« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

ハッカーに

レアル・マドリー、バルセロナの両クラブへの移籍が噂されているバレンシアのスペイン代表FWビジャ。29日、彼の公式HPがハッカーに襲われ、一時的に通常のページが表示されない状態に。

ハッカーは同HPでバルセロナのユニホームを着せているイメージをアップしたほか、「なぜ君のような一流選手がバルセロナ移籍をためらうのか。君が来ることを望んでいる。自分はバルセロナとビジャのファンだ」とメッセージを残しており、バルセロナファンが行なったものだと推測されている。

結局残留へ

来季で契約が切れることからヨーロッパの強豪クラブが獲得を示し、金満クラブのマンチェスターシティから断ることの出来ないほど魅力的なオファーを貰ったバルセロナのカメルーン代表FWエトーだが、バルセロナ残留することが濃厚になった。

エトーの代理人ジョセップ・マリアは、「話が180度展開しない限り、エトーはバルセロナでプレーをする」と語ったほか、地元ラジオはバルセロナが同条件での2年以上の契約延長オファーを出したことを伝えている。

お隣のクラブへ

大金をつい込んでの補強をしているものの、放出選手は未だベンフィカに移籍したサビオラだけのレアル・マドリー。放出選手第2号となるのが第3GKのコディーナであることが判明。6歳からマドリー一筋でプレーしてきたGKは同じマドリーのヘタフェへ3年契約で移籍することに。 レアル・マドリーはオプションとして買戻しオプション、更にコディーナが移籍した場合のコミッションを受け取れるとのこと。

レンタル選手であったハコボ、ストイコビッチが所属チームに復帰した為、GK補強が急務だったヘタフェにとって満足の出来る補強に。ヘタフェにはアルゼンチン代表GKウスタリが所属しており、定位置争いが楽しみに。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

売らないけど

ネグレドがレアル・マドリーに復帰し、ブルーノがバレンシア、マネがヘタフェ、イリネイが契約満了で退団と主力メンバーがチームを退団しているアルメリア。更にトッテナムがFWカルー・ウチェ獲得の為250万ユーロのオファーを提示と来季が心配されている。

来季で契約が切れるウチェに関しては、クラブの中でも売却派と残留派に分かれており、決定権を握るディレクターのアルベルト・ベニートは、「チームを満足させるだけのオファーがない限り、ウチェは残留」とオファーしだいでは放出の意志があることを明らかにしている。

負けずに

チーム補強ではライバルのレアル・マドリーと違い、落ち着いた雰囲気を見せているバルセロナだが、パルメイラスのブラジル人FWケイリソンの加入が現実味を帯びてきている。

レアル・マドリーで監督を務めていたパルメイラス監督ルクセンブルゴが交渉が順調に進んでおり、合意間近であることを明らかにしている。

2008年21ゴールをあるルパフォーマンスを見せたブラジル人FWだが、世界最強の3トップに挑むのにはまだ経験が足りないことから、バルセロナは昨シーズンのエンリケ同様に他クラブへレンタル移籍させ、経験を積ませることを望んでおり、獲得を狙っているバレンシアのスペイン代表FWビジャの交渉の切り札として起用する可能性があるとの事。

ない

多くの欧州クラブが興味を示しているアトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアグエロ。インテルやマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているといわれているが、代理人は噂されているクラブからのオファーは1つも届いていないとアトレティコファンを現時点では落ち着かせている。

イングランドでは6000万ユーロのオファーを準備しているクラブがあるとも言われており、2ヶ月の移籍市場の中で何らかの動きがある可能性は決して否定することは出来ず、代理人は「自分達はどことも話をしていないが、クラブが話をしているかどうかわからない」と語っている。

退団1号

クリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリードへの完全移籍が決まった日、同様にチーム退団第1号が生まれている。その選手はハビエル・サビオラでベンフィカへ。マドリーはアルゼンチン人FWを放出することで500万ユーロを獲得することに。

アルゼンチンの至宝と言われたサビオラだが、バルセロナでの会長交代後、出場機会を失い、レンタルでチームを転々とするシーズンが続き、カタルーニャのチームと契約が切れたこときっかけにマドリーに移籍。

だが、レアル・マドリーでも出場機会に恵まれず、チームメートがプレーする横でアップだけを続ける日々を送っていた。

サヨナラ

リーガの顔の1人であったビジャレアルのトルコ代表FWが母国のベシクタスに移籍することが決定した。違約金は450万ユーロ。

レアル・ソシエダでの活躍からビジャレアルに移籍したニハトだが、イエローサブマリンでは度重なる膝の、それも大きな負傷に何度も悩まされ、満足のいくパフォーマンスを見せることがいた。

ビジャレアルは基本戦略としてアンタッチャブルな選手はおらず、全てのオファーを聞くスタンスではいるが、来季の柱となるロッシとディエゴ・ロペスに関してのオファーは受け取らないとの事。

