« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

ただじゃ売らない


ヘタフェが獲得の打診が来ているディエゴ・カストロについてスポルティング・ヒホンは150万ユーロが支払わなければ放出する意思が無いことを明らかにしている。

アンヘル・トーレスは無償での獲得を目指しており、最悪1シーズンを待って左サイドを獲得する事も考えているとのこと。とはいえ、UEFAヨーロッパリーグを戦うチームにとってディエゴ・カストロの力はぜひとも欲しいところ。

カテゴリ - Gijon

固定リンク

買うよ

選手を毎年のように売却しているマジョルカだが、今季レンタルでチームに加入した右サイドバック、マッティオーニの買取オプションを行使する方向で動いているとのこと。オプションの期限は5月31日までで、100万ユーロが必要とのこと。チームはふところ事情があまり良くないが、チームの主力として期待していることから期限までには行使する予定とのこと。

楽しいから

エスパニョールからオファーがあったがオサスナと1年のオプションつき1年契約でサインしたウルグアイ人FWパンディアーニ。パンディアーニは、「とても満足している。1回目のオファーには納得しなかったから家族のいるバルセロナのクラブ、エスパニョールと比較した。けどここでは2年間楽しめたし、これからも続けていきたい」とオサスナでのプレーに満足していること、再オファーがとりあえず納得できるものであることから合意に達したことをコメントしている。

契約延長のオプションはシーズンの50%の試合に出場すること。パンディアーニは自信を見せており、契約を2年にすると語っている。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

契約延長

アトレティコ・マドリーは監督キケ・サンチェス・フローレスと1年の契約延長で合意に達したことを発表。国王杯こそ逃したものの、キケ・サンチェス・フローレスはUEFAヨーロッパリーグのタイトルを獲得し、サポーターから続投が望まれていた。

1対0

心臓疾患の手術をドイツで受け、成功したセビージャDFセルヒオ・サンチェス。現時点では「1対0で勝っている」と術後良好であることを語った。

復帰

6月南アフリカで開催されるW杯に向けての合宿をスタートさせたスペイン代表。初日の練習は1時間のフィジカルメニュー。別メニューのフェルナンド・トーレスを除き、怪我で戦列を離れていたMFセスクも他のメンバーと同じリズムで練習を消化している。

セビージャ!!

アトレティコ・マドリー 0−2 セビージャ

アントニオ・プエルタにささげるタイトル。

カテゴリ - Video

固定リンク

10点満点

バルセロナのスペイン代表MFシャビは4000万ユーロでバレンシアから獲得した代表チームメートであるビジャについて、10点満点と歓迎している。シャビは、「偉大な選手だし、タイトルへの飢えを持っている。彼がチームに加入することは最高。10点満点」と話している。

お金がない

CL出場を逃したものの、全てのクラブの記録を塗り替えたマジョルカ。監督グレゴリオ・マンサーノと契約延長を希望はしているものの、経営難のため、オファーを出来るだけの金額を準備できないとのこと。

また、マンサーノの代理人がマジョルカでは払えない高いレベルの年棒を求めていることをアレマニーは明らかにしており、島の英雄監督がチームを去ることに。

契約延長

チームの攻撃の要であるビジャは去ったものの、守備の要であるベテランGKセサルと1年の契約延長でバレンシアは合意に達している。バレンシアでの1年半で59試合48試合に出場と第2の青春をセサルは謳歌している。

残る

2013年まで契約のあるヘタフェMFパレホ。最初の2年はレアル・マドリーが500万ユーロで買い戻すことの出来るオプションを持っており、当初は行使する予定だったものの、ヘタフェが来季UEFAヨーロッパリーグでプレーすることから経験を更につませるためにも出場機会の可能性が少ないマドリーよりヘタフェでプレーすることで両クラブは合意に達したとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

今日にも発表

バレンシアのスペイン代表FWビジャのバルセロナ移籍が19日水曜日にも公式に発表される見込みとのこと。違約金は4000万ユーロをベースで両者は合意に達しているとの事だが、現時点では金額の差額があるとの事。

否定

レアル・マドリー移籍で合意に達したといわれているベンフィカのアルゼンチン代表MF・ディ・マリアだが、代理人のアンドレス・ミランダは合意報道を否定。とはいえ、多くのヨーロッパクラブが興味をしていることは認めている。

