« どんな手を使っても | メイン | 混沌は続く »

クラブの言うとおりに

2008年05月13日

お家騒動が続きプリメーラ残留争いに終わったバレンシア。クーマン監督が去ったと思えば、経済難が明らかになるなどネガティブなニュースばかりが伝えられている。

そのため、今季終了後の主力選手の放出が地元マスコミが伝えており、ビジャにはレアル・マドリー、バルセロナ、シルバにもバルセロナ、ホアキンにはローマが興味を示していると言われている。

チーム退団の可能性について、イベントに参加したビジャ、シルバは自分達の意思はバレンシアでプレーし続けることであるが、クラブにとってプラスになるのであれば、チーム退団も受け入れると去就の鍵を握るのがクラブであることを明らかにした。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com