« バレンシアから | メイン | 調査中 »

死に近づいていた

2010年10月05日

シーズン最初の監督交代を行ったセビージャ。ホセ・マリア・デル・ニード会長は「誰もがチームに変化が必要なことは分かっていた。なぜなら少しずつチームは死に近づいていた。新監督が就任し、選手たちもピッチで本来の力を発揮できるようになっている」とマンサーノ監督就任でチームの雰囲気が変わったことをコメントしている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com