目指したが、飛行機の車輪がパンクしていたために出発できずに当日入りすることに。

空いていた

エトー、イブラヒモビッチ、ボジャンとチームを退団した選手から関係が良くなかったと話されているバルセロナのグアルディオラ。新たにマンチェスター・シティに移籍したトーレー・ヤヤがカタルーニャの地元ラジオのインタビューで「おかしなことを言われたし、話すことができなかった。話していればチームに残留していた」とバルセロナ監督との関係は良いものでなかったとコメント。

グラナダ戦後、グアルディオラはトーレーのこのコメントに対して「監督室の扉はいつでも空いていた」と話す機会はいくらでもあったと話した。

キニエラでGO!! 11/12シーズン第10節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−64.02ユーロ(約−6,722円)
購入額合計:72ユーロ(約7,560円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

引き分けが7試合と多く、7試合的中で終わってしまった。
配当金は15試合的中で約68万ユーロ(約7,100万円)、
10試合的中で3.76ユーロ(約400円)と高かった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:17 Fecha:26-10-11)
Primera  10試合:第10節 
Segunda  5試合:第11節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):アスレティック-アトレティコ

今週は平日開催。
バルサはグラナダと対戦。
グラナダは前節スポルティングに負け現在18位。
5試合勝利から見放されている。
バルサは前節セビージャとホームで痛いドロー。
3位に落ちてしまった。
両チームの対戦は35年前にさかのぼるが、
グラナダホーム17戦4勝4分9敗と悪くないデータが残っている。
しかしそれでもバルサはリーガ4試合無失点。
バルサ圧倒的有利だろう。

マドリーはホームにビジャレアルを迎える。
マドリーは前節マラガに4-0で勝利。
これでCLリヨン戦を入れると5試合連続4得点以上ゲームをやっている。
またリーガでもイグアイン、クリスティアーノが2回ずつ、
マドリーはリーガ4戦連続ハットトリックが飛び出ている。
ビジャレアルは前節レバンテに0-3で完敗。
ついに降格圏内間近の16位。勝利もここ6戦見ていない。
過去5年のベルナベウの対戦ではマドリー4勝1分。
勢いからしてもマドリー優勢は否めない。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 セビージャ-ラシン           予想:1
2、 グラナダ-バルサ            予想:2
3、 マジョルカ-スポルティング       予想:1(×)
4、 サラゴサ-バレンシア          予想:2
5、 ヘタフェ-オサスナ           予想:1(×)
6、 レバンテ-ソシエダ           予想:1
7、 マドリー-ビジャレアル         予想:1
8、 ラージョ-マラガ            予想:1(2)
9、 エスパニョール-ベティス        予想:1
10、(セグンダ)カルタヘナ-デポル       予想:1
11、(セグンダ)アルメリア-ナスティック    予想:1
12、(セグンダ)エルチェ-コルドバ       予想:×(1)
13、(セグンダ)セルタ-ジローナ        予想:1
14、(セグンダ)レクレ-ムルシア        予想:2
15、アスレティック-アトレティコ       予想:×

カテゴリ - その他

固定リンク

決勝点

セビージャ・アトレティコの日本人FW指宿はメリージャ戦で決勝点を決める。通算6得点目。

辞めろ

マジョルカと1対1の引き分けに終わったアトレティコ・マドリ―。試合終盤にはビセンテ・カルデロンからマンサーノ辞めろコールが起きていた。今季のアトレティコ、システムも見つけることが出来ず、得点力不足で引き分け続きとサポーターのフラストレーションをためていた。

どっちも痛い

1対1の引き分けに終わったバレンシア対アスレティック・ビルバオ。この試合、カナレス、グルペギが負傷。精密検査の結果、前者は右ひざ前十字靭帯損傷で全治3から6か月、後者は左ひざ前十字靭帯断裂で全治6か月の重傷を負っている。

そんなことはない

リーガ、CLともに結果が出ていないビジャレアル。監督更迭の噂も出始めており、レバンテ戦の内容は選手たちが監督解任を望ンだからとも言われたが、FWルベンは「そんなことはない。選手は監督とともにいる。そんな話は嘘だ。確かに良いプレーが出来ていないが、この状況を抜け出るためには一致団結することが大事」と一応監督とともにあることを語っている。

