« 木曜日には | メイン | 一つよろしく »

ひとつもない

2008年08月27日

レアル・マドリー、バルセロナが興味を示しているといわれているセビージャのスペイン代表MFディエゴ・カペルについて、会長のデル・ニードは、「スペインのどのクラブもカペルの違約金を払うチームはないだろう。もちろん2大クラブは出来るだろうが、彼らはセビージャと選手の違約金を払うことはないと言う約束をしている」とコメントし、放出の可能性がないことを話した。

また、具体的な日にちは決まっていないものの、カペルの代理人と契約延長の見直しをすることで両者が納得していることを明らかにしている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com