« 嬉しい | メイン | ナイフが当たっている »

覚悟は出来ている

2010年03月19日

選手、監督として16年在籍し、エスパニョールの象徴の一人である監督のポチェッティーノ。サポーターからは愛情を受け続けているが、アウェーで結果を残すことが出来ず降格圏内が近づいていることから批判が出始めている。

ポチェッティーノは記者会見で「一番の責任は自分にあるし疑問視されるのも理解している。だがシーズン終わりにはいつも去就の話が出るものだ」と監督としての責任は受け入れているが、このまま終りにする意思はないことを語った。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com