嬉しい

バレンシアと1年の契約延長で合意に達したGKセサルは公式HPで、「ここでプレーすることが出来て嬉しい。来季に向けてのやる気がみなぎっている」と喜びの声を発している。

セサルは契約延長を決めたのは家族の存在とバレンシアが断ることの出来ない重要なオファーを提示してくれたからで、新シーズンはその期待に応える様な仕事をしたいと語った。

バレンシアはマジョルカGKモヤの移籍が決定しており、ベテランGKはリーガでも上位に入るであろうイケメンGKと守護神の座を争うことに。

日曜日以降

レアル・マドリー移籍を希望しているものの、所属クラブから良い返事を貰えずに根気の移籍市場の主役の座を保ち続けているバレンシアのスペイン代表FWビジャ。バルセロナが4500万ユーロのオファーを提示するという話も出ているが、全てはコンフェデレーションズカップ終了後の日曜日以降に話をするとの事。

また、ビジャはバレンシアを離れる場合、海外に行くつもりがないことだけは伝えており、希望するレアル・マドリーか、バルセロナの2つに移籍先は絞られている。

マドリー移籍?

アーセナルのスペイン代表MFセスクは4年間タイトルの関係のないシーズンを送っていることに納得していないことを英紙ザ・サンに答えている。また、スペイン復帰の考えは頭の中にいつもよぎることのようで、第1次政権以上にスター選手を獲得しているフロレンティーノ・ペレス率いるレアル・マドリーへの移籍が噂されていることに関しては、「家族はもしマドリーに移籍しても自分を応援してくれる。自分のことを愛してくれているし、自分にとって一番の選択を望んでいるから」とコメントしている。

バルセロナ下部組織出身のセスクはバルセロナとマドリーのどちらかを選択することは難しいことだが、5200万ユーロの違約金が設定されていることからバルセロナ移籍の方が難しいものと話している。

とはいえ、現時点ではアーセナルを離れる意志はなく、チームを離れる時は自分の口からしっかりと伝えると語った。

ドイツ?

抜群の得点感覚を持ち合わせているが、現時点ではまだリーガに適応できずにいるレアル・マドリーのオランダ代表FWフンテラール。ファン・ニステルローイの復帰や,クリスティアーノ・ロナウド、カカーの獲得で出場機会が減ることが予想されており、オファーしだいではマドリーを退団するとも言われている。

オランダ人FWには、オリンピック・リヨン、ユベントス、ガラタサライ、トッテナムが興味を示しているといわれているが、その列に新たにマリオ・ゴメスをバイエルン・ミュンヘンに放出したシュツットガルトが興味を示しているとの事。

シュツットガルトはマリオ・ゴメスを放出したことで3000万ユーロを獲得しており、レアル・マドリーがアヤックスからフンテラールを獲得した額と同じ2000万ユーロをオファーすると言われている。

これでどうでしょう

マラガを始め、プリメーラの複数のチームが獲得を狙っているヌマンシアFWアランダの獲得レースにオサスナが参戦することが判明した。

ヌマンシアはレアル・マドリード下部組織出身FWとの2010年の契約を全うすることがベースにあるが、クラブの経済面から、良いオファーがあれば放出も辞さない構えを見せている。

オサスナはアランダ獲得のために違約金額を下げることを狙い、カマーチョが監督に就任してから出場機会を失っているキケ・ソラをオプションに入れているとの事。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

セビージャB?

プリメーラ初昇格を果たしたヘレス。2年前には選手への給料未払いが問題になるなど、プリメーラで戦うだけの補強費を捻出することが出来ないことから、同じアンダルシアのチームであり、リーガだけでなくヨーロッパの強豪へと成長したセビージャから選手をレンタルで借りることでチームを補強することを検討しているとの事。

すでに両クラブは交渉を始めており、ヘレスは主力レベルではチェバントン、ドラグティノビッチ、若手ではアコスタ、トム・デ・ムル、ダヴィ・プリエトなどを要求しているとの事で、セビージャで出場機会のない若手にとっては経験を積む格好の舞台となりそうだ。

カテゴリ - Xerez

固定リンク

一緒にプレーがしたい

レアル・マドリー移籍がほぼ決定的な状態のマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。マドリー移籍が決まってからも記者がかけつけており、「許してくれるなら今はオフだから、ゆっくり休みたい。まだ決定したわけではないし、プレシーズンをしっかりとはじめたいと思っているから今は休息が必要」と煙に巻いている。

とは言え、クリスティアーノは、「マドリーでプレーする事は小さい頃からの夢だった。それをサポーター、マンチェスターには分かって欲しい。自分には大きな挑戦が待っている」とマドリー移籍に何の障害はないことをコメント。

