« リーチ | メイン | 待った »

売却

2007年11月07日

ベティスの筆頭株主であるルイス・デ・ロペラが自身の持っている株をアンダルシアの青年実業家であるルイス・カステルに売却することで話を進めているとの事。交渉は順調にいっており、ロペラは6000万ユーロのオファーを出したとの事。

とはいえ、ルイス・カステルは切れ者のようで、クラブの財政状況をしっかりと確認してからそれに相応しいオファーを提示すると答えている。

また、クラブは降格圏内と期待に答えられていないクーペル監督の後任を探し始めており、第一候補としてセルタを率いていたフェルナンド・バスケスの名が挙げられているとの事。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com