« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

お祭り騒ぎ

クラシコ終了後のバルセロナ市内

カテゴリ - Video

固定リンク

リーガ第13節

サラゴサ0-3ビジャレアル

セビージャ1-3ヘタフェ

アトレティコ・マドリー2-3エスパニョール

スポルティング・ヒホン1-3レアル・ソシエダ

エルクレス3-1レバンテ

ラシン・サンタンデール1-0デポルティーボ・ラ・コルーニャ

マジョルカ2-0マラガ

アスレティック・ビルバオ1-0オサスナ

バレンシア2-1アルメリア

バルセロナ5-0レアル・マドリー

カテゴリ - Video

固定リンク

キニエラでGO!! 10/11シーズン第13節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−70ユーロ(約−7,600円)
購入額合計:104ユーロ(約11,300円)
当選額合計:34ユーロ(約3,700円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

プリメラはセビージャがホームで負けた以外、
ほぼ順当な結果っだたのだが、セグンダで波乱が起こり、
惜しくも9試合止まり。
配当金は15試合的中で590万ユーロ(約6,500万円)、
10試合で2.26ユーロ(約260円)。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●今回の対象試合(Jornada:24 Fecha:28-11-10)
Primera (1部) 10試合:第13節 
Segunda(2部)5試合:第14節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):バルサ - マドリー

今節の注目は今季初カードとなるクラシコ。
しかも通常は週末開催だが、このカードに限っては
カタルーニャ選挙やCLの影響で29日月曜日21時(日本時間30日5時)となった。
バルサは10勝1分1敗(ホーム4勝1分1敗)勝ち点31の2位。
負傷しているミリート以外のメンバーはOKそうだ。
マドリーは10勝2分(アウェー4勝2分)勝ち点32の首位。
負傷のイグアイン、ケディラが間に合うか微妙。
またカカー、ガライ、ガゴは引き続きリハビリ中。
過去5年のカンプノウの対戦では2勝2分1敗。
得点ランク2位メッシ、首位ロナウド対決、
モウリーニョのマドリー無敗記録等、見所が満載。
ここ2年のクラシコではホーム、アウェーともにバルサ全勝だが、
ブックメーカーの予想ではバルサ勝2倍、ドロー3.6倍、マドリー勝3.4倍と
大きなアドバンテージはない。
今年のマドリーは近年になく守備が固いので、
今年は波乱がおきそうだ。

アトレティコは徐々にと調子を上げ、勝ち点20の6位。
ゴディンが前節復帰したので、ドミンゲスが招集外。
エスパニョールは今季好調をキープ。
勝ち点22で4位につけている。
しかしホームでは全勝なのだが、
なぜかアウェーは6試合で1勝しかできていない。
しかも得点1、失点11と壊滅的。
ダビド・ガルシア、ビクトル・ルイス、ドゥシェル、コロが
負傷で間に合わず。
またイバン・アロンソは監督判断での招集外。
過去5年のカルデロンでの対戦は2勝1分2敗と互角。
両チームのスタメンは前節と同じと予想されている。
エスパニョールはアウェーでの悪い流れを払拭したいだろうが、
アグエロ、フォルランにエンジンがかかってきただけに、
CLを賭けた戦いはアトレティコに軍配が上がる。

セグンダではラス・パルマスがラージョを迎える。
ラス・パルマスは現在ホーム無敗の勝ち点18の9位。
ホーム戦績は3勝3分。
懸念するとすれば下から4番目の失点数だ。
ラージョは好調をキープし、勝ち点27の2位。
アウーェでは2勝2分2敗。
しかしアウェーではここ4試合勝ち星なし。
過去2年のセグンダでのラス・パルマスホームの対戦は1勝1分。
この試合、引き分けありそうだ。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 セビージャ-ヘタフェ        予想:1
2、 サラゴサ-ビジャレアル       予想:1(×)
3、 アルメリア-バレンシア       予想:1
4、 アスレティック-オサスナ      予想:1
5、 スポルティング-ソシエダ      予想:1
6、 アトレティコ-エスパニョール    予想:1
7、 エルクレス-レバンテ        予想:1
8、 ラシン-デポル           予想:×(2)
9、 マジョルカ-マラガ         予想:1
10、(Segunda)グラナダ-コルドバ    予想:1
11、(Segunda)バジャドリー-カルタヘナ 予想:1
12、(Segunda)アルバセーテ-ヘレス   予想:×
13、(Segunda)ラス・パルマス-ラージョ 予想:×(2)
14、(Segunda)ジローナ-サラマンカ   予想:×(1)
15、バルサ-マドリー          予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