さらに、「バロンドールを取ったカカーとプレー出来るのは嬉しい事。それにラウール、グティ、カシージャスとも一緒にプレーがしたい」と新しいチームメートと同じユニホームでボールを交わしあうことを楽しみにしている。

若い力に

ヘイティンガ、ウイファルシと昨シーズンは実績のあるDFを獲得したアトレティコ・マドリーだが、今シーズン最初のDF補強はウルグアイのデフェンソール・スポルティングに所属するU-21代表カブレラを獲得した。

同選手の代理人は名ストライカーであったフォンセカで、アトレティコにカブレラのパスの50%を売る事で150万ユーロを獲得するとのこと。

カブレラはDFならどこのポジションでもプレーできるユーティリティープレーヤーで、層の薄い両サイドバックの貴重なバックアッパーになる可能性が高い。

入団のほうは

ビジャの移籍問題で揺れているバレンシア。補強のほうは順調に進んでおり、アルメリアから右サイドバックブルーノを獲得することが明らかに。ブルーノはベティスと仮契約を結んでいたものの、セグンダ降格した為、サインを結ぶことはなかった

また、悩みの種であったGKに関してもマジョルカのモヤ獲得で話が進んでいる。当初マジョルカが700万ユーロ、バレンシアが500万ユーロと200万ユーロの差があったものの、マジョルカが600万ユーロに違約金を下げた事から、数日中に交渉がまとまる予定とのこと。

売れ残らない

若い選手をレンタル移籍で他チームで成長させる方針を採用しているビジャレアル。今季もジョナタンを初め、多くの選手がレンタル期間終了でイエローサブマリンに復帰しているが、どの選手にもオファーが届いており、バルベルデが戦力として計算しない場合は新天地が確保されているとのこと。

なかでも、アメリカ期待の新星アルティドーレやレクレアティーボ・ウエルバの選手としてプリメーラの経験があるルベンなどはクラブを納得させるだけのオファーが届けば、放出する事も考えているとのこと。

駆け引きです

クラブの経済事情から選手放出がやむない状態で、ビジャの売却が言われていたバレンシアだが、会長のマヌエル・ジョレンテは、背番号7番に対してスキャンダルなオファーがなければ放出する気はないとビジャを移籍リストから抹消している。

ビジャのレアル・マドリー移籍話が進められていたが、バレンシアサイドの突然の心変わりに代理人はもちろん不快感を示している。バレンシアが心変わりした背景にはもちろん、マドリーがカカー、クリスティアーノ・ロナウドに対する多額の違約金を払ったことから、ビジャに対しても多額の違約金を勝ち取ろうとしている事を予想するのはたやすい事。

面白いのはスペイン代表でチームメートであるGKレイナのコメントで、「必要不可欠な選手で移籍はさせないと言った10時間後には売られている事があるのはサッカー界」とマヌエル・ジョレンテのコメントが駆け引きである事を表している。

1,6,7

来季のユニホームを発売したレアル・マドリーだが、オフィシャルショップに並んだのは背番号1番と6番7番のみで、あとの番号は注文方式となっている。このことが意味する事は現時点ではマドリーのチーム作りが未定とのこと。

加入が決まっているカカーも現時点では背番号が決まっておらず、ミラン時代の22、ジダンがつけていた5、マドリーの100周年記念試合でつけていた18番などが候補に挙がっている状態で、決定はしていない。

欲しいけど

スポルティング・ヒホンはマルセリーノの構想に入っていないサラゴサFWブラウリオ獲得を目指しているが、全てはサラゴサが設定する違約金、選手の年棒引き下げが条件になっているとのこと。

スポルティングは2年前にもブラウリオにオファーを出していたが、選手からの良い返事をもらえることが出来なかった過去があるだけに、今回はプリメーラでプレーというセールスポイントを大きく利用したいところ。

カテゴリ - Gijon

固定リンク

リトルブッダ残留へ

スパルタク・モスクワから高額のオファーを受けていたエスパニョールMFデ・ラ・ペーニャだが、クラブとの契約延長で基本的合意に達したことをクラブは発表。

スポーツディレクターのヘルマン・デ・ラ・クルスは、「両者の考えが一致している場合は交渉は簡単に進めることが出来る」とリトルブッダとの契約延長を喜び、「デ・ラ・ペーニャはチームのシンボルになる選手」とエスパニョールになくてはならない存在であると語った。

あなたが言うのであれば

レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスはバレンシア地方のTV、Canal 9のインタビューの中で、ビジャの移籍は時間の問題とカカー、クリスティアーノ・ロナウドに続く一流選手の補強に自信を見せている。

とはいえ、フロレンティーノ・ペレスは移籍市場がまだ2ヶ月あること、バレンシアとの友好関係を壊すつもりはないことから、「友好をベースに交渉は進めていくものだし、バレンシアもマドリーも明確な考えを持っている」と焦らずに交渉を進めていくことを明らかにしている。

