« 時代の終わり | メイン | わからない »

取り消し

2008年05月10日

クーマン元監督、チームの扱いに対し、不満を訴え、高等裁判所に契約解除と慰謝料を請求していたバレンシアMFアルベルダだが、オランダ人監督がチームを去り、ボロ監督が就任し、以前と同じ環境が戻ってきた事から告訴を取り下げている。

同選手の弁護人は、アルベルダが望んでいたのはバレンシアでのプレーだったことを強調しているが、カニサレス、アングロと違い訴訟を起こしたアルベルダに、クラブはもちろんのごとく笑顔で以前のような関係でいましょうとはいえない状態。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com