« 謝罪 | メイン | 嫌いなの? »

謝罪2

2010年04月13日


マジョルカ戦の交代に不満を見せ、ウナイ・エメリー監督に対してリスペクトを欠いた行為を見せたバレンシアMFバネガは、「とても後悔している。チームが負けていたから、熱くなってしまっていた。抱けどもあってはならないことだった。チームメート、スタッフ、クラブ、サポーター、皆に謝罪したい。謝罪すると共に2度と同じようなことを繰り返さない」と反省の色を見せている。

一方、エメリーは「監督に対して、バレンシアに対してリスペクトを欠いてはいないし、自分に対してもだ。一番重要なことはすぐに修正すること。バレンシア、クラブに対するリスペクトを欠く行為は許されるものではない。選手は個人よりもクラブのメリットを重視しなければいけないことを理解しなければいけない。同じことがあってはならない。勝つことも負けることも引き分けることもあるが、クラブに対してのリスペクトを欠くことだけは許されないもの」と個人よりもチームが大事であり、そのことを選手は忘れてはならないと釘をさしている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com