« 眠れる巨人 | メイン | 二人目の右サイド »

嫌われ者

2008年01月02日

バレンシア監督クーマンはアルベルダ、カニサレス、アングロを今後試合に起用しないことを明言したことから今、自分は一番の嫌われ者であることは確かだが、ビッグクラブを率いる監督としてチームの低迷を打破するためには今回のような決断をする必要があったし、重要な決断を取ることが出来なければビッグクラブの監督の資格はないと自分の意思を貫いている。

クーマンはチーム建て直しのために必要なことは彼ら3人について話すことではなく、純粋なサッカーの話である良いプレーをすること、勝利をすることについてであり、チームに必要なのは集中できる環境であることを訴えている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com