« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

アスレティック・ビルバオ対ヤングボーイズ 0対1

カテゴリ - Video

固定リンク

ほぼ決まりみたい

レアル・マドリー移籍志願を書面でリバプールに提出したスペイン代表MFシャビ・アロンソ。イングランドのクラブは選手の意思をを尊重することに決め、今はフロレンティーノ・ペレス会長からの連絡が来ることを待っているとのこと。

マドリーは月曜日をリミットに考え、ネグレド、ファン・デル・ファールトをオプションに入れることを望んでいるとのこと。

切なる願い

主力を含む半数がチームを去ったマラガの監督に就任したラモン・ムニィス。マラガの経済的状況は理解しており、会長に無理な願いや注文をするべきではないとあるだけの戦力で戦うことをコメントしているが、出来るならゴールを約束してくれるストライカー9番が欲しいと本音も。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

南米から

違約金が高騰する前に南米の若手を獲得することをチーム補強のフィロソフィアとしているビジャレアルはパラグアイ・リベルターのU-20代表エルナン・ペレスを獲得。

右サイドMFはビジャレアル以外にも多くの欧州クラブが獲得を目指していた。

右サイド

セイタリディスがチームを去り、バレーラがチームに復帰したものの、右サイドバックがアキレス腱となっているアトレティコ・マドリー。4試合のテストマッチを行った結果、監督のアベルは起用したどの選手のパフォーマンスにも納得しておらず、クラブはマラガの右サイドバック、ヘスス・ガメスに興味を示しているとのこと。

セビージャも獲得を目指していた右サイドバックの違約金は400万ユーロ。

ドイツに

バルセロナMFフレブのシュツットガルトへのレンタル移籍が決定。イブラヒモビッチ獲得の条件の一つにベラルーシ代表MFのレンタル移籍が含まれていたため、バルセロナは500万ユーロをインテルに支払うことに。

大丈夫

バジャドリーと並びプリメーラで給料未払いで訴えられているクラブのマジョルカだが、未払い分であるダヴィ・ナバーロ、クレベル・サンターナの給料を支払い、選手達と合意に達したことをLFPに伝えている。

マテオ・アレマニー会長は問題が解決し、マジョルカがカテゴリーダウンのペナルティーを受けることはなくなったと合宿先のコセンで発表。

レアル・マドリー対キト

カテゴリ - Video

固定リンク

復帰

リバプールのスペイン代表DFアルベロアがレアル・マドリーに復帰することが決まった。違約金は400万ユーロで契約は4年。

アルベロア自身はサインをするまでは信じないと慎重な姿勢を見せているが決定的なもの。

殺したわけではない

バレンシアのスペイン代表FWビジャは残留決定後の初めて公式の場に現れ、今回の夏の騒動について語り、「自分は殺人を起こしたわけではないから、誰かに謝罪をする必要はない」と語っている。

ビジャにはレアル・マドリー、バルセロナが興味を示しており、ビジャも移籍するならスペインのクラブを希望していることをバレンシアに伝えていたが、どの交渉も物別れに終わっている。

ハッカー

ACミランのHPに移籍のニュースが掲載されたビジャレアルのイタリア代表FWロッシ。事の真相はハッカーによる情報操作であったとのこと。

そのロッシ、ペジェグリーニが去りバルベルデが舵取り役となった新生チームを、「これまで以上に良いチームだと思う」と調整が順調なことをコメントしている。

劣っていない

バレンシア残留となったスペイン代表FWビジャについてアルベルダは、「ビジャはクリスティアーノ・ロナウドと同じ力を持っているし、ベンセマより上」と背番号7番の力を高く評価し、「もしマドリーがスペイン人化したいと本気に思っているのであれば、クリスティアーノとかと同じだけの額を出すべきだ。彼は欧州王者だし、得点王に輝いている」とビジャがバロンドールを獲得していないと言う理由で、違約金の設定を低くしたマドリーの姿勢を批判している。

ようやく

下部組織3人を含む13人でプレシーズンをスタートしたヘレス。バレンシアからブラジル人GKレナンをレンタルで獲得することが決定。また、ヘレスはデポルからレンタルで獲得していたルベン・カストロの再獲得を望んでいるが、セグンダの4チームが獲得に興味を示しており、交渉は難航している。

