« 潔い? | メイン | 決定 »

自分も入ると思った

2008年01月26日

バレンシアMFビセンテはアルベルダ、カシージャス、アングロとチームを支えてきたベテランがクーマン監督の構想外となったことから、もしオランダ人監督がブラックリストに更に名前を書き込むとしたら、彼等に次ぐベテランである自分かバラハが入ると思っていたとのこと。

現実としてクーマン監督はビセンテを戦力として計算したことから、今自分がやることはサッカーに集中することで、その他のことは考えないことと話している。もちろん、ビセンテは3人については自分の友人であり、人々からの励まし、レスペクトを受ける資格があると支援していくと語っている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com