« いい選手だ | メイン | イムノ プリメーラ・ディビシオン No11 »

末永く

2007年10月30日

バレンシアのスポーツディレクター、ミゲル・アンヘル・ルイスは次期監督の候補として短期で終わる監督ではなく、これまで多くのタイトルを勝ち取った名声のある監督を条件に挙げ、新監督に長期政権を築いて欲しいとコメントしている。また、新監督決定の期間は定めておらず、無理に見つけるよりもしっかりとした監督を招聘することが大事であることを話している。

既に、いくつかのメディアでは新監督候補の名前が挙がっており、その中には元チェルシーのモウリーニョ、元イタリア代表監督マルチェロ・リッピ、そしてもとレアル・マドリー監督カペッロの名前が挙がっている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com