« 手術成功 | メイン | トルコからのラブコール »

ブラジルからのラブコール

2008年01月09日

元レアル・マドリー監督、ルクセンブルゴが就任したパルメイラスがFWの補強としてベティスFWラファエル・ソビスに白羽の矢を当てたとのこと。経済力になんのあるブラジルのクラブは同選手獲得を願っているものの、そこまでの体力がないため、半年間のレンタル移籍のオファーをベティスに数日中に出すとのこと。

ソビスは現在調子を落としているとはいえ、プリメーラ残留を争っているベティスがブラジル代表にも選出された貴重な戦力を無償で放出することは難しいといわれている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com