« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

キニエラでGO!! 10/11シーズン第21節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−122ユーロ(約−13,400円)
購入額合計:160ユーロ(約17,600円)
当選額合計:38ユーロ(約4,200円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

後半戦最初の試合は、圧倒的にホーム勝ちが多かった。
順当勝ちが多く、12試合的中に成功。
配当金は異常に低く、
15試合的中で770ユーロ(約85,000円)、
10、11試合0ユーロ、12試合でも3.70ユーロ(約410円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:37 Fecha:30-1-11)
Primera (1部) 10試合:第21節 
Segunda(2部) 5試合:第22節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ラシン-バレンシア

マドリーはアウェーでオサスナと対戦する。
オサスナは勝ち点17で降格圏ギリギリの17位。
ホーム戦績は4勝4分1敗と悪くない。
しかし怪我人は多数いる。
マドリーは現在、勝ち点51で現在2位。
アウェーの戦績は6勝3分1敗。
怪我人はいるものの、アデバヨルが入団した。
過去5年のオサスナホーム対戦戦績は1勝1分3敗。
レイノ・デ・ナバラを得意としないマドリーではあるが、
勢いで勝りそうだ。

バルサはエルクレスとアウェーで対戦。
エルクレスは唯一今季バルサに土をつけているチーム。
アウェーで0-2で勝利している。
ここまで勝ち点22で12位につけている。
今季のホーム戦績は5勝1分3敗。
バルサは首位で唯一のアウェー全勝チーム。
エルクレスにとって、
バルサの追い風を止めるのは、非常に厳しいだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 マジョルカ-スポルティング       予想:1
2、 アトレティコ-アスレティック      予想:1
3、 エルクレス-バルサ           予想:2
4、 マラガ-サラゴサ            予想:2(1)
5、 デポル-セビージャ           予想:1
6、 レバンテ-へタフェ           予想:2(1)
7、 エスパニョール-ビジャレアル      予想:1
8、 ソシエダ-アルメリア          予想:1
9、 オサスナ-マドリー           予想:2
10、(Segunda)ヌマンシア-ラージョ      予想:2
11、(Segunda)コルドバ-サラマンカ      予想:1(×)
12、(Segunda)ナスティック-ラス・パルマス  予想:×(1)
13、(Segunda)グラナダ-ベティス       予想:2
14、(Segunda)レクレ-エルチェ        予想:×
15、ラシン-バレンシア            予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

もしもの場合

この冬の移籍市場の終了を告げたアトレティコ・マドリーだが、ウルグアイ代表ゴディンには1700万ユーロの違約金を準備したチェルシーのように引き続きオファーが届いており、ゴディンが退団した場合、後釜としてウニベルシダーチリのウルグアイ人DFマウリシオ・ビクトリーノをリストアップしているとのこと。

売らない

レアル・マドリーが来季の補強として狙っているアスレティック・ビルバオのスペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテだが、会長のフェルナンド・ガルシア・マクーアは自分が会長である限り、ジョレンテを放出するつもりはないと移籍を否定。

ジョレンテ自身は「プレー以外の事で乱されないように集中するだけ」と明言を避けている。

検討はする

ヘタフェ史上最高額の違約金600万ユーロで加入したGKウスタリ。ボカ・ジュニオールズが興味を示していることに関して「検討はする。それが自分にもクラブにも良いものかどうか。ともかく、今はプレーをしているし、ヘタフェは自分の家。ここでプレーする限り自分の持てる力全てを出す」とチーム退団の可能性に関しては明確な返答はしていない。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

スペインから出ない

スポルティング・ヒホンはフィオレンティーナからの左サイドバックホセ・アンヘルの獲得オファーに合意したものの、選手本人にスペインを離れる意思はなく、移籍を否定している。イタリアのクラブは4年半の契約と違約金300万ユーロを提示し、同じように獲得を目指しているマラガのオファーを超えるものだった。

ホセ・アンヘルはマラガ移籍だけを考えているが、両クラブの間で違約金の支払いに関しての合意が得られず交渉は決裂している。

カテゴリ - Gijon

固定リンク

ナポリに

エスパニョールDFビクトル・ルイスがナポリに移籍することが合意に。違約金600万ユーロ+MFダトロの完全移籍が条件。アルゼンチン人MFは2013年までエスパニョールでプレーすることに。

