« 別メニュー | メイン | CLハイライト »

謝るつもりはない

2009年09月30日

マラガのブラジル人DFウェリントンはバルセロナ戦でのラフプレーで今やリーガの注目選手の一人となっており、29日の練習後に記者会見に姿を見せたが、メッシもドゥダにつばを吐いているのに謝っていないのに自分が謝る理由はないと語っている。

メディア、ファンに対する責任感から記者会見に出席したブラジル人DFは自身のプレーについて、ミスがあったことを認めてはいるものの、公式に謝罪をする必要はないと強気な姿勢を貫いた。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com