出て行ったほうが良い

レアル・マドリーのオランダ組のご意見番であるFWファン・ニステルローイは他クラブからオファーがあるのであれば、マドリードに残らず移籍したほうが良いとチームを離れる事を進めている。

ファン・ニステルローイは、来年W杯が控えており、スナイデル、ロッベンなどレギュラー組は試合に出ることが必要で、ペジェグリーニの構想から外れた場合、自分自身の大きな目標の為にもマドリーを離れるべきとラジオに語っている。

また、本人については負傷しているため、状況は他の選手達と違うと語り、できることならマドリードとの契約を完了させたいと残留を希望した。

延長

契約延長問題が難航していたバルセロナGKビクトル・バルデスだが、18日の交渉で2014年までの契約延長で合意に達したことを代理人のヒネス・カルバハルが明らかに。

バルデスは年棒900万ユーロを要求していたが、同額をバルセロナがオファーできないことから、歩み寄りを見せ、5年の契約延長を勝ち取っている。

バルセロナが獲得を目指していたバジャドリーのアセンホはアトレティコ・マドリーへの移籍を希望している事を代理人から打ち明けられたばかりなので、下部組織出身GKの契約延長は大きな意味を持っている。

延長

DFながら、そのドリブル突破がチームの貴重な得点を生み出しているヘタフェのルーマニア人コントラ。当初はルーマニア復帰が噂されていたものの、新監督ミッチェルが戦力として期待していることから、去年に続き1年の契約延長となっている。

また、ヘタフェはキャプテンのベレンゲルとも契約延長を果たしており、昨シーズンの反省、チームをまとめる人間の必要性を感じている。また、レバンテにレンタル移籍していたパジャルドの1年のレンタル延長、ソウサのチーム退団も決定している。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

準決勝進出

スペイン代表はイラクを1対0で倒し、準決勝進出

カテゴリ - Video

固定リンク

新シーズン日程決定

リーガ・エスパニョーラの新シーズンの日程がLFPの会議で賛同を得て決定した。開幕は8月30日、閉幕は5月16日で平日開催4回が決定した。来季はW杯イヤーということで、閉幕が普段のシーズンよりも多くなっている。

カテゴリ - その他

固定リンク

決まっている

レアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているバレンシアのスペイン代表FWビジャ。コンフェデレーションズカップイラク戦後に、去就についての質問が出たが、「もう自分の決断はしている。その決断は代理人が知っているし、そのために動いている。だから落ち着いている」と既に意中のクラブは決定している事をコメント。

チェルシーもビジャ獲得に動いたものの、ビジャの意思はレアル・マドリードへの移籍と伝えられた事から、一度は決裂したビジャのマドリード移籍交渉だが、今後の展開次第では、カカー、クリスティアーノ・ロナウドと共にプレーをする可能性がでてきている。

お金はない

バルセロナの副会長ジョアンは地元ラジオのインタビューの中で、補強費に使えるのは3000万から3500万ユーロだけである事を伝えている。選手が移籍した場合はその分が補強費に回るとのことで、移籍が噂されているエトー、契約延長交渉が決裂したビクトル・バルデスの今後の動向が気になるところ。

今回の副会長のコメントから、事実上ビジャへのオファーが実現不可能である事が明らかになったほか、レンタル移籍で獲得が噂されたマンチェスター・シティのブラジル代表FWロビーニョの移籍もシティ関係者が否定と、ライバルマドリーとは違い、チーム補強は順調とはいえない模様。

発表はまだ

スポルティング・ヒホンはセグンダ降格したベティスからMFリベラを獲得した事を発表。とはえい、入団発表はリベラが父親になったばかりのため、家族とゆっくりとオフを過ごした後の7月になる予定。

リベラは5年前にレバンテでマヌエル・プレシーアドの下でプレーをしており、スポルティング・ヒホンがどのようなサッカーをするのかは理解している。

カテゴリ - Gijon

固定リンク

今はない

レアル・マドリーとの交渉が凍結され、新たにマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーからラブコールを受けているバレンシアのスペイン代表FWビジャ。

マヌエル・ジョレンテ会長は現時点では正式なオファーは一つもないことをコメント。移籍の最終決定はビジャが持っているとのこと。マドリードのゼネラル・マネージャ、バルダーノは移籍市場に相応しい額以上の額をマドリーは出すことはないことを口にしており、バルセロナが5000万ユーロを払うならビジャはバルセロナに移籍するだけと選手の競売に積極的に参加するつもりはないとのこと。

第1号?

