« Valladolid奮戦記 | メイン | ありましたよ »

一蓮托生

2008年04月04日

バレンシアのスペイン代表MFシルバは、チームが国王杯では良いプレーをしているものの、リーガでは結果を出せずにいることで、クーマン監督が選手たちに責任を擦り付けていると伝えられているが、選手たちはオランダ人監督と一蓮托生で、決して来シーズン、チームを離れることを選手たちは望んでいないとコメント。

また、リーガと国王杯でパフォーマンスが違うことは自分達も何故違うのかその理由を知りたいし、結果を欲しているのは選手たちが一番だと話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com