カテゴリ - Xerez

固定リンク

いつかは

ヘタフェと4年契約を結んだMFパレホ。レアル・マドリー下部組織出身MFは、「いつかはマドリーに戻ってプレーをしたいけど、今はヘタフェに集中している」とコメント。マドリー下部組織選手養成場所となっているヘタフェからはレアル・マドリーに復帰したデ・ラ・レッド、グラネロ、バレンシアでスペイン代表になったアルビオル、パブロ・エルナンデスがいる。

カテゴリ -

固定リンク

難しい

レアル・マドリーが獲得を目指しているリバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソは遠征先で、「来季も続けると大きな声で言うことは難しい」とスペイン復帰を希望するコメントを残している。

また、レアル・マドリーのスポーツ・ディレクター、ミゲル・バルデサは「移籍市場が閉まるまではシャビ・アロンソもリベリー獲得の可能性を捨てることはない」と新たな補強の可能性を示唆している。

カテゴリ -

固定リンク

3匹目のドジョウ

レアル・マドリーとヘタフェはMFパレホの買戻しオプションつきの移籍で合意。過去にデ・ラ・レッド、グラネロの2選手がヘタフェでプレーし、レアル・マドリーに復帰と友好な関係が築かれている。

アンヘル・トーレス会長は「パレホに必要なのは試合出場。ヘタフェではそのチャンスを得ることが出来る」と新しいレアル・マドリー出身MFの獲得を好意的に見ている。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

トレード?

ウチェ、グラネロと主力を放出しているが、獲得の噂が聞こえてこないヘタフェ。新たにマヌ・デ・モラルのマジョルカ移籍の噂が出ている。昨シーズンからマジョルカはアトレティコ・マドリー出身FW獲得を目指しており、今回はアドゥリスとの交換トレードを提案している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

来ていない

世界でも指折りのCBだったが、度重なるひざの故障のために無所属となってしまった元ポルトガル代表キャプテンのアンドラーデ。スペインで開催されるピースカップに参加するマラガのチームに合流しており、大会でのパフォーマンスを見てクラブは契約するかを決めるとのこと。

アンドラーデは、「プレーする自信がなければここにはいない」と語っている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

太鼓判

プレシーズン初戦シャーロック・ローバーズ戦で鮮やかなデビュー弾を飾ったレアル・マドリーのフランス代表FWベンセマ。小さい頃からアイドルだったロナウドと同じユニホームを着れたことに喜びの声を上げているが、チームメートのマルセロは、「ロナウドと同じ様な選手になる」とフランス人FWがブラジル人FWと同じような世界1のストライカーになることを確信している。

一度もない

レアル・マドリー、バルセロナ移籍が囁かれながらもチーム残留を決めたこの夏の主役の一人であるバレンシアのスペイン代表FWビジャ。バルセロナ会長ラポルタは「移籍実現のために全力を尽くしてくれたことに感謝している」とコメントしているが、マヌエル・ジョレンテ会長は「一度だってビジャがチームを去りたいと話したことを聞いたことはない」とチームの柱になる選手の残留を確信していたことを明らかにした。

問題なし

豚インフルエンザと同じ症状があったことからチーム合流が遅れていたヘタフェGKウスタリだが、21日にスペインに戻りセゴビアで行なわれるチーム合宿に合流している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

後は選手

ブラジル人サイドバック、マックスウェルを獲得したバルセロナ。入団会見の席で、ラポルタ会長はインテルミランのスウェーデン代表FWアイブラヒモビッチとカメルーン代表エトーの交換トレードで、クラブ間は合意に達し、あとは選手がこの話を受け入れるか同かとのこと。

聞いてない

他チーム移籍を希望していると言われているバレンシアのスペイン代表FWビジャだが、チームメート、監督は選手本人の口から移籍を希望していることを聞いたことはないとコメントし、バレンシアにとっkて大事な選手であり、シンボルになる選手と語っている。

バルセロナ移籍のために移籍を直訴したと言われている事に関してバラハは、「彼の口からそんな話は聞いたことはないし、チームにとって重要な役割を担うシンボルとなる存在」とコメントしたほか、「今一番に望むことはしっかりと体を彼が休めること」と新シーズンを見据えたっプレシーズンを共に過ごす為のリフレッシュをする事を望んでいる。

また、エメリー監督も、「一度だってビジャの口からチームを退団したいと言う話は聞いたことはない」とビジャの去就が連日紙面をにぎわしているものの、書かれているような話はないと語っている。

