« 1,6,7 | メイン | 売れ残らない »

駆け引きです

2009年06月20日

クラブの経済事情から選手放出がやむない状態で、ビジャの売却が言われていたバレンシアだが、会長のマヌエル・ジョレンテは、背番号7番に対してスキャンダルなオファーがなければ放出する気はないとビジャを移籍リストから抹消している。

ビジャのレアル・マドリー移籍話が進められていたが、バレンシアサイドの突然の心変わりに代理人はもちろん不快感を示している。バレンシアが心変わりした背景にはもちろん、マドリーがカカー、クリスティアーノ・ロナウドに対する多額の違約金を払ったことから、ビジャに対しても多額の違約金を勝ち取ろうとしている事を予想するのはたやすい事。

面白いのはスペイン代表でチームメートであるGKレイナのコメントで、「必要不可欠な選手で移籍はさせないと言った10時間後には売られている事があるのはサッカー界」とマヌエル・ジョレンテのコメントが駆け引きである事を表している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com