現時点では正式なオファーはなく、ディ・マリアには4000万ユーロの違約金が設定されているとの事。

積極補強

最終節で残留を決めたラシン・サンタンデール。既に来季の補強に動いており、アルメリアから左サイドバックのドミンゴ・シスマとヘレスから右サイドバックのフランシスの2人を補強。両者とも4年契約。

また、チームはクリスティアン・フェルナンデスと3年契約で延長に合意したこと、マリオ・フェルナンデスとオスマル・バルバの2選手が下部組織から昇格したことを発表。

出場

アルメリア戦で審判に対する暴言から退場処分を受けたセビージャFWネグレドだが、規律委員会はレッドカードの裁定をイエローカードに取り下げ。国王杯決勝でプレーすることが可能に。

まるでキャプテン翼


残り50秒、まるでマンガのようなファインゴールでCL出場を獲得したセビージャ。決めたのは下部組織の19歳FWロドリ。気持ちを込めてうったというシュートは、その意味の重さからいって今シーズンNo1ゴールと言えるもの。

カテゴリ -

固定リンク

キニエラでGO!! 09/10シーズン最終第38節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。
リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、
一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。


●Quinielaルール
・最低購入金額は1ユーロ(レート125円計算)2口
・購入時間は対象試合初日の15時まで
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●ここまでの結果
合計:−251ユーロ(約−31,400円)
購入額合計:296ユーロ(約36,000円)
当選額合計:45ユーロ(5,600円)
※毎回8ユーロ(約1.000円)16口(ダブル4個)購入  

前回はセグンダがやや荒れ、下位チームの巻き返しもあり、
9試合で配当金獲得ならず。
配当金は15試合66,000ユーロ(80万円)、10試合2.7ユーロ(330円)だった。
ラスト1試合、今までも負けを挽回できるか!?


●今回の対象試合(Jornada:55 Fecha:16-5-10)
Primera (1部) 10試合:第38節 
Segunda(2部) 5試合:第37節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):アスレティック・ビルバオ - デポルティーボ・ラ・コルーニャ

プリメラはついに最終戦。
首位バルサとマドリーの差は依然としてわずか1。
もしバルサが勝利しすれば、無条件で優勝が決まる。

カップ戦争いではCLをかけてセビージャとマジョルカ、
ELはヘタフェとビジャレアル。
また降格争いも白熱。
バジャドリー、ラシン、マラガ、テネリフェ、ヘレスの5分の3で降格の可能性が残される。

バルサは降格のかかるバジャドリーと。
累積でシャビ、マクスウェルを欠くものの、イニエスタの復帰は朗報だろう。
バジャドリーは怪我人が多いものの、
第31節より元スペイン代表でも監督を務めたクレメンテが監督就任後、チーム状態が一転。
3勝3分1敗と見違える様になった。
それでもバルサ相手には厳しいだろうが、おもしろい試合が展開されるかもしれない。

一方、2位マドリーも降格圏内18位のマラガとアウェーで。
ホーム・マラガはやや怪我人を抱える。
前節も負けられない一戦を落としてしまい、10試合未勝利。
マドリーは奇跡の逆転に向けて、苦しい戦いを強いられながらも
なんとか勝利で持ちこたえている。
今節、ペペ、ラウルが負傷欠場。グティも胃腸炎で危ぶまれる。
マラガは降格がかかっているだけに、
この試合もまた一波乱ありそうだ。


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
1点予想:ホーム勝ち6、引き分け3、アウェー勝ち6
※( )内はダブル使用

1、アトレティコ・マドリード - ヘタフェ            予想:2
2、ラシン・サンタンデール - スポルティング・ヒホン      予想:×(1)
3、バルセロナ - バジャドリー                 予想:1
4、アルメリア - セビージャ                  予想:1(2)
5、バレンシア - テネリフェ                  予想:2
6、サラゴサ - ビジャレアル                  予想:2
7、オサスナ - ヘレス                     予想:×(2)
8、マジョルカ - エスパニョール                予想:1
9、マラガ - レアル・マドリー                 予想:2
10、(2部)コルドバ - レクレアティーボ・ウエルバ        予想:1
11、(2部)サラマンカ - カルタヘナ               予想:2
12、(2部)ヒムナスティック - ベティス             予想:2
13、(2部)ラス・パルマス - カディス              予想:×(1)
14、(2部)エルチェ - セルタ                  予想:1
15、アスレティック・ビルバオ - デポルティーボ・ラ・コルーニャ 予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