延長

アトレティコ・マドリーはコロンビア代表DFペレアと2012年までの1年の契約延長で合意に達したことを発表した。クラブはペレアのロヒブランコへの忠誠心、毎試合一番クラブの為に最大限のパフォーマンスを出してくれていると賛辞を送っている。

3人目

リージョの後任探しが難航していたアルメリアだが、元テネリフェ監督ホセ・ルイス・オルトラが監督に就任したことを発表。オルトラは「やる気と気合に満ち溢れている」と就任会見で語った。また新監督は「結果を出すために必要な運を持つことが大事。ともかく、自分の持てる力を全てアルメリアの為に注ぐ」と苦しい状況のチームを救うためには全力を尽くすことはもちろん、運も必要と語っている。

3年

ビジャレアルは今季で契約の切れる監督フアン・カルロス・ガリドと2014年までの契約延長で合意に達したことを発表。

レンタルか

バレンシアのポルトガル代表MFマヌエル・フェルナンデスがグティの所属するトルコリーグ、ベシクタスにレンタル移籍する可能性が出て来ている。すでに両クラブの間で話し合いは行われており、合意には達してはいないものの順調に話が進んでいるとのこと。

他クラブが興味

今季終了後に契約が切れるレアル・ソシエダのサイドバックの2人カルロス・マルティネスとデ・ラ・ベージャだが、現時点ではクラブと契約延長で合意に達しておらず、1月から他クラブと契約交渉を自由に行う可能性が。

カルロス・マルティネスにはアスレティック・ビルバオ、オサスナ、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、ラシン・サンタンデールが興味を示しており、デ・ラ・ベージャにはセビージャ、デポルティーボ、ビジャレアル、オリンピアコスが興味を示している。

狙っている

アトレティコ・マドリーは来季の補強としてシャルケ04のMFラキティッチ、ガラタサライのミシモビッチ、エルクレスのバルデスの名前が挙がっている。前者2名は中盤の補強、最後のパラグアイ人FWはもちろん前線の補強。

また、マンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているGKデ・ヘアだが、アトレティコ残留を明言している。

まだ決まらない

アルメリアの後任候補に上がったゴロシートだが、交渉は当初の想像以上に簡単なものではなくなり、現時点ではサインをしていない。新たにアルメリアは元テネリフェ監督ホセ・ルイス・オルトラと交渉を開始している。仮契約をしているアルゼンチン人監督は木曜日にクラブと交渉を行い最終決断を下す。ゴロシートは1年の契約延長オプション付きのシーズン終了までの契約を望んでいる。

早いでしょ

6試合連続で勝ち星のないヘタフェ。すでにミチェル監督の後任としてアルメリアと決別したマルセリーノやウーゴ・サンチェスの名前がリストアップされている。とはいえキャプテンのカスケロは「チームは中位にいるし、3大会を戦っている。そういう話をするほどのものではない」と他の選手同様にミチェルを擁護。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

もっと話題にしてくれ

現在CL出場権内の4位につけているエスパニョール。FWルイス・ガルシアはメディアがブランキアスールの快進撃を全く話題に上げないことに不快感を示している。

ルイス・ガルシアは「自分達のクラブの話が全くないことに関して不快な気持ちを持っている。もっと話があってよいもの。ファンは仕事場に自分たちが4位のチームだと誇りを持って行く。リーガが終わった時もその気持ちを持っていることを願いたい」とコメントしただけでなく「自分たちがFIFA決勝に行ったときは普通の空気だった。だがヘタフェがベスト8でバイエルンの前に敗れた時は凄いことをした空気だった。エスパニョールは4つのカップを持っているし、2度UEFA決勝で戦っている。少し前は3つ目のタイトルを獲得する可能性があった」とメディアに全く取り上げられないことを不満に。

