« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

またセビージャから

セビージャDFアドリアーノのバルセロナ移籍が決定した。違約金としてバルセロナは1000万ユーロ+オプション350万ユーロを支払うとのこと。ホセ・マリア・デル・ニード会長は土曜日からバルセロナと交渉を行い、基本的合意に達したことをプレシーズン先で明らかにしている。

バルセロナの新会長サンドロ・ロッセルが初めて獲得した選手。バルセロナにはダニエル・アルベス、ケイタとブラジル人MFの元チームメートがいる。

CAMPEON!!

オランダ0対1スペイン

スペイン初のW杯王者に!!

カシージャス、ねぎらう恋人に

カテゴリ - Video

固定リンク

とりあえず

ヘタフェのスポーツディレクター、トニ・ムニョスはレアル・マドリー移籍の話が出ているMFペドロ・レオンについて「ヘタフェでプレシーズンをはじめることは間違いない」とコメントしている。

とはいえ、ミラン、マドリーなど多くのクラブが興味を示しているMFの残留に関しては「何が起きるかを待つしかない」と新シーズン、ヘタフェでプレーすることを断定はしていない。

また、レアル・マドリー・カスティージャMFモスケラについては「とても興味があるものだが、ペドロ・レオンとは全く関係ない」と獲得を検討しているとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

レンタル

レバンテはマラガからMFシャビ・トーレスをレンタル移籍で獲得。買い取りオプションは付随していない。

昨シーズンはマラガで11試合に出場し1得点をあげているシャビ・トーレス。「チーム内の競争に勝ち、定位置を確保したい」と意気込みを語っている。

カテゴリ - レバンテ

固定リンク

復帰

サラゴサはGKトニ・ドブラスと1年のオプション付きの2年の契約延長で合意。元ベティスの守護神は昨シーズン、セグンダのエルクレスでプレーしており、2年ぶりのサラゴサ復帰となっている。
また、サラゴサは元アトレティコ・マドリーのガラタサライでプレーするアルゼンチン人GKレオ・フランコの獲得を目指しているが、現時点では金額に隔たりがあるとのこと。

カテゴリ - サラゴサ

固定リンク

見返してやる

古巣シャクタル・ドネツクに1500万ユーロの違約金で復帰することが決まったバルセロナのウクライナ人DFチグリンスキー。グアルディオラからは戦力として計算していることを話されていたウクライナ人DFは「自分の力を世界中に証明する。それに新会長に自分を放出したことが街が言ったことを証明する」とチャンスを与えてくれなかったサンドロ・ロッセルを筆頭にした新フロントが後悔するようなプレーをしていくとバルセロナの地元ラジオに語っている。

ビジャレアルに

ヘタフェ、セビージャなどが興味を示していた昨シーズンマジョルカでプレーをしていた・ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンのスペイン人MFバレハがビジャレアルへ移籍することがほぼ決定した。契約期間は5年。

現時点では詳細を詰めるだけの状態であり、ビジャレアルは退団したピレスの後釜としてイエローサブマリンの中盤を形成することを期待している。

チャンスをものにしてみせる

マジョルカからアトレティコ・マドリーへ復帰を果たしたマリオ・スアレスは「このチャンスを掴んでみせる」と古巣復帰での思いを語っている。180万ユーロでアトレティコに復帰したマリオ・スアレスはバジャドリー、セルタ、マジョルカとリーガの各チームを渡り歩いているが、23歳と今後が期待されている選手。

主役だね

ビジャ、シルバ、ジギッチと主力を放出しこの夏の移籍市場の主役を務めているバレンシア。放出にも積極的だが補強にも積極的で、ユベントスのフランス人FWトレゼゲの代理人はバレンシアが興味を示していることをイタリア紙にコメント。

更にビジャを放出したマンチェスター・シティからはロビーニョのレンタルを打診されていると英紙デイリー・ミラーは伝えている。とは言え、ブラジル人FWがレンタル移籍していたサントス会長はロビーニョのもう1年のセッションを希望し、イングランドのクラブにオファーを出すとのこと。

守備の選手を

プリメーラ昇格を果たしたエルクレス。守備の補強としてCB、右サイドバックでプレーの出来る昨シーズンセビージャでプレーをしていたスタンケビシウスの獲得を目指しサンプドリアと交渉をしているとのこと。

また、左サイドの補強としてサラゴサのパレデス獲得を目指しており、後はマドリード下部組織出身選手がサラゴサとの契約を解除するだけの状態。

カテゴリ - Hercules

固定リンク

違うタイプ

サラゴサからヘタフェに移籍したFWアリスメンディ、入団会見の席でバレンシアに移籍したソルダードと自分は違うタイプと前任者との比較されることを望んでいない。

アリスメンディは「ソルダードと比較するつもりはない。2人の違う選手だし、ヘタフェに来たのは彼の真似をするわけではない。ここ数年素晴らしい成長を見せているクラブに自分は来た。ヨーロッパリーグをプレーすることに強い思いがあるし、クラブの信頼をピッチで返して生きたい。要求は当然。大きなことをするつもりでヘタフェにきた」と出身地マドリードのクラブで結果を出すことを強く願っている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

バラハの後継者に

バレンシアはモンペリエのアルゼンチン人MFアルベルト・コスタ獲得で合意に。エメリーを初めとしたクラブスタッフが求めていた選手で、ルベン・バラハの後継者として期待されている。

公式には発表されていないが、違約金は650万ユーロ、契約期間は4年と推定されている。

ティトの愛称を持つアルベルト・コスタは「ヨーロッパ、スペインで強豪のバレンシアでプレーする夢が叶った。獲得のために力を注いでくれたクラブ、自分の力を信じてくれたクラブに感謝している」とコメントしている。

イングランド?

ディ・マリアを獲得したレアル・マドリ。GMのホルヘ・バルダーノは更に2,3人の選手補強をすることを明らかにしており、英紙デイリー・メールはそのうちの2人がリバプールのスティーブン・ジェラード、チェルシーのアーシュリー・コールであると報道している。

同紙によるとマドリーはジェラードに2460万ユーロのオファーを準備しており、チェルシーが望むアーシュリーコールの3070万ユーロも補強費の内に計算しているとのこと。

正式に

バレンシアはスペイン代表MFシルバのマンチェスター・シティ移籍を公式に発表。W杯終了後、メディカルチェックをパスした後に正式にサインを結ぶとのこと。違約金に関してバレンシアは発表していないものの3200万ユーロと言われている。

シルバは「今回は特別な状況。選手として人として育った自分の人生のクラブを後にすることだから。けど自分は新しくプレミアリーグのマンチェスター・シティのビッグプロジェクトに参加する。バレンシアに対しては感謝の言葉しかない」とバレンシアの選手として最後の言葉を送っている。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com