« 生かしてない | メイン | イムノ プリメーラ・ディビシオン No10 »

見逃すわけに行かないチャンスだった

2007年10月27日

セビージャ監督フアンデ・ラモスは27日、クラブに契約解除を申し入れトッテナムのオファーを受けることが決まった。フアンデは自身のHP上で年棒700万ユーロの4年契約というトッテナムのオファーは人生の中で断ることの出来ないほどのものだったと説明している。

この夏の移籍市場でもトッテナムがオファーを出しており、当時はめまいがするようなオファーだがプロジェクトに興味はなかったとコメントしているが、今回はトッテナムが今回オファーを受けるか、それとも終わりかの最後通告を受けており、オファーを受けている。

フアンデ・ラモスの退団を受けてセビージャはセビージャ・アトレティコで指揮を取っているマノロ・ヒメネスが当面の指揮を取るとのこと。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com