« 大事な試合 | メイン | 話さないほうが身のため »

チームと共にいないと

2007年10月16日

バレンシアのブラジル人MFエドゥはバレンシアサポーターがチームに対して厳しい態度を取る事について、サポーターは結果に左右されずにチームともに過ごさなければいけないとサポーターに注文した。

エドゥはサポーターがまるでメスタージャにきてもチームを応援するのではなく、疑心をもってかけつけ、選手がミスをすることを楽しみにしていると感じてお、選手もスタジアムの反応を気にしながらのプレーになってしまうとコメントし、結果が良いときにクラブと共にいることは簡単だが、評価されるべきサポーターの姿は苦しい時にこそチームを応援するものだと話している。

また、じん帯を負傷しリハビリを行なっているエドゥは早くプレーがしたい気持ちはあるが、まだ復帰には時間がかかることを明らかにしているが、あせらずにやることが大事であるとコメントしている。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com