« 後悔していない | メイン | 強い思い »

無敵のチームになった

2007年08月31日

ホセ・マリア・デル・ニード会長はプエルタに最後の別れを告げた翌日、モナコヘ向かう飛行機に乗る前にメディアのインタビューを受け、「セビージャは倒すことの出来ないチームになった。何故ならプエルタの魂がいつも自分達と戦ってくれるからだ。これからのセビージャは11人が戦うのではなく12人で戦っていく」とプエルタの魂がチームと共に戦っていくことを宣言した。

そしてプエルタに6つ目のタイトルを捧げるため、新生セビージャの最初の対戦となるヨーロッパ・スーパーカップについては「セビージャはミランに勝つ」とセビージャの最高責任者は勝利を確信している。

コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

RSSに登録

お問合せ

本ウェブサイトに関してのご意見がございましたら、以下のメールアドレスまでお問合せください。

info@ligablog.com