とりあえず

選手補強が進んでいないヘレス。攻撃の要としてシガンダ監督がオサスナ時代に獲得し、現在フリーの状態であるエスケーロ、レクレアティーボ・ウエルバのU-21スペイン代表MFシシ獲得を望んでいるとのこと。

カテゴリ - Xerez

固定リンク

結局

ビジャ獲得を目指していたものの、バレンシアの求める違約金を準備することの出来ずにいるバルセロナは、噂されているアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWフォルランではなく、数週間前に噂されたインテル・ミランのスウェーデン代表FWイブラヒモビッチ獲得を目指しているとのこと。

既に、ラポルタ会長、スポーツディレクターのチキ・ベギリスタインがミラノに入り、インテル関係者と交渉を行っていることが明らかに。。

いかない

クリスティアーノ・ロナウド、カカーの加入により、影が薄くなったレアル・マドリーのオランダ代表FWロッベン。トッテナムからラブコールを送られているが、「自分はマドリーで幸せだし、ここに残る。来年、自分のプレーをプレミアで見ることはないと思う」とマドリー残留への思いを打ち明けている。

又、シーズン序盤こそ活躍したものの、尻すぼみに評価を下げてしまったMFファン・デル・ファートにはハンブルグからのレンタル移籍のオファーが届いており、ドイツ帰国を夫人が希望しているとのことから、再び戦場をドイツに求める可能性が高くなっている。

ポケットマネー

資本増資を目指し、株販売を行っているバレンシア。アルベルダ、ビセンテ、ミッチェル、ブルーノ、ダヴィ・ナバーロの6選手がそれぞれポケットマネーから2400ユーロを払い、50株を取得。バレンシアは株の個人販売で、9200万ユーロの増資を目指している。

キャプテンのアルベルダは、「チームの力になるため」と株購入の理由を説明したほか、移籍騒動の渦中にいるビジャについて、「新しいプロジェクトのリーダーになって欲しい」と残留を訴えている。

ないないづくし

来週にもプレシーズンが始まるヘレスだが、選手はおろか、合宿先の候補地も現時点では選定することが出来ていないことをスポーツディレクターのミゲル・アンヘル・ロンダンは明らかに。

ミゲル・アンヘルは、チーム内に少々の不安や心配の声が出ていることを認めているが、クラブの予算以上のことは出来ないと語り、選手獲得にはまだ時間が必要であるとコメントしている。

カテゴリ - Xerez

固定リンク

強硬姿勢

レアル・マドリー移籍を告白したバイエルン・ミュンヘンのフランス代表リベリー。既にチームは始動しているが、前日のファン・ファールとの口論の後に練習をはけたのに続き、3日の練習では姿を見せないという強硬姿勢を見せている。

バイエルンは個人的事情のために練習不参加を認めたと特に気にしていない様子で、リベリーの発言についても、「マドリーか残留と話したわけだから、答えは残留だ」と放出の意思がないことを改めて口にしている。

また、選手補強について、「マドリーはマドリーのルールで進めているが、自分達は自分達のルールで行っている」と相手にする意思はなく、交渉の席に着く意思はあるが、チケットを無駄にするだけとマドリーフロントに紙面を通して伝えている。

金はある

クリスティアーノ・ロナウドを放出し、攻撃の柱を失ったものの、巨額の違約金を獲得したマンチェスター・ユナイテッド。ポルトガル人FWの穴埋めとしてオーウェンを獲得したほかに、アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアグエロに4600万ユーロのオファーを提示したと英紙は報道。

アグエロの違約金は6000万ユーロであり、オファーとしては底まで悪くないものだが、CLを戦うアトレティコにとってアグエロの放出はあってはならないこと。また、下手な金額で放出した場合のサポーターの反応は火を見るより明らか。

少ない

日本でもおなじみのブラジル人監督レオナルドが就任したACミラン。カカーの抜けた攻撃陣の補強としてコンフェデレーションズカップで得点王に輝いたセビージャのブラジル代表FWルイス・ファビアーノに興味を示し、1400万ユーロのオファーを提示したとの事。

セビージャは2011年までブラジル人FWと契約があり、違約金も3000万ユーロに設定と大きな差があることから、第1回目のオファーには断りを入れているが、違約金を下げることも検討の余地に入ることを伝えているとの事。

