« 3つが解決 | メイン | ない »

第2のクーマン

2008年06月03日

バルベルデ監督が退任したことから注目されていたエスパニョールの新監督は、クーマンと同じニックネームを持つ”ティンティン”マルケスが就任することが決定した。

バレンシアで外様であったオランダ人監督とは違い、マルケスはこの4年間、セカンドコーチを務めている他、下部組織監督、選手としてもペリコでプレーとチームの内情を良く知る監督。バルベルデがチームを退任した際に元監督のロティーナはエスパニョールは特別なクラブとエスパニョールで陣頭指揮を執ることの難しさをコメントしているが、マルケスはチームの内情を良く知っている監督で、有力候補が次々と他クラブに就任していることから、エスパニョールにとって一番の人選といえるもの。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com