ポチェッティーの監督は主力が抜けたことに関して「レギュラーがいなくなるのだから満足などしていない」と選手放出をしなければいけないクラブ事情を理解しながらも不満を隠していない。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第20節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−118ユーロ(約−13,100円)
購入額合計:152ユーロ(約16,800円)
当選額合計:34ユーロ(約3,700円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

前回はホーム勝ちが多かったものの、マドリードロー、
セビージャホームで敗戦等で躓き、
またもや9試合的中で終わってしまった。
しかしその他はほぼ妥当な結果だったため、
配当金は15試合的中で68,600ユーロ(約750万円)、
10試合0ユーロ、11試合4.10ユーロ(約460円)とあまり高額ではなかった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:36 Fecha:23-1-11)
Primera (1部) 10試合:第20節 
Segunda(2部) 5試合:第21節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):サラゴサ-デポル

今節から後半戦に突入するプリメラ。
注目はマドリーvsマジョルカか。
前節アルメリアに苦戦し引き分けたマドリー。
バルサとの勝ち点差4の2位で前半戦を折り返した。
ホームでは唯一得失点共にトップの成績で全勝をキープしている。
マジョルカはアウェーでアトレティコに惨敗し、
勝ち点27の9位で前半戦を終了している。
これまでアウェーでは2勝1分6敗と大きく負け越し。
家長のベンチ入りに注目が集まるものの、
退場となったデ・グズマンが出場停止は痛い。
第1節では攻めあぐみスコアレスドロー。
過去の対戦では08/09シーズンにホームで土がついているが、
マドリーホーム4勝1敗。マドリー優勢だろう。

スポルティングvsアトレティコもおもしろそうだ。
スポルティングはホーム3勝3分4敗の17位。
前節、長い長いトンネルから抜け出し、
実に第7節以来の勝利を上げている。
アトレティコは試合内容はともかく、
3-0でマジョルカに勝利し、前半戦6位で終えている。
しかし今節はアグエロ、レジェスの欠場は大きく、
キケ・サンチェスは「マドリーだとロナウド、エジルを失った様なもの」と
嘆いていた。
過去5年のスポルティングホーム戦績は0勝1分4敗とアトレティコ優位に傾く。
両チーム共にモチベーションは高そうだが、
アトレティコはアウェーでの戦績は3勝1分5敗とよくない。
苦労が長かったスポルティングに軍配が上がるかもしれない。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 スポルティング-アトレティコ     予想:1(2)
2、 アスレティック-エルクレス      予想:1
3、 バルサ-ラシン            予想:1
4、 バレンシア-マラガ          予想:1
5、 セビージャ-レバンテ         予想:1
6、 へタフェ-エスパニョール       予想:1
7、 ビジャレアル-ソシエダ        予想:1
8、 アルメリア-オサスナ         予想:1
9、 マドリー-マジョルカ         予想:1
10、(Segunda)グラナダ-レクレ       予想:×(1)
11、(Segunda)テネリフェ-ラス・パルマス  予想:1
12、(Segunda)コルドバ-ジローナ      予想:×(1)
13、(Segunda)ヌマンシア-サラマンカ    予想:1
14、(Segunda)カルタヘナ-セルタ      予想:1(2)
15、サラゴサ-デポル            予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

満足しない

ビジャレアル戦で戦線復帰を果たしたセルヒオ・サンチェス。ホセ・マリア・デル・ニード会長は心臓疾患から復帰を果たしたカタルーニャ出身DFに満足感を示しているものの、代表でプジョールを超えるまでは満足しないとはっぱをかけている。

延長

ビジャレアルはスペイン代表DFカプデビラと2年の契約延長で合意したことをクラブが公式に発表。現在32歳のDFはビジャレアルで現役を終える可能性が高くなった。

いきたい

スポルティング・ヒホンDFホセ・アンヘルが合意に達しているマラガ移籍を直訴。1月頭にすでに300万ユーロの違約金で両クラブとも合意に達していたが、スポルティングファンの反対から放出にストップがかかっていた。ホセ・アンヘルは出場機会を得るために新天地での戦いを望んでいる。

