« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

選手次第

アトレティコ・マドリー会長エンリケ・セレッソはGKデ・ヘアに契約延長オファーをしたことを明らかにした。下部組織出身GKにはマンチェスター・ユナイテッドが狙いをつけており、全てはシーズン終了後の選手の決断によるとのこと。

狙われています

冬の移籍市場でのDF陣放出から失点が増え、順位を落としてしまっているエスパニョール。とはいえ、監督ポチェッティーノへの評価は高く、セビージャがマンサーノの後釜として検討しているとのこと。また、FWオスバルドもルイス・ファビアーノが抜けた穴を埋めるための補強リストに名前を連ねている。

4000万ユーロ

英紙ザ・サンはアーセナルが4000万ユーロでセスクを売却する事を考えていると報道。クラブ関係者によると「アーセナルで最後の時がきた。8年間も自分たちと共にプレーをしてくれた」とカタルーニャ出身MFのロンドンのクラブでのサークルが終わったというコメント。セスクはアーセナルに564,000ユーロで2003年に移籍。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第34節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−222ユーロ(約−26,700円)
購入額合計:264ユーロ(約31,700円)
当選額合計:42ユーロ(約5,000円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約1,000円,1ユーロ=120円計算)で16口(ダブル4個)購入 

ホーム勝ちが10試合とほぼ順当だった前回。
的中はわずかに11だったものの、
配当金はわずかに1.23ユーロ(約160円)。
15試合的中の配当金は約2,100ユーロ(約25万円)、
10試合の配当金は0だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada: 53 Fecha:01-05-11)
Primera (1部) 10試合:第34節 
Segunda(2部) 5試合:第36節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ラシン-マジョルカ

リーガも残るところ5試合。
マドリーはホームにサラゴサを迎える。
マドリーは現在首位バルサとの勝ち点差8で2位。
ホームでの戦績は14勝1分1敗と好調だ。
サラゴサは降格圏間近の17位。
アウェーでは1勝6分9敗と振るわない。
過去5年のホーム成績もマドリー5連勝。
結果は見えているか。

バルサはアウェーでソシエダと対戦。
ソシエダは勝ち点38で12位。
降格圏内の18位オサスナとの差はわずかに3だけに
勝ち点を伸ばしたいところ。
ホーム戦績は9勝1分6敗。
バルサは勝ち点88の首位。
アウェーでは13勝3分とリーガで唯一の無敗。
失点も7と圧倒的な強さを見せている。
今節の唯一の不安はメッシの双子筋の負傷で間に合うかが微妙な点だろう。
リーガをおもしろくする意味でもソシエダの頑張りに期待したいが、
それでも難しそうだ。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ビジャレアル-ヘタフェ       予想:1
2、 アルメリア-セビージャ       予想:2
3、 マドリー-サラゴサ         予想:1
4、 オサスナ-バレンシア        予想:2(1)
5、 ソシエダ-バルサ          予想:2
6、 エスパニョール-アスレティック   予想:1
7、 レバンテ-スポルティング      予想:1
8、 デポル-アトレティコ        予想:2(1)
9、 マラガ-エルクレス         予想:1
10、(Segunda)グラナダ-テネリフェ   予想:1
11、(Segunda)ベティス-ヌマンシア   予想:1
12、(Segunda)アルバセーテ-カルタヘナ 予想:×(2)
13、(Segunda)ジローナ-ラージョ    予想:×(2)
14、(Segunda)サラマンカ-エルチェ   予想:2
15、ラシン-マジョルカ         予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

すくない

日曜日のセビージャ対ビジャレアル戦で試合中に複数のボールがピッチに投げ込まれたことに関して、スペインサッカー協会規律委員会はホームチームに対して602ユーロの罰金の決断を下している。