誰に

リージョを解任したアルメリア。第一候補としてマルセリーノと交渉したが、答えはネガティブなもので、新た昨シーズンヘレスを率いていたアルゼンチン人監督ゴロシートにオファーを出している。現時点では返答待ち。アルゼンチン人監督以外にも候補としてメンディリバル、オルトラの名前も挙がっている。

記録途切れる

バレンシア戦で足首をねんざし全治2,3週間の診断が下されたビジャレアルのスペイン代表DFカプデビラ。リーガでは出場停止を除き21か月連続で出場を果たしていたが、記録が途絶えることに。

カプデビラはビジャレアルに移籍してからの4年間の間で欠場したのは5試合のみだった。替えのきかない不動のレギュラーが欠場することになったが、DFゴンサロはカプデビラの代わりとなる選手はいると心配していない。

ない

ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは噂されたミチェル監督の解任を否定。アンヘル・トーレス会長は「ミチェルに満足している。昨シーズン素晴らしい仕事をしたし、チームは6位だった。今シーズン、CLに入るとか国王杯で優勝することを目標にすることはない。クラブとの契約があるし、指揮を今後もとっていく。試合前にいつも話をしているし、私の事務実に呼ぶつもりはない」とミチェルを信頼していることを語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

リーガ第12節

ビジャレアル1-1バレンシア

アルメリア0-8バルセロナ


レアル・マドリー5-1アスレティック・ビルバオ

オサスナ1-0スポルティング・ヒホン

エスパニョール3-0エルクレス

レバンテ3-1ラシン・サンタンデール

デポルティーボ・ラ・コルーニャ3-0マラガ

セビージャ1-2マジョルカ

レアル・ソシエダ2-4アトレティコ・マドリー

ヘタフェ1-1サラゴサ

カテゴリ - Video

固定リンク

キニエラでGO!! 10/11シーズン第12節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−62ユーロ(約−6,700円)
購入額合計:96ユーロ(約10,400円)
当選額合計:34ユーロ(約3,700円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

今節も順当勝ちが多く、
前節に続き12試合的中も、配当金は合計5ユーロと非常に低かった。
15試合的中で1,250ユーロ(約14万円)、
10、11試合では0ユーロ、12試合で5ユーロ(約550円)と
今季最低金額だろう。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●今回の対象試合(Jornada:22 Fecha:21-11-10)
Primera (1部) 10試合:第12節 
Segunda(2部)5試合:第13節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ビジャレアル-バレンシア

注目はビジャレアル-バレンシア。
3位vs4位の対戦となる。勝ち点差は1ゲーム。
ビジャレアルは2位バルサとの差が5あるだけにこれ以上負けられない。
ホームでは首位マドリーと並び全勝。そして失点は1とこれはマドリーを上回る。
マルチェナは古巣との初対戦となる。
バレンシアはアウェー3勝2敗。
マタ、フリオ・セサル、マトゥー、トパル、ジョルジ・アルバ、マヌエル・フェルナンデスが負傷、アルベルダが出場停止で7人が試合に出れない。
ここ5年の対戦は4勝1敗でビジャレアル。
ロッシ-ニウマール、ソルダード-アドゥリスのFW対決はおもしろそうだが、
ビジャレアル優勢は否めないだろう。

マドリーはホームでアスレティックと対戦。
マドリーはホーム5連勝で首位。2位バルサとの差は勝ち点1。
引き続きカカー、ガゴ、ガライが負傷中だが、出場停止はいない。
ほぼベストで試合に臨める。
アスレティックは勝ち点16で8位。
アウェーでの試合に難を抱え、1勝1分3敗。
さらにグルペギ、コイキリ、カスティージョが出場停止、FWトケーロも間に合わず。
アスレティックがベルナベウで勝ったのは99年が最後。
ここ5年の戦績はマドリー5勝。
全ての条件がマドリーに傾いている。

