« 大事な試合が続く | メイン | 意味のないことは終わりに »

嬉しいことです

2007年10月17日

バレンシアのスペイン代表FWビジャは現在リハビリ中だが、レアル・マドリーが興味を持っているという報道に関しては本当か嘘かは別として、そのような話が出ていること事態がポジティブなものだし、更に良いプレーをしようという気持ちにさせるものとコメント。

ビジャは怪我をしている今、こういった話はモチベーションに繋がるものと話している。もし自分を獲得したいのであれば、誰もが知っている通りにクラブにまず筋を通すべきものだし、またバレンシアに対してもヨーロッパのビッグクラブが興味を示しているということは自分のクラブに良い選手がいるということの証明で誇りに思っていいものだと話している。

移籍の可能性についてビジャは、クラブも自分も駆け引きをしており、考えは自分の中に今はしまっておくと話しているが、バレンシアでのプレーに満足していることも同様にコメントしている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com