2013年まで

レアル・マドリー監督モウリーニョはマラガ戦前の記者会見でポルトガル人DFカルヴァーリョが2013年までの契約があることを明らかにした。ポルトガル人監督は同胞のCBは2年の契約+1年のオプションがあることを明らかにし、去就が注目されたカルヴァーリョのマドリー残留が濃厚になった。

5か月で戻ってくる

レアル・マドリー戦でひざを負傷し、右足前十字靭帯断裂で全治6か月の重傷が判明したベティスの下部組織出身MFバルディージョだが、5か月で戻ってくると約束している。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

ダメです

ミクー、グイサの2トップの起用が期待されているヘタフェだが、監督のルイス・ガルシアは2トップはオプションとして起用するが、先発の形として使用しないことを明らかにした。

ルイス・ガルシアは2トップ起用したラージョ・バジェカノ戦がチームとして最悪のパフォーマンスを見せた試合だったと振り返り、試合経過によるオプションとして起用することが上策と話している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第9節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−58.02ユーロ(約−6,092円)
購入額合計:64ユーロ(約6,720円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

引き分けが7試合と多く、7試合的中で終わってしまった。
配当金は15試合的中で約68万ユーロ(約7,100万円)、
10試合的中で3.76ユーロ(約400円)と高かった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:16 Fecha:23-10-11)
Primera  10試合:第9節 
Segunda  5試合:第10節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):アトレティコ-マジョルカ

注目カードはバルサ-セビージャ。
バルサは前節、ラシンにホームで3-0で勝利。
水曜日にCLでも勝利し、今シーズン全大会13戦負けなし。
また第5節以降、リーガで失点していない。
セビージャは前節スポルティングに2-1で勝利し、ホーム4連勝。
今シーズン、まだ黒星がついていない。
好調同士の対戦だが、
今対戦バルサはここ5年のホームゲーム、何と5連勝。
またセビージャはペロッティ欠場が痛い。
ホームゲームということもあり、バルサ優勢だろう。

マドリーはアウェーでマラガと対戦。
マラガは前節レバンテに大敗し、6位に落ちている。
マドリーはベティスに4-1の圧勝。
過去のマラガホームのここ5年の対戦成績は1分4敗。
今季大型補強したマラガに今までの数字が当てはまるかは分からないが、
マドリーはベンゼマ、イグアインと2枚のツートップが好調だ。
マドリー有利か。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バルサ-セビージャ         予想:1
2、 スポルティング-グラナダ      予想:1
3、 バレンシア-アスレティック     予想:1
4、 オサスナ-サラゴサ         予想:×(1)
5、 ソシエダ-ヘタフェ         予想:1
6、 ビジャレアル-レバンテ       予想:1(2)
7、 マラガ-マドリー          予想:2
8、 ベティス-ラージョ         予想:1
9、 ラシン-エスパニョール       予想:×
10、(セグンダ)ナスティック-エルクレス  予想:2
11、(セグンダ)コルドバ-デポル      予想:2(1)
12、(セグンダ)セルタ-ウエスカ      予想:×(1)
13、(セグンダ)エルチェ-ヘレス      予想:×
14、(セグンダ)バジャドリー-ヌマンシア  予想:1
15、アトレティコ-マジョルカ       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

隠す理由はいろいろあるでしょうが

ウディネーゼとの関係が強いグラナダ会長キケ・ピナはアレクシス・サンチェスの移籍金がクラブ公式HP発表の金額2,600万ユーロ+インセンティブ1,150万ユーロの計3,750万ユーロではなく4,300万ユーロであったことを明らかにした。

祝うことはない

マラガのオランダ人FWファン・ニステルローイはレアル・マドリ―戦でゴールを決めても古巣への敬意から特に祝うことはしないとのこと。とはいえ、勝ち点獲得をもちろんあきらめておらず、良いコンディションで試合に挑むことに集中しているとのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

特別ユニホーム

セビージャは今週末に行われるバルセロナ戦で、胸スポンサーの場所にOrgullosos de Andalucia(アンダルシアの誇り)のメッセージをつけて戦うとのこと。これはバルセロナ市長アルトゥール・マスがアンダルシアのアクセントや発言に関して一言を放ったことからで、セビージャはアンダルシアの一クラブであることを誇りに戦うとのこと。

視察

レアル・マドリ―戦で負傷したベティスの下部組織MFバディージョ。土曜日の試合にはACミラン、マンチェスター・ユナイテッドが同選手のパフォーマンスを視察に来ていたとのこと。イングランドのクラブはバディージョに高い関心を持っているようで昨シーズンにエティハ戦に続く視察。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

