« Valladolid奮戦記 〜 スペインでの指導者ライセンス取得を目指す日本人の活動記 〜 | メイン | 王様の次は王子様か »

まだ目標に近い

2007年12月04日

クーマン監督が就任してから4週間がたったが、チームはいぜん上昇のきっかけをつかめないどころか全ての面でどん底の状態に陥ってしまっているバレンシア。スペイン代表MFホアキンもチームの情況が良くないことを認めているが、根っからの楽観主義者である彼は、まだシーズンは長く、自分達はここ数節結果を残せていないものの、今季の目標、CL出場圏内は手の届くところにあると話し、チームの巻き返しを信じている。

チームはリーガで勝利していくために一つにまとまり、、選手一人ひとりが自分の力を今よりも少しずつ出していくことができれば結果はついてくるとホアキンは考えている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com