公式発表

ヘタフェはドゥバイのロイヤル・エミレーツ・グループへのクラブ売却を公式に発表。新オーナーはクラブ株式の99.3%を保持することに。売却はチームが来季プリメーラ、セグンダでも有効なもので、アンヘル・トーレス会長は最低3年間会長を続けるとのこと。同会長はチーム名称の変更は不可能であることや、4年で1億3千万ドルが資金として提供されることを明らかにした。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

キニエラでGO!! 10/11シーズン第33節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−215ユーロ(約−23,700円)
購入額合計:256ユーロ(約28,200円)
当選額合計:41ユーロ(約4,500円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

注目のクラシコはドローに終わり、ホーム勝ちの多かった前回。
的中はわずかに8で終わってしまった。
予想は簡単だったみたいで、
15試合的中の配当金は約3,200ユーロ(約35万円)、
10試合、11試合での配当金はなく、12試合で8.03ユーロ(約880円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada: 52 Fecha:24-04-11)
Primera (1部) 10試合:第33節 
Segunda(2部) 5試合:第35節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):アスレティック-ソシエダ

前節のクラシコで優勝争いの行方もほぼ決まった感のあるリーガ。
今節は注目はバスクダービー。
アスレティックホームでの対戦は4年ぶりとなる。
今シーズンのソシエダホームは2-0でソシエダ勝利。
過去2007年までの5年間のアスレティックホームでのゲームは
4勝1敗と圧倒的な勝率。
アスレティックはここ5戦2勝2分1敗。
ソシエダは1勝4敗と絶不調。
この対戦はアスレティックに転がるだろう。

セビージャvsビジャレアルの対戦も白熱しそう。
セビージャは過去5年、ホームで4勝0分1敗と好成績。
セビージャは前節まさかのヘタフェに敗戦。
ビジャレアルはホームでサラゴサに僅差での勝利。
サンチェス・ピスファンではセビージャは負けない。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 マジョルカ-ヘタフェ        予想:×(1)
2、 セビージャ-ビジャレアル      予想:1
3、 サラゴサ-アルメリア        予想:1
4、 バレンシア-マドリー        予想:2
5、 バルサ-オサスナ          予想:1
6、 スポルティング-エスパニョール   予想:1
7、 アトレティコ-レバンテ       予想:1
8、 エルクレス-デポル         予想:×(2)
9、 ラシン-マラガ           予想:1
10、(Segunda)ナスティック-アルコルコン 予想:1
11、(Segunda)ヌマンシア-レクレ     予想:1
12、(Segunda)カルタヘナ-バジャドリー  予想:1(×)
13、(Segunda)へレス-アルバセーテ    予想:1(×)
14、(Segundラージョ-ラス・パルマス   予想:1
15、アスレティック-ソシエダ       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 10/11シーズン第32節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−202ユーロ(約−22,800円)
購入額合計:248ユーロ(約27,300円)
当選額合計:41ユーロ(約4,500円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

引き分けがやや多かったものの、比較的順当な結果。
的中は10試合で久々に配当金ゲット。
15試合の配当金は約28万ユーロ(約3,100万円)、
10試合2.72ユーロ(約300円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada: 51 Fecha:17-04-11)
Primera (1部) 10試合:第32節 
Segunda(2部) 5試合:第34節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):マドリー-バルサ

注目は今月4回あるクラシコ。このリーガでの対戦はその初戦となる。
マドリーは前節アスレティックに0-3の快勝。
今節はガゴ、ラスが負傷欠場。グラネロが出場停止。
バルサは前節アルメリアに3-1で快勝。
プジョルが戦列復帰、ボージャン、アビダルが負傷欠場、マスケラーノが出場停止。
ここ5シーズン、ベルナベウホームでのクラシコは2勝3敗。
リーガが死なないためにもホームでの決戦のマドリー奮起に期待したい。