カカー、クリスティアーノ・ロナウドと大型補強が続いているが、選手放出の噂が出てきていないレアル・マドリードだが、MFディアラにカペッロの勧めからユベントスが獲得に興味を示しているとのこと。

ネドベドを放出したユベントスは中盤の補強が必須で、ウディネーゼのガエターノを狙っているが、2500万ユーロに設定されている為、1500万ユーロのマドリディスタの名が挙がっているとのこと。

聞いてない

レアル・マドリー復帰が噂されているヘタフェのU−21スペイン代表グラネロ。マドリー復帰については、「誰からも聞いていないし、今は欧州選手権に集中している。全ては大会が終わってから」と今は代表にだけ集中している。

ただ、本人は、「ヘタフェは若い選手が持っている継続性を与えてくれるチーム」と語っており、マドリー郊外のクラブでのプレーを望んでいる。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

ほぼ決定

中村俊輔の移籍先として有力なエスパニョール。代理人との交渉は順調で基本的合意に達しており、数日中に正式な入団発表となるとのこと。

年棒120万ユーロの2年契約+オプション1年と純粋なサッカー面では両者とも一致しており、残りは1年800万ユーロと言われる中村の肖像権の調整が残っているとのこと。

次はビジャみたい

カカー、クリスティアーノ・ロナウドを獲得したレアル・マドリード。次の補強選手としてバレンシアのスペイン代表FWビジャが濃厚になってきている。

11日、バレンシアは4800万ユーロのオファーを伝えたと言われているチェルシーと交渉を行ったが、ビジャ自身がマドリー移籍を望んでいること、マドリーと移籍の話が進んでいる事からイングランドのクラブに断りを入れている。

嬉しいよ

マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーの9600万のオファーを受けたことからマドリー入団が秒読み状態となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。

クリスティアーノ・ロナウドは休暇先のロサンゼルスで、「自分にとってとても嬉しい事」と喜びの声を上げている。両チームが交渉をしている事は事前には知らなかった様だが、「マドリーのドクターが自分のメディカルチェックをしたいと思っているのは分かっている。けど、それがここなのか、マドリーなのか、イングランドなのかは分からない。今はオフだから」と夢の移籍が実現する事から今までとは違い、落ち着いてレアル・マドリー入団について語っている。

また、コンフェデレーションズカップに参加する為、南アフリカに到着したカカーは、クリスティアーノ・ロナウドの加入について、「彼と契約できた事を嬉しく思う。チームの力になる選手であることは間違いない」とコメント。

決まるといいね

バルセロナ入団時はアルゼンチンを引っ張る逸材と期待されていたが、年を重ねるにつれ、クラブでの飼い殺しで若い頃のパフォーマンスを見せていないレアル・マドリードFWサビオラ。

イタリア発の情報によるとリバプールが興味を示しており、600万ユーロのオファーを検討しているとのこと。ラファ・ベニテスはフェルナンド・トーレスの相棒として小柄ながらスペースをつく事のできるサビオラをリストアップしていると伝えている。

レンタルで

フアンフランのキャプテン翼ばりのゴールで最終節残留を決めたオサスナ。既にカマーチョ監督の続投も決定しており、新シーズンのチーム作りに動いている。

攻撃のてこ入れとしてオサスナはビジャレアルのチリ人FWマティアス・フェルナンデスのレンタルでの獲得を望んでいる。チリの至宝にはオサスナ同様にラシン・サンタンデール、マラガも興味を示している。

カテゴリ - オサスナ

固定リンク

延長

中村俊輔の来季の所属先一番の有力候補となっているエスパニョール。デ・ラ・ペーニャ、タムードの2大エースが移籍の可能性があるなか、DFチカが2011年までの2年の契約延長で同意。

また、中村同様にサイドの補強としてデポルティーボ・ラ・コルーニャからベルドゥを獲得と今季のような苦しみを繰り返さないように早い段階からチーム作りを始めている。

9600万ユーロ

マルカは明日の紙面の一面にクリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリーで来季プレーへとタイトルをつけており、ポルトガル代表FWのマドリード移籍の可能性が大きくなっている。

マルカは速報版としてポルトガル代表FWを獲得する為には9600万ユーロをマンチェスターに支払わなければいけないとも伝えており、入団する事は決定事項かもしれないが、交渉は長引く可能性は高い。

ゼネラルディレクターのホルヘ・バルダーノは選手獲得に大金を使うのは投資であり、選手達は利子をつけてそれ以上の働きをしてくれると選手の価値が正当だと思えば、大金を通しする事を厭わない姿勢を見せている。

強気です

バルセロナが獲得を目指していると言われているインテル・ミランのスウェーデン代表FWイブラヒモビッチ。強気な性格が特徴の選手同様に、代理人も「イブラヒモビッチの価値はカカーやクリスティアーノと同じもの」とコメント。

また、代理人は現時点ではインテルとの契約があり、他のチームとはどことも合意をしておらず、スウェーデン代表FWが欲しいのであれば、まずはインテルと「話をするべき」だし、モラッティ会長がバルセロナを訪れたことについても、「会長同士が話をするのは普通の事で、モラッティ会長もメッシの話をする」と冷静なコメントもしている。

