« 後悔していない | メイン | 方向転換 »

ごめんなさい

2007年12月06日

ベティス、キャプテンフアニートは解任されたクーペル監督の仕事に選手たちは満足しており、それをしっかりと結果として出すことが出来ずに申し訳ないと謝罪している。またチーム低迷の原因は全てに原因があるが、一番の原因は監督ではなく、ピッチの上でプレーしている選手たちにあり、自分達がふがいないためにクーペル監督を解任に追い込んでしまったとコメント。

また、新監督チャパロについては、負け癖がついてしまっている選手たちの心理面から取り組んでおり、今のチーム情況からいって修正しなければいけない一番基礎となる部分にしっかりと取り組んでいるので選手たちもそれに応えるように胸を張ったプレーをしなければいけないとビジャレアル戦で結果を残すことを望んでいる。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com