カテゴリ - Gijon

固定リンク

さよなら

セビージャのフランス人DFコンコがジェノバへ移籍することで合意に。違約金は600万ユーロで、近いうちに正式発表される見込み。

また1人

ヘタフェにMFフアン・ロドリゲスが来季移籍することが決まったデポルティーボ・ラ・コルーニャだが、新たにU-21スペイン代表FWのアドリアン・ロペスが来季からアトレティコ・マドリーでプレーする事で合意に達したとのこと。

レンタル

エスパニョールはFWコロをオサスナに今季終了までのレンタル移籍で放出する事を発表。コロはチームの残留を決める得点を決めるなど、大一番に強い選手ではあったが、ここ数年は試合出場機会を失っていた。

狙ってます

今季からレギュレーションが変わり、5試合以上試合出場を果たした選手も獲得が出来るようになったリーガ。アトレティコ・マドリーはフォルランがチームを去った場合のオプションとしてエスパニョールのオスバルド、エルクレスのバルデスをリストアップしているとのこと。

延長

セビージャのスペイン代表MFヘスス・ナバスはクラブと2015年までの契約延長で合意に。違約金は3500万ユーロ。

ヘスス・ナバスは「一番に考えていたのは契約延長だから、とても満足している」と喜びを見せている。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第19節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−110ユーロ(約−12,200円)
購入額合計:144ユーロ(約15,900円)
当選額合計:34ユーロ(約3,700円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

前回はまたもやセグンダで躓き、的中は9試合で終わってしまった。
しかしその他はほぼ妥当な結果だったため、
配当金は15試合的中で35,600ユーロ(約390万円)、
10試合1.20ユーロ(約135円)と定額だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:35 Fecha:17-1-11)
Primera (1部) 10試合:第19節 
Segunda(2部) 5試合:第20節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ソシエダ-セビージャ

プリメラは前半戦最後の節となる。
バルサはマラガとホームで対戦。
バルサは勝ち点49でトップを走る。
怪我人もなく、万全の状態だ。
マラガは現在勝ち点17の16位。
しかし今冬、監督にペジェグリーニを招聘し、補強に補強を重ねている。
出場停止はいないものの、GKルベン、ゴメス、イバン・ゴンサレスが負傷中。
マラガが2008年に昇格してから2シーズンの対戦は、
バルサ全勝。しかも得失点は14得点、失点2と圧倒的な差である。
マラガの補強選手が攻撃的な個性にプラスされればおもしろそうだが、
今回はまだ対戦が早すぎたようだ。

バレンシアはデポルと対戦する。
バレンシアは現在勝ち点34の4位。
セサル・サンチェス、モヤの両ゴールキーパー、アルベルダが負傷中。
攻撃の要アドゥリスが出場停止。
デポルは徐々に上がってはきているものの、
勝ち点21の13位と例年に比べ、低迷している。
さらにミチェル、リキ等怪我人も多数いて、
ルベン・ペレスが出場停止となっている。
過去5年の対戦を見てみると、
バレンシア5勝4分1敗(ホーム3勝1分1敗)と分がある。
再び同じ結果となるだろうか。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 アルメリア-マドリー          予想:2
2、 ビジャレアル-オサスナ         予想:1
3、 ヘタフェ-レアル・ソシエダ       予想:1
4、 セビージャ-エスパニョール       予想:1
5、 サラゴサ-レバンテ           予想:×(1)
6、 バレンシア-デポル           予想:1
7、 バルサ-マラガ             予想:1
8、 アスレティック-ラシン         予想:1
9、 スポルティング-エルクレス       予想:×(2)
10、(Segunda)ベティス-アルコルコン    予想:1
11、(Segunda)バジャドリー-ウエスカ    予想:1
12、(Segunda)アルバセーテ-ナスティック  予想:1(×)
13、(Segunda)ポンフェラディナ-テネリフェ 予想:×(1)
14、(Segunda)ラージョ-カルタヘナ     予想:1
15、アトレティコ-マジョルカ        予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

基本合意

マラガはバルセロナのアルゼンチン人CBガブリエル・ミリートと基本的合意に達したとのこと。契約期間は2年半。ミリートはこの夏に行われるコパアメリカ出場のために出場機会を求めてチーム退団を訴え、クラブも放出を認める方向なため、数日中にも正式合意になる見込み。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