私はやります

チームがセグンダ降格を決め手から沈黙を貫いていたベティスの筆頭株主マヌエル・ルイス・デ・ロペラはクラブ公式ラジオに出演し、死ぬ思いでこれからもベティスのために働き、チームのプリメーラ復帰だけでなく、将来のUEFA杯、CLそしてタイトル獲得を約束している。

ロペラはチームが降格したことを謝罪すると共に、サポーターが苦しんでいるように自分もベティコとして辛い思いをしていることを訴えている。

15日に開催される反ロペラの抗議運動については、サポーターがそういった行動をする事は理解できるが、ベティスの為にここまで多くの自己資産を投資しながら結果を得ることが出来ない自分の立場も理解して欲しいと伝えている。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

夢だね

欧州の各クラブがてぐすねを引いているビジャレアルのイタリア代表FWロッシは、「イタリアに戻ってプレーする事が今の夢」とイタリア復帰を熱望している。

また、ロッシには記者たちが若い有望なイタリア人選手が海外に出て行くのはなぜかと質問が飛んでいたが、「それは自分に質問する事ではない」とあっさりとかわしている。

アゼルバイジャン対スペイン 0対6

ビジャハットトリック。クレメンテ率いる代表に並ぶ32戦無敗。

カテゴリ - Video

固定リンク

元は取れる

6720万ユーロでACミランからブラジル代表MFカカーを獲得したレアル・マドリードだが、スポーツコンサルティングのWeber Shandwick Sportの試算によるとブラジル人MFは1年で7500万ユーロの利益を出すこができるとのこと。

そのための条件として同コンサルティング会社はチームがCLで結果を出すことと、しっかりとイメージ管理をすることが大事だとも。

カカーはマーケティング世界1のベッカムと同格の選手であり、この2人と同じグループにはいるのがマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。

レアル・マドリードがクリスティアーノ・ロナウドを獲得した際には世界1,2のマーケティング力を誇る選手がチームに加入する事になり、大金を投資しても元以上のものが取れるらしい。

契約延長

今季劇的な残留劇を見せたエスパニョール。守護神カメニの去就がこの夏の一番の関心ごとだったが、予定よりも早く4年間の契約延長で合意に達している。

カメニは04/05シーズンに現在デポルティーボ・ラ・コルーニャの監督をしているロティーナの下でデビューを果たしている。エスパニョールで4年を過ごしているカメルーン人GKはまだ25歳とエスパニョールの歴史に残る選手になる可能性を大きく秘めている。

お金じゃない

アヤックスからマラガにレンタル移籍していたFWルケ。アラブ首長国連邦のクラブから年棒600万ユーロの2年契約のオファーが届いているとのことだが、今一番に望んでいるのはマラガでのプレーで、中近東移籍は望んだとおりにことが進まなかった時の第2オプションとのこと。

ルケは今、一番重要視しているのは金銭ではなく、マラガで残されたトップレベルで野サッカーをする事と語っている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

話はある

イケメンではリーガのベスト10に入るかもしれないマジョルカGKモヤ。昨季は怪我で半シーズンを棒に振ったが、シーズン終盤のパフォーマンスをバルセロナは気に入っているようで、ビクトル・バルデスの競争相手として獲得を検討しているとのこと。

モヤは地元マジョルカのTVのインタビューで、「その話は否定出来ないもの。バルセロナは若くて経験のある伸びしろのあるGKを探しているわけだから、この条件を満たしている選手は少ないし、話があるのであればその話に乗っかってみたい」と移籍を検討しているとのこと。

また、バルセロナはビジャレアルのディエゴ・ロペスも視界に入れているとのことで、元マドリーGKが移籍した場合、モヤのイエローサブマリン移籍の可能性もあるとのこと。

挑戦

レアル・マドリー移籍が正式に決まったブラジル代表FWカカー。パラグアイ戦前の記者会見で移籍について語り、フロレンティーノ・ペレスが掲げた強いチームを作るプロジェクトに賛同し、レアル・マドリーがスペイン、そして欧州の王者、主役に戻る為の力になりたいと感じたことが移籍を決めた原因の一つとのこと。

カカーの希望はミラン残留であったが、経済危機のため、クラブフロントと話し合い、今回のオファーを受け入れることが選手にとってもミランにとっても良い話だったからと語っている。

多くのタイトルを獲得してきたカカーだが、マドリーではまだ獲得したものはなく、それがモチベーションにつながるし、自分にとっての大きな挑戦になると話している。

また、背番号については現時点では決めていないとのこと。

残りたい

インテル・ミラノのスウェーデン代表FWイブラヒモビッチとの交換トレードの噂が出ているバルセロナのカメルーン代表FWエトー。8日、代理人とクラブが話し合いの場を持ち、選手側は2010年まであるクラブとの契約を全うする意思があり、移籍先を探すつもりはないことを伝えたとのこと。