キニエラでGO!! 11/12シーズン第8節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(5シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−50.02ユーロ(約−5,252円)
購入額合計:56ユーロ(約5,880円)
当選額合計:5.98ユーロ(約628円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=105円計算)で16口(ダブル4個)購入 

引き分けが5試合あったものの、
前節はほぼ順調だったこともあり、。
11試合的中で、3.85ユーロ(約404円)をゲット。
配当金は15試合的中で約4,4000ユーロ(約462万円)と低かった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:14 Fecha:16-10-11)
Primera  10試合:第8節 
Segunda  5試合:第9節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):サラゴサ-ソシエダ

注目のカードはマドリーvsベティス。
3シーズンぶりにこのカードが実現する。
前節マドリーはエスパニョールにアウェーで0-4の快勝し、
勝ち点13で3位に浮上。
ベティスはレバンテにホームで0-1で敗れ、
勝ち点12の7位。
ベルナベウでのリーガでの、過去5度の対戦はマドリー3勝2分。
ベルナベウ全46戦は34勝7分5敗と圧勝だ。
中でも2-0、3-0というのが過去に5試合ずつあり一番多い。
カシージャスはベティス戦最多の17試合に出場し、10勝6分1敗。
ベティスの選手ではマリオがマドリー戦最多の9試合に出場。
4勝1分4敗とまずまずの成績である。
しかし2番目に多いベテランのナチョは8戦1分7敗と完敗。
ベティス監督ペペ・メルは01/02シーズン、テネリフェ監督時代に
ベルナベウでマドリーと対戦も負けている。
マドリー有利は否めない。

首位バルサは18位ラシンとホームで対戦する。
バルサは前節スポルティングにやや苦しみながらもアウェーで0-1の勝利。
ラシンはここまで勝利なしの4分2敗。
前節もホームでラージョとドロー。
リーガでのカンプノウ過去5戦はバル4勝1分。
カンプノウ全43試合は36勝5分2敗。
ラシン戦最多出場はシャビの18試合で13勝3分2敗。
一方来ラシンではチームの顔であるムニティスが同じくバルサ戦18試合出場。
しかし1勝6分11敗と散々な成績。
グアルディオラはベティス戦6戦5勝1分。
クーペルはバルサ戦4分2敗。
やはりバルサ勝利は堅いか。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 バルサ-ラシン           予想:1
2、 セビージャ-スポルティング     予想:1
3、 グラナダ-アトレティコ       予想:×(2)
4、 マジョルカ-バレンシア       予想:2
5、 アスレティック-オサスナ      予想:×
6、 ヘタフェ-ビジャレアル       予想:1
7、 レバンテ-マラガ          予想:1(2)
8、 マドリー-ベティス         予想:1
9、 ラージョ-エスパニョール      予想:1
10、(セグンダ)デポル-ナスティック    予想:1
11、(セグンダ)カルタヘナ-コルドバ    予想:2
12、(セグンダ)ラス・パルマス-エルチェ  予想:×(1)
13、(セグンダ)ヌマンシア-アルメリア   予想:2
14、(セグンダ)レクレ-バジャドリー    予想:2(×)
15、サラゴサ-ソシエダ         予想:×

カテゴリ - その他

固定リンク

指宿ハット

別れの挨拶はしていない

バルセロナからローマへ移籍したスペイン人FWボジャン。カタルーニャTV局TV3のインタビューの中で「グアルディオラと別れの挨拶はしていない。自分と良く接してくれた人々とはした。出来ることすべてをやっても彼の目の中に自分の姿は入らなかった。経験したことから言えば、ペップをまた信じることは難しいし、シーズン終了後に帰ってこいと言われても答えはノーだね」とグアルディオラと良好の関係がなかったことを告白。

また中盤?

アトレティコ・マドリーがエスパニョールMFハビ・マルケスを来季の補強リストに入れたと報道。エスパニョールの背番号4番は2013年までの契約だが、契約延長でクラブとノ交渉が難航しており、状況に変化がなければ、来季前の放出が濃厚となっている。

リーガ復帰?