契約延長

バレンシアのスペイン代表FWマタはクラブと2014年までの2年間の契約延長で合意。

ゴールを決める


アーセナルからレバンテにレンタル移籍してきたブラジル人FWウェリントン・シルバはメディカルチェックの後の入団会見で「出来るだけ多くのゴールを決める」と新天地での意気込みを語っている。

18歳ブラジル人FWは「とても幸せ。良い仕事が出来ることを望んでいる。どれだけの試合に出れるかわからないけど、多くのゴールを決めたい」と笑顔を見せた。自身のスタイルについてはロナウドに似たスピードを生かしたタイプと話している。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

ジェイダ0-1サバデル

56分の指宿のゴールでサバデルが勝利。

カテゴリ - Video

固定リンク

リーガ復帰か

イタリア紙コリエレ・デッロ・スポルトはビジャレアルが左ひざ前十字じん帯断裂の為今季絶望の右サイドバックアンヘルの穴埋めとしてローマのブラジル人サイドバック、シシーニョの買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を検討していると報道。
シシーニョはレアル・マドリードデプレーをしていた元リーガの選手で、復帰となる同じようにローマからマラガに移籍したMFバプティスタに続く事に。

構想外

アトレティコ・マドリーの元スペイン代表DFフアニートがクラブとの契約を解除。昨シーズン、ベティスからアトレティコへ移籍したものの、成長著しい若手のドミンゲスにポジションを奪われており、キケ・サンチェス・フローレスの構想から外れて落ち、今シーズンは国王杯ラス・パルマス戦の90分出場で終わっている。

我慢も限界だよ

給料未払いから騒動になっているエルクレス。今週中に遅延分をクラブが払う予定とのことだが、パラグアイ人FWバルデスはもし、フロントが自分達の言葉を反故にするようなことがあれば、プロとして我慢の限界があることを伝えなければいけないと話している。

カテゴリ - Hercules

固定リンク

早い補強

ヘタフェはデポルティーボ・ラ・コルーニャMFフアン・ロドリゲスと来季からの3年契約で合意に。アンダルシア出身MFは中盤ならどこでも出来るポリバレントな選手で、ボアテングが抜けた場合の穴埋めとなる。

また、ヘタフェはスポルティング・ヒホンMFディエゴ・カストロと同じように違約金0で来季からのプレーで合意しており、早いチーム作りを行っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

フロムイングランド

イングランドラジオTALKSPORTはリバプールがセビージャの元スペイン代表FWネグレド獲得に向けて2050万ユーロを準備していると伝えている。同ラジオ局は2000万ユーロを超える違約金からセビージャも放出を悪くないと考えており、最後の判断は選手がとると伝えている。

獲得

スポルティング・ヒホンにポルトのポルトガル人MFアンドレ・カストロのシーズン終了までのレンタル移籍での加入が決まっている。スポルティングは昨夏にも獲得に動いていたが、ポルトガルのクラブは放出を拒否していた。

アンドレ・カストロは将来が期待されている22歳のMFで、出場機会を増やすためにリーガでプレーするとのこと。

カテゴリ - Gijon

固定リンク

また?


昨シーズン、冬の移籍市場でチームの半分を変える補強で残留を決めたサラゴサ。今季もここまで降格圏内と結果を残せずにおり、ゼニトのポルトガル人守備的MFフェルナンド・メイラ、ボルシア・ミュンヘングラドバッハのアルゼンチン人FWボバディージャ、ウディネーゼのイタリア人FWアントニオ・フローロ・フローレス、サンダランドのパラグアイ人CBパウロ・ダ・シルバ、バルセロナンのアルゼンチン人CBガブリエル・ミリート獲得に動いているとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

新たに

ユベントスがこの冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン獲得に動いているとイタリア紙が報道。1500万ユーロの違約金が交渉のネックとなっているとのこと。

無理

300万ユーロの違約金でバレンシアからGKディエゴ・アルベスの獲得打診を受けているアルメリアだが、アルフォンソ・ガルシア会長はブラジル人GKは最低700万ユーロを要求しており、ディエゴ・アルベスもペロッティもこの冬の移籍市場で出すことはないと話している。

