« ハッカー | メイン | 復帰 »

殺したわけではない

2009年07月29日

バレンシアのスペイン代表FWビジャは残留決定後の初めて公式の場に現れ、今回の夏の騒動について語り、「自分は殺人を起こしたわけではないから、誰かに謝罪をする必要はない」と語っている。

ビジャにはレアル・マドリー、バルセロナが興味を示しており、ビジャも移籍するならスペインのクラブを希望していることをバレンシアに伝えていたが、どの交渉も物別れに終わっている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com