今回の交渉は契約の提示はなく、両者がどのような状況、考えを持っているかをすり合わせるものだったと代理人。また、代理人はオファーには事欠かないが、現時点では話を聞くつもりはないことを話しているが、どこかのお金持ちがもし1億5000万ユーロの違約金をバルセロナに払い、選手の給料が上がるのであればそれは歓迎すると移籍の可能性が決して0ではない事を語っている。

嬉しい事ですよ

ビジャ、シルバと共にトリオでレアル・マドリーが獲得に興味を示していると言われているバレンシアのスペイン代表DFアルビオルは、今は代表に集中しており、クラブの話をするのは適した時ではないと明言は避けている。


とは言え、アルビオルは、「どの選手だって,自分の事を注目してくれれば嬉しい事。けど、クラブの誰一人、自分にその話をしていないし、自分はバレンシアとの契約がある」と悪い気はしていないことを語っている。

10分で終了


アトレティコ・マドリーと1年の契約延長にサインを結んだアベル・レシノ。サインには時間がかからず10分で話し合いがまとまったとの事。アベルは、「生涯の家と言えるアトレティコの監督を来季も出来る事にとても満足している。両者に興味があったから交渉はすぐに終わった」とコメント。

また、チームのエースの1人であるアグエロが、アルゼンチン代表でのインタビューで、バルセロナ移籍を希望したことについては、「アルゼンチンに行く前にここでのプレー、生活に満足していると語っていたから、きっと本人の意思とは違う感じで話されていることだと思う。バルサに行く事を望んでいないと思うし、彼の息子はアトレティコの子だよ」と特に気にしていない模様。

札束攻撃

英紙はマンチェスター・シティがアスレティック・ビルバオMFハビ・マルティネス獲得の為に1800万ユーロを準備していると伝えている。ハビ・マルティネスはアスレティックだけでなくスペインサッカー界で期待されている若手MFで、数ヶ月前からシャビ・アロンソが退団した場合の後釜としてリバプールの名が挙がっていた選手。

どっちやねん

レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスがル・エキップ紙のインタビューでバイエルン・ミュンヘンのフランス代表MF獲得に興味があることを聞いた同クラブのゼネラルディレクター、ウリ・へーネスは、「もし興味があるなら飛行機に乗ってミュンヘンまで自分達に会いに来い」とコメント。

とは言え、ウリ・へーネスは移籍を希望しているフランス人MFの放出を望んでおらず、「本当のことを言えば交渉はしたくないし、放出の意思はない」と交渉の席に着く意思がないことを語っている。

手土産がわりに

バルベルデが就任したビジャレアル。元エスパニョール監督は左サイドの補強をクラブに注文しており、マジョルカのベネズエラ代表MFアランゴの移籍が濃厚とのこと。

マジョルカも来季で契約の切れるアランゴを放出することをポジティブに考えており、400万ユーロで放出するとの事。また、アランゴ自身も「この交渉がまとまることを望んでいる。ビジャレアルはビッグクラブだから自分のサッカーキャリアにとって重要なこと」と移籍に前向き。

悲しい知らせ

2年前のCL対マンチェスター・ユナイテッド戦で右ひざのじん帯を負傷し、現在もリハビリを続けているバルセロナのアルゼンチン人DFガブリエル・ミリートは再検査の結果、再手術をすることになり、来季の開幕戦に間に合わないことが濃厚とのこと。

悲しい知らせ

バルセロナのボージャンのレンタル移籍を望んでいたアルメリアだが、グアルディオラが強化スタッフにボジャンを戦力として計算しており、レンタルを含む移籍先を探さないで欲しいと告げた事から獲得がほぼ不可能に。

ネグレドが抜けた穴をボージャンで埋めようとしたアルメリア。期待が大きかっただけに失望の色を隠せずに。ヌマンシアのアランダがリストアップしているが、元マドリードFWがソリアのクラブと契約を残していることから金銭面を検討しなければいけないと元気を落としている。

どうなることやら

一部報道では来週にもACミランのブラジル代表FWカカーのレアル・マドリー移籍が発表されると伝えられているが、一方ではチェルシーがオファーを上げたことからカカーの父親が違約金6450万ユーロでほぼ合意に達したと言われているマドリーとミランの交渉をストップさせるとのこと。

また、イングランドではシャビ・アロンソのマドリード移籍が濃厚と言われており、マドリーが違約金を下げる為にアルメリアから復帰するFWネグレドを交渉のオプションとして追加すると言われている。

