« 未来ある子供たちのため | メイン | 初アウェー »

チームは何も変わっていない

2007年10月04日

セビージャのマリ代表FWカヌーテは4連敗後にCL対スラビア・デ・プラガ戦に快勝したが、連敗中もチームは勝利に相応しい試合内容をしており、ただ足りなかったのは運と決定力で何も代わってはいないとチームの行なっているサッカーに自信を見せている。

また、セビージャに新しく加入したコネ、ケイタについてコメントを求められたカヌーテは二人についてはスペインの誰よりも知っており、説明するには素晴らしい選手の一言で説明がつくと話している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com