また、テベス、クリスティアーノ・ロナウドが退団したマンチェスター・ユナイテッドもルイス・ファビアーノ獲得に興味を示しており、1800万ユーロを準備していると伝えている。

レンタル移籍

セビージャの左サイドバック、クレスポのラシZン・サンタンデールへの1年間のレンタル移籍が正式に成立した。買い取りオプションはなく、クレスポが選手として成長する為の出場機会を与えること、ラシンサイドとしてはビジャレアルに移籍したマルカーノの穴を埋める為の補強となっている。

クレスポは、「サンタンデールに1年間遊びに行くわけではない。死ぬ気で行く。出来るだけ多くの試合に出場して、ラシンを助け、またここに戻ってこれるようなプレーをする」と移籍を前向きに捕らえている。

帰ってくるまで

レアル・マドリー入団発表を行ったスペイン代表DFアルビオル。カカーの5万人には届かない9000人のマドリディスタが会見に訪れたことに関しては、「自分の入団会見にこれだけの人が集まってくれるとは思わなかった。ピッチの上でその期待に応えていきたい」とマドリー選手としての所信表明を行っている。

また、背番号が18番に決定したことについて、「デ・ラ・レッドは自分の友人だし、このユニホームを身にまとうことは誇りと栄光を感じるもの。彼が帰ってくるまでしっかりと守って、このユニホームを彼に返したい」と語っている。

ない

一部報道でバルセロナのスポーツディレクター、チキ・ベギリスタインとビジャ、同選手代理人が交渉の場をビジャの故郷であるヒホンで持ったことからスペイン代表FWのバルセロナ移籍話が大きく取り上げられたが、バレンシア会長ジョレンテは、「クラブはバルセロナと交渉をした過去はない」と否定している。

また、ビジャサイドがバルセロナサイドと交渉をしたことに関しては明言を避けており、「ビジャやシルバは国際舞台でも活躍している選手で移籍の噂が出るのは当然のこと」と特に気にかけていない素振りを見せている。

有望株獲得

ビジャレアルはラシン・サンタンデールからU-21スペイン代表DFマルカーノを獲得。契約は6年。189cmと長身DFはスペインの中でも未来が期待されている選手で、UEFAの選出するリーガの若手11に選ばれている。

マルカーノはセンターバックだけでなく、左サイドバックでもプレーし、昨シーズンはリーガ34試合に出場。不動のレギュラーがカプデビラだけのビジャレアルにとっては大事なパックアッパー獲得になった。

早くしろ

左サイドバック、フィリペ・ルイスに興味を示しているものの、中々正式なオファーを出さないバルセロナに対して、デポルティーボ・ラ・コルーニャのレンドイロ会長は、「彼らの駆け引きに自分達が乗るつもりはない。獲得したいのであれば、長くて15日、もしくはそれ前に自分達が興味を持てるようなオファーを出すこと。そうでなければ、選手、代理人にクラブの意思として放出するつもりはない事を伝える」と15日のうちにオファーがなければ、交渉は終わりであると語っている。

スペイン代表獲得

アトレティコ・マドリーはベティスと6月30日に契約の切れたスペイン代表DFフアニートを獲得したことを公式HPで発表。契約期間は2年。

また、アグエロ、フォルランに続くFWとしてフアニート同様にスペイン代表のグィサに興味を示していると言われており、選手本人も、「アトレティコでプレーするのに否定する理由はない」とスペイン復帰を前向きに捉えている。

リーガ復帰?

ニハトをガラタサライ、マティアス・フェルナンデスをスポルティング・リスボン、ペジェグリーニをレアル・マドリーに放出し、補強資金が出来ているビジャレアルはセビージャでプレーしていたユベントスのオランダ人MFポウルセン獲得を検討しているとのこと。

3年前もオランダ人MF獲得を検討していたビジャレアル、ポウルセンの補強を希望したラニエリがチームを退団し、後ろ盾がなくなったことから、ユベントスは1800万ユーロで交渉の席につくとのこと。

ミラン?

3500万ユーロでオリンピックリヨンからフランス代表FWベンセマを獲得したレアル・マドリー。サビオラがベンフィカに移籍したものの、ラウール、ファン・ニステルローイ、イグアイン、フンテラールとFWの戦力があまっていることも事実。

イタリア国内ではACミランがルイス・ファビアーノ獲得失敗した時のオプションとしてフンテラールを補強リストに挙げたと伝えている。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com