セグンダではカルタヘナ-ベティス。
昨年セグンダBから昇格し5位でシーズンを終えたカルタヘナだが、
現在勝ち点15の14位で勢いはやや弱まっている。
ここ数試合、ホームで勝ってアウェーで負けてを繰り返している。
昨シーズンはベティスとアウェーでスコアレスドロー。
昨年までラシンに在籍していたトニ・モラルの出場停止は痛い。
さらに3人の主力が怪我で出場微妙。
ベティスは勝ち点29で2位ラージョに5差をつけ、
首位を確固たるものにし、ここ7試合負けなしである。
カメルーン人エマナを足首捻挫で欠くものの、
死角はなさそうだ。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 セビージャ-マジョルカ      予想:1
2、 へタフェ-サラゴサ        予想:1
3、 アルメリア-バルサ        予想:2
4、 マドリー-アスレティック     予想:1
5、 オサスナ-スポルティング     予想:1
6、 レアル・ソシエダ-アトレティコ  予想:1(2)
7、 エスパニョール-エルクレス    予想:1
8、 レバンテ-ラシン         予想:×(1)
9、 デポル-マラガ          予想:1
10、(Segunda)ナスティック-ウエスカ  予想:×
11、(Segunda)テネリフェ-アルコルコン 予想:×(1)
12、(Segunda)カルタヘナ-ベティス   予想:2
13、(Segunda)ヘレス-バジャドリー   予想:×(2)
14、(Segunda)エルチェ-ジローナ    予想:1
15、ビジャレアル-バレンシア      予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

完敗

ポルトガル4-0スペイン

3人目

スペイン紙ASはサラゴサが成績不振のアウレリオ・ガイ監督を更迭し新監督として元メキシコ代表,日本代表監督候補にあがったメキシコ人監督ハビエル・アギーレ承認で事実上決定したと報道。クラブ公式の発表はまだだが、両者で完全合意に達しており、後は年棒などを詰めるだけの状態とのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

クラブ次第

スポルティング・ヒホン戦で膝の十字靭帯を負傷し、全治6か月の重傷を負ったアトレティコ・マドリーGKアセンホははじめに復帰に力を注いでくれた人々への感謝の言葉を発することで記者会見を始め、すでにキケ・サンチェス・フローレス監督のもとで十分仕事の出来るコンディションに回復したことを強調。

とはいえ、現時点ではデ・ヘアがアトレティコのゴールを守っており、移籍の噂も絶えない状態。アセンホは「クラブと話をしたがそれ以上のことはない。アトレティコで幸せだし、移籍市場まで時間がある。自分の膝が完ぺきな状態化を確認することが第一。だけどもすべてはクラブの判断次第。状況は決して簡単ではないが、自分は楽観主義者」とクラブの決断が第一だと話したが、アトレティコでプレーしていくことを望んでいる。

復帰

ヘタフェFWアリスメンディがトレーニングに復帰。国王杯ポルトゥガレテ戦で体調不良を訴え、1日の入院を強いられていたFWだが、審査の結果は問題なく16日の練習から復帰を果たしている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

全治20日

バレンシアのフランス人サイドバックマシューは右足のヒラメ筋の肉離れのため全治20日の診断が下されている。診断の結果、0.4?の筋繊維断裂が判明。スタッフはフランス人DFのパフォーマンスが上がらないことを心配していたが、今回の負傷により、ジョルディ・アルバが左サイドバックを務めることに。

ミラン?

ドイツのインターネットサイト4-4-2.comはビジャレアルのスペイン代表DFカプデビラが来季ACミランに移籍する可能性があると発表。今シーズン33歳とベテランの域を超える年齢に入ったDFだが、欧州選手権、W杯を獲得したスペイン代表の不動の左サイドバックである。

ミランは違約金なしの状態でカプデビラを獲得することを望んでおり、ビジャレアルとスペイン代表DFの今後の交渉が注目される。

決定

PSVはオランダ代表MFアフェライの冬の移籍市場でのバルセロナ移籍を公式に認めた。バルセロナは違約金と300万ユーロをオランダのクラブに払う。契約は4,5年で1月からバルセロナの一員に。後は詳細とサインを残すのみ。