代表かも

マジョルカのMFデ・グスマンがオランダ代表に招集される可能性が出ている。オランダ代表監督ベルト・ファン・マルヴァイクはマジョルカでのパフォーマンスをしっかりと見ており、「今シーズンの活躍は驚きではない」と話している。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第18節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−102ユーロ(約−12,200円)
購入額合計:136ユーロ(約15,300円)
当選額合計:34ユーロ(約3,700円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

今年最初のQunielaは、セグンダの躓きが大きく、
今回も9試合的中に終わった。
配当金は15試合的中で102,000ユーロ(約1,100万円)、
10試合0ユーロ、11試合2.59ユーロ(約290円)とだった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:34 Fecha:10-1-11)
Primera (1部) 10試合:第18節 
Segunda(2部) 5試合:第19節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ソシエダ-セビージャ

注目は2位マドリーvs3位ビジャレアル。
マドリーはここまでホーム全8連勝。
今節はイグアイン、ペペが負傷、アルベロアが出場停止となっているが、
カカー、ガゴが相次いで復帰し、戦列に厚みが出てきた。
ビジャレアルはアウェー3勝2分3敗。
ニウマール、マルチェナ、マルコス・セナと鍵となる選手が負傷している。
ここ5年の対戦成績ではホーム3勝2分。
特に昨季の6-2でのマドリー勝利は記録に新しい。
中盤でのエジル、カカーvsボルハ・バレーロ、ブルーノの対戦もおもしろそうだが、
今回もマドリー優勢は固そうだ。

首位バルサは12位デポルホームを訪れる。
デポルは序盤こそ躓いていたものの、ホーム3勝4分1敗で回復傾向にある。
またホームでの失点は5と少ない。
しかしフアン・ロドリゲス出場停止、リッキー、グアルダード、モラル、
ミッチェルが負傷欠場。
バルサは唯一のアウェー全勝。アウェーでの得点が29、失点4と
2番手を大きく引き離す好成績。
目立った負傷、出場停止者もなく、万全の体制で試合に臨める。
1トップのアドリアン・ロペスは好調だが、
バルサの勢いは止まらないだろう。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 マジョルカ-アルメリア        予想:1
2、 マドリー-ビジャレアル        予想:1
3、 オサスナ-ヘタフェ          予想:×(2)
4、 エスパニョール-サラゴサ       予想:1
5、 レバンテ-バレンシア         予想:2
6、 デポル-バルサ            予想:2
7、 マラガ-アスレティック        予想:1
8、 ラシン-スポルティング        予想:×(1)
9、 エルクレス-アトレティコ       予想:2
10、(Segunda)ウエスカ-ベティス      予想:2
11、(Segunda)ナスティック-バジャドリー  予想:2
12、(Segunda)ヌマンシア-ラス・パルマス  予想:×(2)
13、(Segunda)へレス-ラージョ       予想:1(2)
14、(Segunda)エルチェ-セルタ       予想:2
15、ソシエダ-セビージャ          予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

古巣へ

ラジオマルカはヘタフェFWマヌ・デ・モラルがアトレティコ・マドリーへ移籍することで基本的合意に達したと報道。ヘタフェも選手の意思を尊重するとのことで問題はなく、数日中にも正式発表される見込み。マヌはアトレティコ・マドリーのカンテラで育ったFW、サイドでプレーが出来る選手で、シマオの後釜として期待されている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

まだまだ行くよ

冬の移籍市場唯一元気なクラブであるマラガは攻撃の強化としてリーベルプレートのアルゼンチン人FWブオナノッテ獲得を検討しているとのこと。1000万ユーロに違約金は設定されているものの、問題はEU外枠が埋まっていることだが、現在のメンバーを放出することを検討しており、チームは夏のチームと全く違う姿に生まれ変わる可能性が。

また、マラガはレアル・マドリーで出場機会を失っているMFディアラ獲得も検討しており、既に選手とは合意に達しているとのこと。残るはクラブ間交渉だけに。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

交渉中

ビジャレアルのイタリア人FWジュゼッペ・ロッシがイエローサブマリンとの契約延長交渉を行っていることを認めている。ロッシの契約はまだ2年残っているものの、イタリアクラブからのラブコールが止まらない状態。

