« Valladolid奮戦記 〜 スペインでの指導者ライセンス取得を目指す日本人の活動記 〜 | メイン | 誰かに頼るチームではない »

変わってない

2007年11月24日

クーマンが監督就任したことでラファ・ベニテス政権時代の黄金時代復活が期待されているバレンシア。とは言えアルベルダはチームに多少な変化はあるものの、サッカーの仕方やシステムなどはほとんど同じと劇的な変化がないことをコメント。

また、クーマン監督については監督就任後すぐにリーガ中断期間となったことから、評価をするほど一緒に過ごしていないと話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com