バルセロナの冬の移籍市場での補強第1号にオランダ人MFはなった。アフェライはシャビ、イニエスタの中盤のバックアップもしくは同等の働きが期待されている。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第11節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−59ユーロ(約−6,500円)
購入額合計:88ユーロ(約9,700円)
当選額合計:29ユーロ(約3,200円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=110円計算)で16口(ダブル4個)購入 

ダービーはマドリーの圧勝。
12試合的中も、ほぼ順当にな結果で配当金は合計14ユーロと低い。
15試合的中で6,700ユーロ(約74万円)、
10試合0ユーロ、11試合でも1.5ユーロ(約170円)だった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●今回の対象試合(Jornada:21 Fecha:14-11-10)
Primera (1部) 10試合:第11節 
Segunda(2部)5試合:第12節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):サラゴサ - セビージャ

今節の注目カードは2位バルサvs3位ビジャレアル。
両チームの勝ち点差は2。
一時期はホームでの取りこぼしがあったものの、
バルサは4戦連続勝利している。
また水曜日の試合でミリートが肉離れで全治4-6週間の負傷をしている。
ビジャレアルは負けこそ1試合しかないものの、
アウェーでの試合に苦しみ2試合連続ドロー。
この対戦、ここ2年連続ドローが続き、
バルサがホームで勝利したのは4年前とかなり相性の悪いようだが、
ビジャレアルの勢いを粉砕するか。

マドリーはスポルティングとアウェーで対戦。
スポルティングは木曜日にコパ・デル・レイを戦い中2日での試合となる。
ホームではバレンシアに1敗したのみである。
しかし今週頭からプレシアド監督がインフルエンザでダウン。
それがどう影響するか。
マドリーはここまで8勝2分の無敗。
コパは水曜日で中3日と一日多めに間を空けての試合となる。
こちらも同じく監督に難が。
モウリーニョが水曜日のコパで退席処分となり、
ベンチに入れない事態が起こっている。
過去の対戦では昨年こそスコアレスドローだが、
スポルティング勝利は14年前までさかのぼる。
マドリー優位は揺るぎないだろう。

今年のセグンダはレギュレーションが変わり1、2位が自動昇格。
3-6位はプレーオフで、1チームが昇格するため、
その圏内の争いがおもしろくなりそう。
今節は6位バジャドリーvs3位セルタのカードがある。
両チームともにそこからこぼれないようにするのがまず第一のため、
白熱した試合が期待できそうだ。
バジャドリーはここ最近ペースを落としてきている。
しかしホームは素晴らしく、4勝1分け、失点がなんと1のみである。
セルタは前節こそ首位対決に敗れ3位に後退したものの、
アウェーでは負けていない。
ドロー試合がありそうだ。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、  バレンシア - ヘタフェ        予想:1
2、  バルセロナ - ビジャレアル      予想:1
3、 アスレティック- アルメリア      予想:1
4、 スポルティング - マドリー      予想:2
5、 アトレティコ - オサスナ       予想:1
6、 エルクレス - レアル・ソシエダ    予想:×(1)
7、 ラシン - エスパニョール       予想:1
8、 マラガ - レバンテ          予想:1
9、 マジョルカ - デポル         予想:(×)1
10、(Segunda)アルコルコン - コルドバ  予想:1
11、(Segunda)レクレ - カルタヘナ    予想:2
12、(Segunda)ベティス - ヘレス     予想:1
13、(Segunda)バジャドリー - セルタ   予想:×(1)
14、(Segunda)ラス・パルマス - ジローナ 予想:1(×)
15、サラゴサ - セビージャ        予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