バルセロナ、レアル・マドリー、セビージャなどでプレーをしていたベンフィカのアルゼンチン人FWサビオラ。今季終了後にクラブとの契約が切れることからセビージャ、ビジャレアル、エスパニョールが獲得に興味を示しているとのこと。

とはいえ、ベンフィカに放出の意思はなく、30歳FWは今季終了前に自動契約が行われる可能性を秘めているとのこと。

やりすぎだよ

ホセ・マリア・デル・ニード会長がこの10年で一番の選手と称しているセビージャFWカヌーテ。サンチェス・ピスフアンにマリ人FWの銅像を建てようという運動があるとのことだが、「人々の自分に対する接し方は嬉しく思うし、感謝しているけk度それはやりすぎ。今の自分にとっては迷惑なもの」と選手として動く自分を見て欲しいとのこと。

カテゴリ -

固定リンク

驚きました

マラガのアルゼンチン代表DFデミチェリスが5日の練習でマルコス・ロッホとの競り合いでめまいを起こして倒れた。チームドクターが駆けつけ、手当てをした結果、特に大きな問題はなく、ひやりとしたものだけで、病院に行く必要もないとのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

しょうがない

婦女暴行容疑で告訴されているサラゴサFWブラウリオ。クラブとの契約解除で合意したとのこと。ブラウリオは2週間チームと離れてマドリーでトレーニングをしていた。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

やる気とサッカーだけは


マジョルカはホアキン・カパロス監督就任を発表した。契約は今季終了まで。セビージャ、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、アスレティック・ビルバオを率いた名将は「やる気と練習量ではマジョルカはリーガで一番にならないといけない」とお金では達成できない目標を上げている。

2016年

セビージャはFWネグレドと2016年までの契約延長で合意に達したことを発表。違約金は5000万ユーロ。マドリード生まれのFWは昨シーズン、スペイン人最多の20得点を決めたほか、スペイン代表に復帰を果たしている。

合意したらしい

マジョルカはホアキン・カパロスと基本的合意に達したと副会長のセラ・フェレールが発表。4日にも発表をする予定とのこと。カパロスは140万ユーロの年俸を要求していたが、破産法を行使しているチームの監査委員会が難色を示していた。

上記の理由からアンダルシア出身監督が条件を引き下げたことが予想されている。また、クラブの10%の株を所有するナダルファミリーがクラブの騒動に不快感を示し、クラブ顧問を辞任している。

イングランドは作文がお好き

イングランドサイトFootybunkerは冬の移籍市場でレアル・マドリーのドイツ代表MFケディラとマンチェスター・シティのアルゼンチン人FWテベスのトレードの可能性があると伝えている。同サイトによると前者はレバンテ戦の敗戦の戦犯とされており、試合出場拒否した後者との交換は両クラブにとってプラスなものと伝えている。

何も学んでいない

チームへの忠誠心と熱狂的な応援で認知されているアトレティコ・マドリーのサポーターだが、同様に人種差別や倫理、道徳からかけ離れた罵倒を飛ばすことでも有名。セビージャ戦では4年前に死去したプエルタを侮辱するコール。

セビージャFWネグレドは「プエルタに対するあの野次は残念な事」と嘆き、アトレティコ会長エンリケ・セレッソは4日「セビジスモ、プエルタの家族に謝罪したい」と頭を下げている。

何も学んでいない

チームへの忠誠心と熱狂的な応援で認知されているアトレティコ・マドリーのサポーターだが、同様に人種差別や倫理、道徳からかけ離れた罵倒を飛ばすことでも有名。セビージャ戦では4年前に死去したプエルタを侮辱するコール。

セビージャFWネグレドは「プエルタに対するあの野次は残念な事」と嘆き、アトレティコ会長エンリケ・セレッソは4日「セビジスモ、プエルタの家族に謝罪したい」と頭を下げている。

何も学んでいない

チームへの忠誠心と熱狂的な応援で認知されているアトレティコ・マドリーのサポーターだが、同様に人種差別や倫理、道徳からかけ離れた罵倒を飛ばすことでも有名。セビージャ戦では4年前に死去したプエルタを侮辱するコール。

セビージャFWネグレドは「プエルタに対するあの野次は残念な事」と嘆き、アトレティコ会長エンリケ・セレッソは4日「セビジスモ、プエルタの家族に謝罪したい」と頭を下げている。

戦力が…

ビジャレアルのブラジル人FWニルマールが火曜日に右ひざ半月板ののう胞除去の手術を行う事が明らかに。戦線復帰まで1か月が必要と言われており、調子の上がらないチームにとって大きな痛手となっている。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com