試合後

どこまでホントか

移籍の話は誰よりも早く手にするイングランドメディア。今回はバルセロナ会長ジョアン・ラポルタがチェルシー,マンチェスター・シティにスウェーデン代表FWイブラヒモビッチの売込みをかけたというもの。

イングランド紙によるとラポルタ会長はスウェーデン人FWを獲得した4600万ユーロと同額のオファーがあれば放出するとのこと。ユベントスもイブラヒモビッチ獲得を目指しているが、イタリアのクラブは3700万ユーロ以上は出す気はないとのこと。

バルセロナだけ

イベントに参加していたアーセナルのスペイン代表MFセスク。記者の度重なるアーセナルを退団した場合、行き先はバルセロナかと言う質問に、イエスと答えている。

セスクは自分が希望することとクラブが自分を獲得することを望むかはまた別のことと話し、とにかくアーセナルでのプレーに満足しているし、去就については何も決めていないとの事。

カンペオーン!!

アトレティコ・マドリー2-1フルハム

それはお得かも

移籍市場が近づくと活気付くイングランド紙は新たにマンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーのフランス代表MFラス獲得の為に2450万ユーロを準備していると報道。

ラスは2008年の冬に2000万ユーロでポーツマスから獲得しており、買値以上で売れるのであれば、必要な選手ではあるがマドリーにとって悪い商売ではない。

カテゴリ -

固定リンク

どうなるのでしょう

シャビが累積警告の為最終戦欠場のバルセロナ。さらにMFトウレー・ヤヤがアキレス腱に痛みを抱えており、全体練習に参加できずにいる。一方、怪我で戦列を離れていたイニエスタが他の選手と同じリズムでメニューを消化しており、日曜日のバジャドリー戦に先発で出場する可能性を秘めている。

獲得

バラハと契約延長をしないことを決断したバレンシアはガラタサライのトルコ代表MFトパルを獲得。トルコのクラブと違約金450万ユーロで合意に達したとのこと。契約は4年から5年で、メディカルチェックで問題がなければ移籍成立となる。

自分だけ

今季終了後にもバルセロナから正式オファーが届くといわれているバレンシアのスペイン代表FWビジャ。アディダスのイベントでバルセロナに来たことで当然話は移籍話が中心だったが、「自分の考えは自分の中にだけとどめておく。最初の自分の考えを知るのは会長」と現時点でコメントをすることを避けている。

ビジャには今シーズン終了前にもバルセロナは獲得に動いたものの、違約金の条件で両クラブが折り合いがつかなかったことと、バレンシアが資本増資をしたことで話が流れた過去がある。

イングランドその2

火のないところに煙を立てるのがとくなイングランド紙。デイリーメイルはCL出場権を獲得したトッテナムが先日のラウールに続き、来季のチームの目玉としてセビージャのブラジル代表FWルイス・ファビアーノに興味を示していると報道。

ロンドンのクラブはルイス・ファビアーノ獲得の為に2000万ユーロを準備しているとの事。

イングランドその1

火のないところに煙を立てることで有名なイングランド紙。ミラーによるとウエストハム・ユナイテッドはゾラの後任としてマジョルカ監督グレゴリオ・マンサーノを召集リストの1番に名前を掲載しているとの事。

マンサーノにはセビージャなどいくつかのクラブが獲得に興味を示しているとスペイン紙も報道しており、今後の動向が注目される。

それはどうかと

ヨーロッパ出場権獲得の為にはヘタフェが勝利せず、それ以上の結果を残さないといけないビジャレアル。そのヘタフェの次節の対戦相手はアトレティコ・マドリーでDFゴンサロはアトレティコの選手達のプロ意識を信じているとコメント。

アトレティコはヘタフェ戦の前にUEFAヨーロッパリーグ決勝、ヘタフェ戦後に国王杯決勝を控えており、マドリーダービーで戦力を落としてくることは予想しやすいもの。

足りない

W杯に向けた代表候補30人を発表したスペイン代表監督デル・ボスケ。マジョルカを見ればボルハ、アトレティコを見ればレジェス、ドミンゲス、デポルを見ればアランスビアと30人では登録人数が足りないほど頭を悩まさせたとのこと。