3,000人

マラガに入団しリーガ復帰を果たしたブラジル人MFバプティスタ。3000人を超えるファンが入団会見を訪れるフィーバーで、バプティスタは「自分の力を証明したいし、8.10得点決めたい」と意気込みを語った。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

チームを出たい


バルセロナの元アルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートが冬の移籍市場でのチーム退団をグアルディオラに直訴したとのこと。アルゼンチン人CBはコパアメリカでプレーするために出場機会を得ることを望んでいる。グアルディオラは選手から直訴されたことを認めており「残ってい欲しいが決めるのは彼」とミリートのチーム退団の可能性を語っている。

契約延長

契約延長
アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアグエロがクラブと2014年までの2年の契約延長で合意に達したことをエンリケ・セレッソ会長が発表。また違約金は4500万ユーロに再設定されている。アトレティコはフォルラン、レジェスなどの主力組と契約延長で合意に達していた。

アグエロは契約延長が出来て満足しており、「ここで成長したいという思いを延長したし、多くのタイトルを取りたい」と話している。

手術へ

腰椎椎間板ヘルニアのため戦線を離れているレアル・マドリーのアルゼンチン代表FWイグアインが手術を行うことをクラブが発表。スペシャリストの診断などを受け手術台に立つことなく復帰する道を探していた。48時間以内にどこの病院でどのドクターが執刀するかを決めるとのこと。

イグアインは4日にスペインに到着したものの、手術に関してはナーバスになっており、可否が決まるまでメディアに対応しないことを宣言していた。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第17節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−102ユーロ(約−11,300円)
購入額合計:136ユーロ(約15,000円)
当選額合計:34ユーロ(約3,700円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

年内最後のリーガは、上位陣が順当勝ちを収めていたものの、
中堅以下の試合で引き分けが相次ぎ、今回も9試合的中に終わった。
配当金は15試合的中で14,300ユーロ(約160万円)、
10試合でも1.14ユーロ(約130円)とだった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)

●今回の対象試合(Jornada:32 Fecha:3-1-11)
Primera (1部) 10試合:第17節 
Segunda(2部) 5試合:第18節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):アスレティック-デポル

今年最初のリーガ注目カードはヘタフェvsマドリー。
現在勝ち点26で7位につけるヘタフェは
リーガ、コパ、ELで6連勝中と勢いに乗っている。
しかし今節はDFの要、マルカーノ、ビクトル・サンチェスが出場停止。
アドリアン・コルンガが欠場濃厚。
マドリーもモウリーニョ監督就任以来、クラシコ以外の敗戦ははなく、
勝ち点41で2位。首位バルサとの差は2。
イグアイン、ドゥデク以外の怪我人は練習に復帰しだし、
徐々に万全の状態へと仕上がってきている。
過去5年のヘタフェホームでの対戦成績は2勝1分2敗。
相性は悪くないが、それでもマドリー勝ちが高そうだ。

その他、バルサ、ビジャレアル、バレンシアと上位陣は揃ってホームゲーム。
波乱の起こる試合は少なそうだ。

セグンダでは2位ラージョvs3位セルタの上位陣対決。
ラージョはホーム7勝1分と無敗、失点はわずかに3と堅守を誇る。
セルタはアウェー3勝4分1敗。アウェーの得点力はリーガ2位につける。
過去のラージョホームでの対戦成績は1勝1敗。
非常におもしろいゲームとなりそうだが、
ラージョ優位だろう。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 ビジャレアル-アルメリア      予想:1
2、 ヘタフェ-マドリー         予想:2
3、 セビージャ-オサスナ        予想:1
4、 サラゴサ-ソシエダ         予想:2(1)
5、 バレンシア-エスパニョール     予想:1
6、 バルサ-レバンテ          予想:1
7、 スポルティング-マラガ       予想:1(2)
8、 アトレティコ-ラシン        予想:1
9、 マジョルカ-エルクレス       予想:1
10、(Segunda)ベティス-ナスティック  予想:1
11、(Segunda)バジャドリー-テネリフェ 予想:1
12、(Segunda)アルバセーテ-コルドバ  予想:×(2)
13、(Segunda)ジローナ-カルタヘナ   予想:×(2)
14、(Segunda)ラージョ-セルタ     予想:1
15、アスレティック-デポル       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com