« よそのことに口を出さなくても… | メイン | わかってたよ »

馬鹿のすること

2007年12月08日

エスパニョールFWルイス・ガルシアは冬の移籍市場で自身を含み何人かの選手が他のクラブから狙いをつけられていると新聞紙面などで報道されていることについて、違約金に目がくらみチームを離れるようなことがあったら、それは馬鹿のすることだし、時間を無駄にするものだとチームから一人も退団者が出ないことを望んでいる。

ルイス・ガルシアは更に、シーズン開幕前にも多くのオファーが選手たちに届いたが、そのオファーを断り、良いチームを作ろうとチームは一つにまとまり、結果を残してきており、その全てを無にするような移籍はありえるわけがないと話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com