サプライズはアトレティコ・マドリーGKデ・ヘア。また前回のフランス代表との親善試合のメンバーからは新たにアスピリクエタ、ハビ・マルティネス、ビクトル・バルデス、ペドロ、ジョレンテ、カソルラそして上記のデ・ヘアの7名が招集されている。


GK
Casillas (Real Madrid)
Reina (Liverpool)
Diego López (Villarreal)
De Gea (Atlético)
Víctor Valdés (Barcelona)

DF
Sergio Ramos (Real Madrid)
Albiol (Real Madrid)
Arbeloa (Real Madrid)
Piqué (Barcelona)
Puyol (Barcelona)
Marchena (Valencia)
Capdevila (Villarreal)
Azpilicueta (Osasuna)

MF
Xabi Alonso (Real Madrid)
Busquets (Barcelona)
Xavi (Barcelona)
Iniesta (Barcelona)
Silva (Valencia)
Mata (Valencia)
Marcos Senna (Villarreal)
Navas (Sevilla)
Cesc Fábregas (Arsenal)
Cazorla (Villarreal)
Javi Martínez (Athletic)

FW
Villa (Valencia)
Negredo (Sevilla)
Fernando Torres (Liverpool)
Güiza (Fenerbahce)
Llorente (Athletic)
Pedro (Barcelona)

びっくり

W杯のスペイン代表候補30名に入ったアトレティコ・マドリーのGKデ・ヘア。突然の朗報に驚きを隠すことは出来ないとのこと。今季のリーガの新星は、フル代表にしっかりと呼ばれる為にこれからもアトレティコで成長していく事が大事とコメント。

またオサスナDFアスピリクエタは、候補入りに関してメンバー入りすることが重要だったし自分の働きに対する御褒美と喜んだほか、オサスナ、チームメートの働きを評価してくれたものと語っている。

問題なし

召集入りは確実視されていたものの、怪我の為コンディションが心配されていたスペイン代表のフェルナンド・トーレス,セスクの2名が代表のメディカルチェックを受け、順調な回復が確認され、W杯には問題ないとのこと。

退団

今季終了後にクラブと契約が切れるバレンシアMFバラハのチーム退団が決定した。バラハは残留を希望していたものの、クラブから契約延長の意思がないことを伝えられている。現時点で引退の意思はなく現役続行の予定。

バラハにはエスパニョールをはじめ複数のクラブが獲得に興味を示している。

キニエラでGO!! 09/10シーズン第37節


日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。
リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、
一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。


●Quinielaルール
・最低購入金額は1ユーロ(レート125円計算)2口
・購入時間は対象試合初日の15時まで
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●ここまでの結果
合計:−243ユーロ(約−30,400円)
購入額合計:288ユーロ(約35,000円)
当選額合計:45ユーロ(5,600円)
※毎回8ユーロ(約1.000円)16口(ダブル4個)購入  

フランスリーグが対象ゲームとなり、
3回連続の10試合的中(15試合目含む)で、またもや配当金に届かなかった。
配当金は15試合配当4000ユーロ(50万円)、10試合0ユーロとなっている。

●今回の対象試合(Jornada:54 Fecha:09-5-10)
Primera (1部) 10試合:第37節 
Segunda(2部) 5試合:第36節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):ビジャレアル - バレンシア

プリメラは残すところあと2試合。
優勝や降格、カップ戦出場争いがあるため、
今節は全試合同時キックオフとなっている。

首位バルサとマドリーの差は変わらずわずか1。
もしバルサが勝利し、マドリーが引き分けか負けた場合、
今節で優勝が決まる。

今節のビッグカードはセビージャ - バルサだろう。
セビージャは現在4位。5位マジョルカとの差はわずか1と、
CL圏内を死守するためには是が非でも勝ちたいゲーム。
ルイス・ファビアーノ復帰は朗報だが、ペロッティをはじめ、怪我人が多数いる。
バルサはイニエスタ、アビダルが欠場。
ピケも微妙でシャビも負傷を抱えている。
しかしメッシが得点を31まで伸ばす等、好調をキープ。
過去の対戦では2年連続、バルサ有利。
この試合がバルサ優勝を左右する最後の壁になりそうだ。

マドリーはホームでアスレティックと対戦。
マドリーは絶対負けられないゲーム。
怪我でラウル、ファン・デル・ファールト、ペペを欠くものの、
前節ハットトリックとロナウドがここに来て、最高のパフォーマンスを見せている。
アスレティックもEL出場がかかる一戦。
しかしホームでのマドリーはバルサに負けた以外全勝。
ホームでは過去4連勝。マドリーにとってはそこまで難しくない試合か。

降格争いに目を向けると、
ヘレスはこの試合に勝たなければ他の試合関係なく降格が決定。
バジャドリーはラシンと残留の椅子をかけての試合。

どの試合も激しい戦いが必至だろう!