またエスパニョールとアトレティコの対戦も興味深い。
日曜日のおおとりを務めるこの対戦は、過去2勝1分2敗とほぼ互角だ。
エスパニョールはホームで10勝5敗と好調。現在8位につける。
アトレティコはアウェー5勝3分7敗とやや低調ながらも、
連勝で勢いずいている。
この試合、どちらに転ぶか分からない。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 へタフェ-セビージャ        予想:2
2、 ビジャレアル-サラゴサ       予想:1
3、 アルメリア-バレンシア       予想:2
4、 オサスナ-アスレティック      予想:1(×)
5、 ソシエダ-スポルティング      予想:2(×)
6、 エスパニョール-アトレティコ    予想:2(1)
7、 レバンテ-エルクレス        予想:1
8、 デポル-ラシン           予想:×
9、 マラガ-マジョルカ         予想:2
10、(Segunda)アルコルコン-テネリフェ  予想:1
11、(Segunda)グラナダ-ヌマンシア    予想:1
12、(Segunda)ベティス-カルタヘナ    予想:1
13、(Segunda)アルバセーテ-セルタ    予想:2
14、(Segundジローナ-エルチェ      予想:1(×)
15、マドリー-バルサ           予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

3000万ユーロ

MARCAはチェルシーがバレンシアのスペイン代表FWマタ獲得に3000万ユーロ準備していると報道。

ガライ、スポルティング・リスボン移籍か

レアル・マドリーのアルゼンチン人DFガライが来夏、ポルトガルのスポルティング・リスボンへと移籍する可能性が高いことを代理人のRicardo Schlieperがポルトガル紙A Bolaのインタビューで答えている。

メッセージ入りユニホームで対戦

バレンシアはレアル・マドリー戦、サポーターのメッセージが書かれたユニホームで対戦するとのこと。それぞれの選手に対してメッセージを集めており、50の優秀作品がユニホームに書かれるとのこと。

アトレティコ、ジョバノビッチに興味

英紙the peopleの電子版はアトレティコ・マドリーがリバプールのセルビア代表MFミラン・ジョバノビッチに興味を示していると報道。ジョバノビッチは今季リバプールに加入したものの、ここまで出場機会に恵まれていない。

ヘスス・ナバス、今季絶望

セビージャのスペイン代表MFは検査の結果、左足腓骨の疲労骨折が判明。全治に4,6週間が必要で、今季の出場が絶望なものに。

デル・ボスケ、5対0はマドリーに影響しない

スペイン代表監督ビセンテ・デル・ボスケがレアル・マドリー対バルセロナの対戦についてコメント。リーガ、国王杯、CL準決勝と4度の対戦が控える中で、前半戦の5対0が心理的に両チームに差をつけると見られているが、スペイン代表監督は「影響はない。確かに数か月前のことだが、誰にも影響を与えることはない。バルセロナが5対0で勝ったことで勝利は確実だと思ってはいないし、マドリーは負けたことで不安に思っていることはない」とコメント。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第31節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−202ユーロ(約−22,200円)
購入額合計:240ユーロ(約26,400円)
当選額合計:38ユーロ(約4,200円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

マドリーがホームで破れ、セグンダの上位2チームはドロー。
さらにアウェー勝ちが続出し、荒れに荒れた前回。
的中はわずかに6。
15試合、14試合的中なし。13試合的中の配当金は約4,4000ユーロ(約480万円)、
10試合16.28ユーロ(約1,800円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada: 50 Fecha:10-04-11)
Primera (1部) 10試合:第31節 
Segunda(2部) 5試合:第33節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):バレンシア-ビジャレアル

注目のカードはバレンシア-ビジャレアルの
チャンピオンズリーグ本戦をかけての、3位争いの直接対決。
バレンシアはホーム8勝4分3敗の現在3位。
前節ヘタフェに勝利を収めているものの、
その前の2試合で連敗し、ここ5戦は2勝3敗。
ビジャレアルはアウェー5勝3分6敗の4位。
前節はバルサにホームで敗戦。ここ5戦2勝1分2敗。
両チームの勝ち点差は3。
過去5年のバレンシアホームではバレンシア1勝2分2敗とやや分が悪い。
ややアウェーに難があるものの、
勝ち点で追いつきたいビジャレアルに勝ちが転がりそうだ。

