« 本当? | メイン | 補強 »

豚インフルエンザ

2009年11月18日


セグンダディビション、ベティス対ビジャレアルBの試合が延期したように猛威を振るっている新型インフルエンザがプリメーラディビションにも影響を及ぼしている。アトレティコ・マドリーのキケ・サンチェス・フローレス監督が新型インフルエンザにた症状のため練習欠場したのに続き、オサスナのハンガリー人MFバドクスがプリメーラの最初の感染者として認定されている。

オサスナはこれまでもオイエル、セルヒオが似たような症状に悩まされたほか、フアンフランが高熱、ミゲル・フラーニョ、ルーペルも同症状に似た症状を見せており、別メニューに。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com