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
1点予想:ホーム勝ち、引き分け、アウェー勝ち
※( )内はダブル使用

1、ヘタフェ - マラガ                予想:×(1)
2、スポルティング・ヒホン - アトレティコ・マドリー  予想:1
3、バジャドリー - ラシン・サンタンデール      予想:×(1)
4、セビージャ - バルセロナ             予想:2(1)
5、テネリフェ - アルメリア             予想:1
6、へレス - サラゴサ                予想:1
7、エスパニョール - オサスナ            予想:1
8、デポルティーボ・ラ・コルーニャ - マジョルカ   予想:2
9、レアル・マドリー - アスレティック・ビルバオ   予想:1
10、(2部)エルクレス - コルドバ           予想:1
11、(2部)レアル・ウニオン - レアル・ソシエダ    予想:2
12、(2部)ベティス - ムルシア            予想:1
13、(2部)カディス - エルチェ            予想:1(2)
14、(2部)セルタ - ジローナ             予想:×
15、ビジャレアル - バレンシア            予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

どこからの情報?

レアル・マドリーで長くプレーしたいと語ったフランス代表FWベンセマだが、英紙はマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しており、合意も近いと報道している。

ファーガソン監督はシーズン開幕前にもベンセマ獲得に動いたこともあり、今季終了後に退団の可能性があるベルバトフの後釜として迎え入れるとのこと。

いつものこと

ヘタフェMFカスケロは、アンヘル・トーレス会長が気の抜けたプレーを選手達はしているとコメントしたことについて、会長のことは6年前から知っているし、ただ選手達に喝を入れただけのことと特に気にしていない。

キャプテンの考えは会長と通じるところがあり、ビッグクラブではないヘタフェが良いシーズンを送っていることで慢心することなく残りの試合に挑んでいくことの重要性を訴えていただけと話した。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

契約延長オファー

バレンシアは監督ウナイ・エメリーに契約延長のオファーをすることを決断したことを発表。とは言え、単年契約なのか複数年契約なのか、監督と合意に達しているかといった詳細は発表されず。エメリーは2008年に2年契約を結んでおり、6月30日にその契約が切れる。

ここがホームだ


ヨーロッパ出場権の6位に位置しているヘタフェ。会長のアンヘル・トーレスはレアル・マドリー復帰が噂されているMFパレホが来季もチームでプレーすること、現在心臓の問題の為選手登録を外れているマドリーMFデ・ラ・レッドに全ての面で協力することをコメントしている。

パレホに関しては、マドリーから既に今季終了後の買戻しオプションを行使する意志がないことを聞いており、選手、両クラブにとってもパレホの残留が一番の選択肢とアンヘル・トーレス会長は考えている。

元ヘタフェMFが監督の勉強の為チームを率いるのであれば、下部組織のチームの監督のポストを準備すること、また、プレーする事が可能であればチームに復帰させたいとヘタフェはデ・ラ・レッドにとってホームであることを語った。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

難しい

バレンシアのスペイン代表MFシルバは英紙デイリー・エクスプレスのインタビューの中で、マンチェスター・ユナイテッドからオファーが届いた場合、誇りに思うことだし、拒否するのは難しいと正式オファーが届いた場合、実現する可能性があることをコメント。

シルバはバレンシアでのプレーに満足しているが、それぞれの選手には違約金が設定されているし、良いオファー、良い交渉があった場合は全てが実現可能なことと来季イングランドでプレーする可能性を否定していない。

キニエラでGO!! 09/10シーズン第36節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。
リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、
一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。


●Quinielaルール
・最低購入金額は1ユーロ(レート125円計算)2口
・購入時間は対象試合初日の15時まで
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●ここまでの結果
合計:−235ユーロ(約−29,400円)
購入額合計:280ユーロ(約34,000円)
当選額合計:45ユーロ(5,600円)
※毎回8ユーロ(約1.000円)16口(ダブル4個)購入  