国王杯ベスト32

マラガ3-2エルクレス

ヘタフェ0-0ポルトゥガレテ

カテゴリ - Video

固定リンク

国王杯ベスト32

サラゴサ1-2ベティス

レアル・マドリー5-1ムルシア

アトレティコ・マドリー1-1ウニベルシダー・ラス・パルマス

セビージャ6-1レアル・ウニオン

バルセロナ5-1セウタ

アスレティック・ビルバオ2-0アルコルコン

デポルティーボ・ラ・コルーニャ2-1オサスナ

エスパニョール1-1バジャドリー

ラシン・サンタンデール3-1コルドバ

カテゴリ - Video

固定リンク

そういえばそうだ

バルセロナのスペイイン代表MFシャビは地元ラジオに出演し代表引退を考えていない事を明らかに。背番号6番は「欧州選手権でプレーしたいし、次のW杯も自分を戦力として計算してくれるならいきたい。自分にとって代表でプレーする事は誇りだし,それはいつも話してきた事。自分の目標と思いは代表でプレーする事」とスペイン代表への思いを口にした。

シャビにとっての代表での問題はカタルーニャ人選手の問題とのことだが、「バスケットのガソルはカタラン人ナノにその問題が起きていない」とサッカーだけで起きるスペイン、カタルーニャ論争に疑問を投げかけている。

大人なのか子供なのか

交通違反などピッチ外で主役になる事が多いエルクレスMFドレンテ。木曜日の国王杯エルクレスはペジェグリーニ新監督率いるマラガと対戦。オランダ人MFは元監督との関係について「選手、監督の関係に近くはなかった。自分が望んだように接してくれなかったし、ペジェグリーニの下では良いシーズンを送る事が出来なかった」と愚痴をこぼしたかと思えば「彼との関係は完璧とはいえなかったけど、彼は偉大な監督だし、カカーやクリスティアーノのような偉大な選手達がマドリードにいることを考えないといけない。監督にとって誰を起用するかは簡単だったと思う」と古巣での定位置争いに敗れたことを認めている。

カテゴリ - Hercules

固定リンク

自信につながる

ロスタイムのガビのペナルティーでマジョルカから今季初勝利を飾ったサラゴサ。キッカーのガビは「マジョルカの勝利は自信を掴むのにつながる。試合の日も言ったけど、今週の戦いが今シーズンの中で一番重要な週になる。その最初の試合に自分達は勝利した。次は国王杯に勝って、セビージャに勝利して降格圏を脱出する事を誰もが望んでいる」と勝利を続けることを誓っている。

また、ガビはマジョルカ戦の勝利は格別な味のするものだったが、あの戦いがサラゴササポーターの心臓に悪いものだと言うことを認めており、早い時間に試合を決める必要性があると語った。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

余裕が出てきた

チーム再建の最終オプションとして使用した5バックが功を奏し2連勝と降格圏を脱出したデポルティーボ・ラ・コルーニャ。選手達の間にも余裕が生まれてきたようで、DFアイタミは「ロポ、コロットがエスパニョール戦でゴールを決めたから、今度は自分の番と話をしていた。運良く本当に決められたし、チームの力になれた。皆チームの力になる事を望んでいるし、今はCBで誰が一番ゴールを決めるかを競っている。選手の間では冗談を言い合っているけど、それは健全なもの」と冗談を言えるほどにチームに自信が戻ってきた事を伝えている。

キニエラでGO!! 10/11シーズン第10節

本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。(4シーズン目に突入も赤字が続く...)

●これまでの結果
合計:−57ユーロ(約−6,500円)
購入額合計:72ユーロ(約8,300円)
当選額合計:15ユーロ(約1,800円)
※購入金額は毎回8ユーロ(約900円,1ユーロ=115円計算)で16口(ダブル4個)購入 

バレンシアがまたもやホームでやらかし、
アトレティコも下位のアルメリアとドロー。
それ以外の結果引き分けが多く、9試合的中で配当金には届かず。
15試合的中で57万ユーロ(約6,600万円)、
10試合2.94ユーロ(約340円)と配当金は低かった。

●Quinielaルール
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●今回の対象試合(Jornada:19 Fecha:7-11-10)
Primera (1部) 10試合:第10節 
Segunda(2部)5試合:第11節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):サラゴサ - マジョルカ

