« いつの日か | メイン | Valladolid奮戦記 〜 スペインでの指導者ライセンス取得を目指す日本人の活動記 〜 »

夏から話はあった

2007年11月01日

バレンシアの監督に就任することが決定したPSVのクーマンは、オランダチームの監督としの最期の会見を開いた。その中でクーマンはバレンシアの興味はすでにこの夏からあったことを明らかにし、来季以降の就任の話が、バレンシアが監督を解任したことにより、シーズン途中でチームを退団し、新天地で指揮することになったと伝えている。

クーマンは金曜日にバレンシアに到着予定で、同日にサインをし、正式に就任会見を行なう。契約は2010年まで。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com