予想はそこまで難しくはなかったものの、
勝ち、引き分け、負けとまんべんなく結果が分かれ、
前回に続き10試合的中(15試合目含む)も、配当金には届かず。
配当金は15試合配当37万ユーロ(4500万円)、10試合で5.04ユーロ(650円)と
なっている。


●今回の対象試合(Jornada:53 Fecha:05-5-10)
Primera (1部) 10試合:第36節 
フランスリーグ・リーグアン 5試合
Pleno al 15(Quiniela注目カード):セビージャ - アトレティコ・マドリード

リーガ1部はついに残り3試合。
今節は平日開催のため、フランスリーグがQuiniela対象ゲームとなっている。

依然として首位バルサとマドリーの差はわずか1。
今節の注目カードはマジョルカ-マドリー。
マジョルカはホーム戦績17戦14勝1分2敗とリーガでも3番目の好成績を誇る。
また現在、4位とCL圏内をキープ。
方やマドリーは前節も苦しみながら、最後の逆転弾で望みを繋ぎ、
負けられない試合が続いている。
ラウル、ファン・デル・ファールト、ラスが負傷者リストに。
お互いに負けられない一戦。
どちらに転ぶのだろうか?


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
1点予想:ホーム勝ち8、引き分け4、アウェー勝ち3
※( )内はダブル使用

1、ヘタフェ - スポルティング・ヒホン予想:1
2、アトレティコ・マドリード - バジャドリー -予想:1
3、バルセロナ - テネリフェ予想:1
4、アルメリア - ビジャレアル予想:×(2)
5、バレンシア - ヘレス 予想:1
6、サラゴサ - エスパニョール予想:×(1)
7、オサスナ - デポルティーボ・ラ・コルーニャ予想:×
8、マジョルカ - レアル・マドリード 予想:2
9、アスレティック・ビルバオ - マラガ予想:×(1)
10、(フランス)トゥールーズ - リール予想:1
11、(フランス)ロリエンテ - モナコ予想:1
12、(フランス)マルセイユ - レンヌ予想:1
13、(フランス)リヨン - オーゼール予想:1
14、(フランス)ソショー - モンペリエ予想:2(×)
15、ラシン・サンタンデール - セビージャ予想:2

カテゴリ - その他

固定リンク

本当?

アルゼンチン紙オレはベンフィカのアルゼンチン代表MFディ・マリアが来季レアル・マドリード移籍で合意に達したと報道。同紙はベンフィカが840万ユーロでボカ・ジュニオールズのニコ・ガイタンを獲得したことで穴埋めはしっかりしており、マドリーに3450万ユーロで売却するとのこと。

また、バルセロナ

英紙デイリーメイルはリバプールのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが結果を残せずにいることから新シーズン移籍を検討しており、バルセロナがその動向に注目していると報道している。

チームの売却報道や希望通りの戦力補強が出来ない状況にスペイン代表FWが嫌気をさしており、チーム退団を検討していると英紙。既にチェルシー,マンチェスター・シティがバルセロナ同様にフェルナンド・トーレス獲得に関して打診しているとのこと。

ちなみにバルセロナは来季のFW補強としてもう一人のスペイン代表FWビジャ獲得を検討しているなどメディアにとって良い情報提供クラブとなっている。

交通事故

バレンシアのポルトガル人DFミゲルが練習場に向かう途中で2人の女性を撥ねる交通事故を起こしている。ミゲルの前を走るトラックが急ブレーキをかけたため、衝突を避けるためによけたポルトガル人DFの車が女性を撥ねてしまっている。
ミゲルは練習後に、「大きな怪我にならないことを祈っている。事故を避けることが出来なかった。この場を借りて2人の女性に謝罪したい。車を避けるために急ハンドルを切っ手、女性にぶつけないようにしたが避けることが出来なかった。彼女らが問題なく回復してくれることが一番大事。コンタクトを取っていきたい」と謝罪した。

シャビとプレーしたい

去就が注目されているバイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFリベリー。バルセロナ、レアル・マドリーが新天地の候補として上げられているが、リベリーは、「マドリー、バルセロナでプレーするのは夢。それにメッシは世界1のプレーヤーだし、シャビと一緒にプレーをしてみたい」とバルセロナ移籍に心が傾いていること模様。