今回の注目カードは間違いなくマドリードダービーだろう。
マドリーはアウェーのエルクレス戦で先制点を許しながらも、後半爆発し1-3の勝利。
アトレティコは前節アルメリアとホームで痛恨のドロー。
そして今節はセンターバックの二人、ゴディン(負傷)、ペレア(累積)が出場できない。
今カード、マドリーはホーム73試合49勝12分12敗、そしてここ11年負けなし。
またモウリーニョは約8年半の140戦ホーム負けなし。
マドリー有利な条件が揃い過ぎているようだ。

もうひとつのビッグゲームはセビージャvsバレンシア。
両チーム、若干調子は落としているものの、好カードには間違いない。
セビージャは前節、バルサに5-0の惨敗。これで3年連続の大失点となってしまった。
しかもイタリア人MFグアレンテ、主将パロップが負傷欠場する。
またナバスもまだ戦列復帰できない。
バレンシアは2試合連続のホームゲームを1分1敗。その前もアウェーでバルサに敗戦。
3戦勝ち星なしの悪い流れでアウェーでの強豪との戦いを余儀なくされている。
またアドゥリス、アレックス・ドミンゲスが先日の練習をリタイアイしているのが、
気になるところだ。
両チームともに万全でない今カード。
セビージャはこのカード、5年連続負けていない。
バレンシアが最後に勝利したのは03/04シーズン。
セビーじゃか。

セグンダでは2位セルタvs1位ベティスの首位をかけた直接対決。
両チームの勝ち点差は4。
セルタにとってはここで負けると大きく差をつけられてしまう大事な一戦。
セルタはここまでホーム3勝1分1敗。
ベティスは同じくアウェー3勝1分1敗。
しかし今年のベティスはアウェーでの取りこぼしが少なく、
得失点共にリーグトップの好成績。
攻守にわたって隙がないベティスがアウェーながらも有利か。

●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
※( )内はダブル使用

1、 セビージャ - バレンシア       予想:1
2、 ヘタフェ - バルセロナ        予想:2
3、 ビジャレアル - アスレティック    予想:1
4、 アルメリア - スポルティング     予想:×(1)
5、 マドリー - アトレティコ       予想:1
6、 オサスナ - エルクレス        予想:1
7、 レアル・ソシエダ - ラシン      予想:1
8、 エスパニョール - マラガ       予想:1
9、 レバンテ - デポル          予想:×(2)
10、(Segunda)テネリフェ - ナスティック 予想:1
11、(Segunda)コルドバ - ウエスカ    予想:1
12、(Segunda)カルタヘナ - グラナダ   予想:×(1)
13、(Segunda)セルタ - ベティス     予想:2(1)
14、(Segunda)ラージョ - バジャドリー  予想:1
15、サラゴサ - マジョルカ        予想:×

カテゴリ - その他

固定リンク

目標は次のW杯

代表引退が噂されたバルセロナのスペイン代表MFシャビだが、イベントの席で「代表を引退するつもりはないし、ポルトガルとの試合にプレーがしたいし、欧州選手権でプレーしたい。目標は2014年W杯」と代表を引退するつもりはないことを明らかに。

マドリディスモが脈打っている

心臓の問題のため戦列を離れていたレアル・マドリーMFデ・ラ・レッドが現役引退を発表した。今後はクラブに残り、下部組織の監督やトップチームのサポートをしながら指導者として現場復帰を目指す。

デ・ラ・レッドは「またユニホームを着るために戦ったが、医者は戻らないことをすすめてきた。選手として成長したチームで、引退をする。自分の心臓は今でもマドリディスモが脈打っている」と選手として現場を離れてもチームと共にいることを語っている。

獲得?

冬の移籍市場でバレンシアはベルダー・ブレーメンのポルトガル人FWウーゴ・アルメルダ獲得のために身分照会をしていることが判明。ポルトガル人FWが今季終了後に契約が切れるため、1月に自由に他クラブと交渉できることから、先手を打った形に。

喜ぶ

レバンテのMFセルヒオは古巣デポルティーボ・ラ・コルーニャからゴールを決めた場合、今のチームのサポーターのためにもゴールを喜ぶことを話している。また、デポル戦はレバンテにとって「降格圏内のチームだし、多くの面から勝点が自分たちは必要。それにホームで戦う。ホームで勝ち点を逃すことは出来ない。何よりも連敗をしているからこそ勝利が必要」と必勝を誓っている。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

