« 時間が経てば分かるでしょう | メイン | 目指せ、マイホーム!! キニエラでGO!! 第19回 »

最後は古巣で

2008年11月21日

バレンシアMFホアキンは地元ラジオに対して古巣であるベティスで現役引退したい考えがあることを打ち明けている。ホアキンは2012年までバレンシアとの契約があるが、「出来る事ならベティスで引退したいと思っている。今よりパフォーマンスは落ちているかもしれないし、その可能性がいつになるか分からないけどそれが自分の望み」と語っている。

ホアキンは思った事を包み隠さない正確からか、ここ数年、フロントとの関係が上手く言っていないのが現状で、バレンシア移籍の際にはマヌエル・ルイス・デ・ロペラから嫌がらせを受けており、昨シーズンもクーマンから酷評され、試合に使ってもらえない日々が続いていた。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com