気に入っている

来季の去就が注目されているヘタフェ監督ミチェルだが、改めてヘタフェで指揮することに満足し、気に入っていることを公言した。また、チームがヨーロッパ出場権獲得できない場合でもそれは失敗ではないことを語っているが、最後まで諦めずに戦うとのこと。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ベテランで

ビクトル・サンチェス、バエナ、ディダクと下部組織の若手が伸びているエスパニョール。チームは若いチームを経験溢れる獲得費用のかからない2,3年トップレベルでプレーすることの出来るベテランを補強することでバックアップすることを検討している。

リストとしてバレンシアのバラハやチェルシーのバラック,デコ、リヨンのカールストームなどが上がっている。

キニエラでGO!! 09/10シーズン第35節

日本にTOTOがあるようにスペインにもサッカーくじキニエラがある。
リーガブログでは、マドリーに住む日本人夫婦、T夫妻がマイホームを夢み、
一攫千金をキニエラで狙い続ける様子を伝えていきます。


●Quinielaルール
・最低購入金額は1ユーロ(レート125円計算)2口
・購入時間は対象試合初日の15時まで
・最低配当金は10試合的中から
・Pleno al 15の対象試合は他の14試合全部に的中しないと対象とならない
 的中:13試合+Pleno al 15=13試合的中分の配当金(的中は計14試合)
 的中:14試合+Pleno al 15=15試合的中分の配当金(的中は計15試合)


●ここまでの結果
合計:−227ユーロ(約−28,400円)
購入額合計:272ユーロ(約34,000円)
当選額合計:45ユーロ(5,600円)
※毎回8ユーロ(約1.000円)16口(ダブル4個)購入  

1部は予想は易しかったものの、2部での予想がやや難しく、
10試合的中(15試合目含む)も、配当金には届かず。
配当金は15試合配当81万ユーロ(1億円)、10試合で2.73ユーロ(350円)と
なっている。


●今回の対象試合(Jornada:52 Fecha:02-5-10)
Primera (1部) 10試合:第35節 
Segunda(2部) 5試合:第35節
Pleno al 15(Quiniela注目カード):セビージャ - アトレティコ・マドリード

リーガ1部は残すところあと4試合。
首位バルサとマドリーの差はわずか1でデットヒートを繰り広げている。

今節の注目カードはビジャレアル-バルサ。
ビジャレアルはここ5戦4勝1敗、バルサは4勝1分と両チーム好調をキープ。
ビジャレアルは怪我人なし、バルサはシャビが招集されるも負傷を抱え、
イニエスタ、アビダルが負傷欠場。
バルサはCLでの敗戦、過去の対戦成績でビジャレアルを苦手とし、
主力に負傷者がいるので、
今節が優勝を占う意味で山場となるだろう。

セグンダは残り8試合。
今節は4位レバンテ-2位エルクレスの昇格争いがおもしろそうである。
レバンテはホームで1敗しかしていない。
エルクレスは前節8試合ぶりの勝利を収めたものの、
終盤にさしかかり、勢いが止まってきている。
特にアウェー苦手意識が顕著で2位にいながら16試合でわずか2勝のみ。
レバンテ優勢は否めなそうだ。

以上ふまえての予想は以下の通り:


●今回の予想(ホーム勝1、分×、アウェー勝2)
1点予想:ホーム勝ち8、引き分け3、アウェー勝ち4
※( )内はダブル使用

1、マラガ - スポルティング・ヒホン          予想:×(1)
2、バジャドリー - ヘタフェ              予想:1
3、テネリフェ - ラシン・サンタンデール        予想:1
4、ビジャレアル - バルセロナ             予想:2(1)
5、ヘレス - アルメリア                予想:1
6、エスパニョール - バレンシア            予想:1(2)
7、デポルティーボ・ラ・コルーニャ - サラゴサ     予想:×
8、レアル・マドリード - オサスナ           予想:1
9、アスレティック・ビルバオ - マジョルカ       予想:1
10、(2部)レバンテ - エルクレス            予想:1
11、(2部サラマンカ - レクレアティーボ・ウエルバ    予想:2
12、(2部) レアル・ソシエダ - ラージョ・バジェカーノ  予想:×(1)
13、(2部)ムルシア - カステジョン           予想:2
14、(2部)ラス・パルマス - ベティス          予想:2
15、セビージャ - アトレティコ・マドリード       予想:1

カテゴリ - その他

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com