« プランにない | メイン | スト解除 »

せいせいしている。

2008年04月26日

クーマン監督が解任となり、生え抜きのボロが新しく監督に就任したバレンシア。オランダ人監督から冷遇された選手たちはこぞって、クーマン監督がチームを去ったことに満足感を示している。

隔離された3選手の1人であるアングロは、「彼がいなくなって自分としては喜ばしい事だ」と胸の内を告白し、ホアキンは、「監督は自分のお気に入りの選手とだけ話し、自分とは話をしようとしなかった。プロとしてのキャリアの中で、一番辛い時を過ごしていた」とクーマン監督とは息が合わなかったことをコメント。

また、ビセンテは、「自分達は4−4−2、4−4−1システムでここまでやってきたのに、クーマンはシステムを無理やり変更して、結果を残す事ができなかった。その上、彼はそのシステムに固執していた」とオランダ人監督の手腕に不満があったことをつのっている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com