前節躓いたマドリーはアウェーでアスレティックと対戦。
アスレティックはホーム10勝5敗の4位好調をキープ。
アモレビエタの負傷は痛そうだ。
さらに得点ランク4位につけるジョレンテの4試合ノーゴールも気になる。
マドリーはアウェー9勝4分2敗で2位。
前節シャビ・アロンソ、マルセロ、ロナウド、ベンゼマを欠き、
スポルティングに今シーズン初黒星を喫し、
モウリーニョリーグ9年間無敗記録も150試合でストップ。
しかしCLでは4-0でトッテナムに大勝し、
息を吹き返してきた。
イグアイン、カカーに続き、負傷のベンゼマが復帰濃厚。
ここ5試合のアスレティックホームではアスレティック1勝4敗。
マドリー勝利か。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 マジョルカ-セビージャ       予想:2
2、 サラゴサ-ヘタフェ         予想:1
3、 バルサ-アルメリア         予想:1
4、 アスレティック-マドリー      予想:2
5、 スポルティング-オサスナ      予想:1
6、 アトレティコ-ソシエダ       予想:1
7、 エルクレス-エスパニョール     予想:×(1)
8、 ラシン-レバンテ          予想:1(×)
9、 マラガ-デポル           予想:1
10、(Segunda)エルチェ-ナスティック   予想:1
11、(Segunda)カルタヘナ-レクレ     予想:1
12、(Segunda)へレス-ベティス      予想:2
13、(Segunda)セルタ-バジャドリー    予想:1(×)
14、(Segundジローナ-ラス・パルマス   予想:1(×)
15、バレンシア-ビジャレアル       予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

キニエラでGO!! 10/11シーズン第30節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−194ユーロ(約−21,600円)
購入額合計:232ユーロ(約25,800円)
当選額合計:38ユーロ(約4,200円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

セグンダでの結果が荒れ、
ホーム、アウェー勝利が半々で、
9試合的中で配当金に届かなかった。
15試合的中の配当金は約94万ユーロ(約1億500万円)、
10試合1.81ユーロ(約200円)と高額だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada: 49 Fecha:03-04-11)
Primera (1部) 10試合:第30節 
Segunda(2部) 5試合:第32節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):デポル-マジョルカ

代表戦、ストの恐れを乗り越え再開されるリーガ。
今節の注目はビジャレアル-バルサ。
ビジャレアルは現在3位。ホームではわずかに15試合で1敗のみ。
バルサは首位だが、今節は怪我でメッシ、ボージャン、ペドロ、マクスウェル、
プジョル、手術後のアビダルを欠く可能性が高い。
荒れる試合になるか。

マドリーはスポルティングをホームに迎える。
ベンゼマ、ロナウドを欠くのは濃厚だが、
難しい試合にはならないだろう。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 セビージャ-サラゴサ        予想:1
2、 ヘタフェ-バレンシア        予想:2
3、 ビジャレアル-バルサ        予想:1(2)
4、 アルメリア-アスレティック     予想:2(×)
5、 マドリー-スポルティング      予想:1
6、 オサスナ-アトレティコ       予想:1
7、 ソシエダ-エルクレス        予想:1
8、 エスパニョール-ラシン       予想:1
9、 レバンテ-マラガ          予想:1
10、(Segunda)ナスティック-テネリフェ  予想:1
11、(Segunda)グラナダ-カルタヘナ    予想:1
12、(Segunda)ベティス-セルタ      予想:1
13、(Segunda)バジャドリー-ラージョ   予想:1(2)
14、(Segunda)アルバセーテ-サラマンカ  予想:×(2)
15、デポル-マジョルカ          予想:×

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com