後釜獲得

レアル・マドリーに移籍したペジェグリーニの後釜としてビジャレアルはエスパニョール、パナシナイコスで指揮をしていたスペイン人監督エルネスト・バルベルデを1年契約で獲得したことを発表した。

ベテラン獲得

ヘタフェはオサスナからマドリー出身のベテランGKリカルドを獲得したことを発表。今季ヘタフェにはバジャドリーからレンタルされたハコボとスポルティング・リスボンからのレンタル選手であるストイコビッチがいたが、両者と来季は契約をしないことに。

リカルドはアルゼンチン代表に若くして選出され、ヘタフェのクラブ史上最高額の違約金で移籍してきたウスタリと守護神の座を来季争うことに。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

退団

バジャドリーは6月30日に契約の切れるイニャキ・ベア、ビバル・ドラド、アルベルトと契約延長を行わないことを発表している。

奇しくもメンディリバルがシーズン最後の記者会見で、バジャドリーはグループを作ることが大事であり、契約の切れる選手達の多くが来季もプレーすると語った矢先の事だった。

退団

主力がいっせいに抜けてしまうマラガ。DFカジェハも交渉がまとまらず、クラブを退団することが決定した。マドリー出身DFは、「お互いに譲り合うことが出来なかった」と両者の思惑が一致しなかったことをコメント。

また、MFチェリもクラブとの契約が満了しており、退団することが決定。ブラジル人DFファビアーノも退団の可能性が高いが、クラブからは監督が決まるまで返事を待って欲しいと伝えられている。

カテゴリ - マラガ

固定リンク

リーガハイライト 第38節

デポルティーボ・ラ・コルーニャ対バルセロナ 1対1

アトレティコ・マドリー対アルメリア 3対0

マジョルカ対ビジャレアル 2対3

バレンシア対アスレティック・ビルバオ 2対0

エスパニョール対マラガ 3対0

ラシン・サンタンデール対ヘタフェ 1対1

スポルティング・ヒホン対レクレアティーボ・ウエルバ 2対1

オサスナ対レアル・マドリー 2対1

ヌマンシア対セビージャ 0対2

ベティス対バジャドリー 1対1

カテゴリ - Video

固定リンク

決まりでしょうか

フロレンティーノ・ペレスが会長に再任したレアル・マドリー。前回の銀河系軍団同様のスター軍団を作ることが期待されているが、デイリーミラーはリバプールが2300万ユーロのレアル・マドリーのシャビ・アロンソに対するオファーを受け入れたとのこと。

マドリーはフアンデ・ラモスに代わる監督としてビジャレアルからペジェグリーニを獲得しており、噂されているカカー、リベリー、クリスティアーノ・ロナウドと6月は入団会見ラッシュになる可能性を秘めている。

メンバー変わらず

6月に開催されるコンフェデレーションズカップに出場するスペイン代表。デル・ボスケは欧州選手権とほぼ同じメンバーを招集。怪我で出場が微妙なイニエスタ、ピケもメンバーに。、

GK
Casillas (Real Madrid)
Reina (Liverpool)
Diego López (Villarreal)

DF
Sergio Ramos (Real Madrid)
Arbeloa (Liverpool)
Puyol (Barcelona)
Marchena (Valencia)
Albiol (Valencia)
Piqué (Barcelona)
Capdevila (Villarreal)

MF
Busquets (Barcelona)
Cesc (Arsenal)
Xabi Alonso (Liverpool)
Cazorla (Villarreal)
Iniesta (Barcelona)
Xavi (Barcelona)
Mata (Valencia)
Riera (Liverpool)
Silva (Valencia)

FW
Villa (Valencia)
Fernando Torres (Liverpool)
Fernando Llorente (Athletic)
Güiza (Fenerbahçe)

疲れたわい

残留したヘタフェと勝ち点では並んだものの、得失点差わずか1でセグンダに降格したベティス。試合終了後のスタジアム周辺は混沌としており、選手、クラブに対する罵声はもちろん、小火騒ぎまでがおきていた。

怒りが収まらないサポーターは筆頭株主であるマヌエル・ルイス・デ・ロペラの自宅前に集まり、チームから手を引くことを訴えるほど加熱。当のロペラもこの扱いに嫌気がさしたのか1500万ユーロの保証金を準備できる企業にクラブ売却を考えているとのこと。

カテゴリ - ベティス

固定リンク

契約延長

ぎりぎりでプリメーラ残留を果たしたヘタフェ。残り5試合で監督に就任し、2勝1敗2引き分けと合格点とも言える結果を残したミッチェルはクラブと2年の契約延長で合意している。

ビクトル・ムニョスこそ違ったものの、ヘタフェ会長アンヘル・トーレスは若い監督の才能に賭けるところがあり、来期はシュスター、ラウドルップに続くレアル・マドリーOB監督がマドリー第3のクラブを指揮することになった。

カテゴリ - ヘタフェ

固定リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com