契約へ

マラガと監督就任交渉を行っているチリ人監督ペジェグリーニ。すでに両者は口頭で合意に達しているとのことで、2013年までの契約で収まるとのこと。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

他じゃない

前節エスパニョールから初勝利を獲得したデポルティーボ・ラ・コルーニャ。監督ロティーナは「誰もがクレジットを持っているし、自分は最初の人物。だが、コルーニャでは自分はリスペクトされている。何故ならこの結果なら他の監督は家路につかされている。そのことはだますことは出来ない。会長のため、サポーターの為に戦い続ける」と巻き返しを誓った。

話し合い

今季終了後に契約の切れるビジャレアルのスペイン代表DFカプデビラ。1月から他クラブと自由に交渉が出来るが、クラブは12月に契約延長の話し合いを行うとのこと。この夏にはユベントス移籍一歩手前であったカプデビラだが、ビジャレアルとの契約延長が一番と考えており、交渉は問題なく行われ、サインすることが予想されている。

今季絶望

オサスナMFルーペルは水曜日の練習中に膝を負傷。診断の結果、左ひざの前十字靭帯の断裂が判明し、今季絶望。また、パンディアーニも痛めていた右足ヒラメ筋を再び痛め、週末のエルクレス戦欠場が濃厚。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

CL

バレンシア3-0レンジャース

コペンハーゲン1-1バルセロナ

カテゴリ - Video

固定リンク

つきない噂

ユベントスが冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWフォルラン獲得に動くとイタリア紙ガゼッタ・デッロ・スポルトが伝えている。

解任

マラガは成績不振からジェスアルド・フェレイラを解任し、元レアル・マドリー監督マヌエル・ペジェグリーニと交渉をしている。すでにポルトガル人監督の解任をマラガは公式HPで発表しており、チリ人監督は水曜日にマラガフロントと交渉を行うとのこと。マラガはペジェグリーニ以外にも何人かの候補をリストアップしている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

歓迎

オサスナのスペイン代表DFモンレアルに対しベンフィカが興味を示していると報道されたことに関して、モンレアルは「名誉なことだし、大きな一歩前進」と歓迎している。モンレアルのクラブとの契約は2012年まで。ベンフィカの他にもレアル・マドリー、ミラン、リバプールも興味を示しているとのこと。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

交渉中

バルセロナはベンフィカとBチームFWノリートの移籍交渉を行っているとバルセロナ地元ラジオが報道。今季終了後に契約の切れるノリートには1000万ユーロの違約金が設定されているが、ポルトガルのチームは獲得に高い興味を示しているとのこと。

痛い

9月16日のUEFAヨーロッパリーグ対PSG戦で左足首を負傷したセビージャのスペイン代表MFヘスス・ナバスが故障個所を完治させるため、手術台に上ることが決まった。

引退?

スペインサッカー誌ドン・バロンはバルセロナのスペイン代表シャビが、代表出場100回を節目に代表引退を宣言する可能性を報道。慢性的なアキレス健痛のために現在100%のコンディションをキープできないMFはクラブドクターの試合過多のリズムを落とすアドバイスを受け入れ、ここまで代表97試合に出場しており、残り3回で代表引退を口にする可能性があるとのこと。

クラブチームメートであるプジョールも代表引退を検討した過去があり、ここ数年、スペイン代表をけん引してきた攻守の要が代表から姿を消す可能性も。

他にあっただろう

ドレンテのオランダ人MFドレンテが先週木曜日早朝4時20分に交通法違反で制裁を受けていることがわかった。ドレンテは時速160?で6つの赤信号と点灯信号を無視したとのこと。ドレンテは釈明として知人の状態が急変し救急車を呼んだがなかなか到着せず自分の車を使い、早くつくことだけを考えたとのこと。オランダ人MFは「死に掛けの重病人を病院に運んでいた」と語ったが、確認したところ、酒酔いはしていたものの急性アルコール中毒の症状はなかったとのこと。

カテゴリ - Hercules

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com